この記事ではis6comのボーナスやスプレッド比較などを中心に、is6comに関する18項目をまとめています。is6comに関する必要な知識は全てこの記事にまとめていますので、口座開設の検討材料にしていただければと思います。

is6comの基本情報まとめ

まずはis6comのレバレッジやロスカット水準などを簡単にまとめてみます。

金融ライセンス:登録なし

運営実績:2016年~

レバレッジ:最大1,000倍

ロスカット水準:50%

ゼロカットシステム:採用(追証なし)

プラットフォーム:MT4

取扱い通貨ペア:33通貨

取扱いCFD:なし

入出金:クレジットカード、デビットカード、日本国内銀行振り込み、海外送金、bitwallet

>>is6com公式サイト

 

is6comの評判

どこの国にもライセンス登録を持たないということや、以前出金拒否でツイッターで炎上したことなどから、評判としてはあまり良くないですが、is6comに限らず海外FXには出金拒否や口座凍結、FX業者の経営破綻などの業者リスクは常に存在します。

特に禁止されていることをやってしまうことによって出金拒否になることもありますので、この記事ではis6comの禁止事項などについても記載をしていきます。

 

is6comのスプレッド

is6comにはマイクロ口座、スタンダード口座という2種類の口座がありますが、2つの口座のスプレッドが異なるので、まずはそれぞれの口座のスプレッドを表にまとめていきます。

is6comのマイクロ口座はXMと同様に少額取引ができる取引口座ですが、スタンダード口座よりもマイクロ口座のほうがスプレッドが広いという仕様になっています。

is6com マイクロ口座 is6com スタンダード口座
ドル円 2.0pips 1.6pips
ユーロドル 1.9pips 1.5pips
ユーロ円 2.9pips 2.3pips
ポンドドル 3.1pips 2.4pips
ポンド円 3.9pips 3.1pips
豪ドル米ドル 2.5pips 2.0pips
豪ドル円 3.7pips 2.9pips

 

is6comのスプレッド比較

is6comのスプレッドを他の海外FX業者のスプレッドと比較をしてみます。スタンダード口座、マイクロ口座それぞれのスプレッド比較を見ていきましょう。

スタンダード口座のスプレッド比較

is6comの魅力はやはり最大200%の入金ボーナスなので、入金100%ボーナスキャンペーンの対象となるXMのスタンダード口座、GEMFOREXのオールインワン口座、LANDFXのLPボーナス口座と平均スプレッドを比較してみます。

XMのスプレッドと比較するとis6comのスプレッドがやや狭いですが、GEMFOREXやLANDFXと比較してしまうと、is6comのスプレッドが広いということが言えます。

is6com
スタンダード
XM
スタンダード
GEMFOREX
オールインワン
LANDFX
LPボーナス
USD/JPY 1.6pips 1.6pips 1.2pips 0.9pips
EUR/USD 1.5pips 1.8pips 1.2pips 0.7pips
EUR/JPY 2.3pips 2.5pips 1.4pips 1.5pips
GBP/USD 2.4pips 2.2pips 1.5pips 1.2pips
GBP/JPY 3.1pips 3.6pips 1.9pips 1.9pips
AUD/USD 2.0pips 2.0pips 1.5pips 1.3pips
AUD/JPY 2.9pips 3.4pips 1.6pips 2.0pips

 

マイクロ口座のスプレッド比較

次にXMのマイクロ口座とis6comのマイクロ口座の平均スプレッドを比較してみます。XM、is6comともに口座開設ボーナスと入金ボーナスがあるという面では同じですが、マイクロ口座ではXMのほうが若干スプレッドが狭いようです。

XM マイクロ口座 is6com マイクロ口座
ドル円 1.6pips 2.0pips
ユーロドル 1.8pips 1.9pips
ユーロ円 2.5pips 2.9pips
ポンドドル 2.2pips 3.1pips
ポンド円 3.6pips 3.9pips
豪ドル米ドル 2.0pips 2.5pips
豪ドル円 3.4pips 3.7pips

 

is6comの取引口座

is6comには以前プロ口座というスプレッドが狭い口座が存在しましたが、現在はプロ口座の取り扱いはなく、マイクロ口座とスタンダード口座の2種類となっているようなので、それぞれの口座の特徴を見ていきましょう。

マイクロ口座

一般的なMT4の取引ロットは1.0lot=10万通貨ですが、is6comのマイクロ口座の場合は1.0lot=1,000通貨となっています。マイクロ口座とスタンダード口座の取引枚数を表にまとめてみました。

MT4での表示 マイクロ口座 スタンダード口座
100.0 10万通貨 1.000万通貨
10.0 1万通貨 100万通貨
1.0 1,000通貨 10万通貨
0.1 100通貨 1万通貨
0.01 10通貨 1,000通貨

なお、is6comのマイクロ口座の最小取引ロットは0.05ロット(50通貨)からで、最大取引ロットは100ロット(10万通貨)となっていますので、海外FX初心者の練習トレードでも使うことができますし、勝負どころでは10万通貨までの取引ができるので、幅広く使うことができます。

マイクロ口座のデメリット

is6comのマイクロ口座はXMと比べてスプレッドが広いだけでなく、口座開設ボーナスや入金ボーナスの対象外になることがあります。その時によってボーナスの対象になったりならなかったりするため、利用する時はボーナスの対象になっているかどうかをその都度確認するようにしてください。

スタンダード口座

入金ボーナスや新規口座開設ボーナスなどの全てのボーナスキャンペーンが適用される最も利用価値が高い口座がスタンダード口座です。ただ、海外FX業者全体としては、スプレッドは決して狭いほうではないので、後述するis6comのボーナスキャンペーンを利用してスプレッドの広さをカバーするということになります。

 

is6comのボーナス

is6comでは口座開設ボーナス、入金ボーナスといった2つのボーナスキャンペーンを常時開催しています。特に入金200%ボーナスは他の海外FX業者では見ることができないボーナスなので、その特徴を見ていきたいと思います。

口座開設ボーナス(未入金ボーナス)

is6comでは口座開設ボーナスキャンペーンを常時開催しています。口座に入金をしなくても、新規で口座を開設するだけでキャンペーンによって5,000円~10,000円のボーナスを証拠金としてもらうことができます。ボーナス分は出金できませんが、利益分は出金ができるので、まだis6comに口座を開設していない人は口座開設ボーナスはもらっておきましょう。

口座開設ボーナスの金額が10,000円であれば口座開設のチャンスなので、is6comの公式サイトでチェックしてみてください。

>>is6com公式サイト

 

入金ボーナス

is6comの最大の特徴は定期的に開催される最大200%の入金ボーナスキャンペーンです。期間中is6comのマイページにログインをすると30%~最大200%のボーナスチケットが表示されます。下の場合は入金100%ボーナスチケットなので、「チケットを使う」から入金をすれば入金額の100%がボーナスとして口座に反映されます。

例)入金100%ボーナスの場合チケットを使って10万円の入金をした場合、その100%分のボーナス10万円が付与されるため、トータルの証拠金が20万円になります。

is6comのスペック詳細

is6comのレバレッジ、追証、プラットフォーム、日本語サポート、入金、出金などについて詳細を見ていきましょう。

レバレッジとロスカット水準

is6comの最大レバレッジは1,000倍でロスカット水準は50%ですが、口座の残高によってレバレッジが変わるという特徴があります。ほとんどの人がレバレッジ1,000倍の適用になると思いますが、念のためまとめてみました。

マイクロ口座、スタンダード口座共通
口座残高$20,000以下(200万) 1,000倍
口座残高$20,000以上(200万) 500倍
口座残高$50,000以上(500万) 200倍
口座残高$100,000以上(1,000万) 100倍
ロスカット水準とは?証拠金維持率がロスカット水準を下回るとポジションの強制決済(ロスカット)が執行されるので、ロスカット水準が50%のis6comの場合、証拠金維持率が50%を下回るとロスカットが執行されます。

 

追証

ほとんどの海外FX業者と同様に、is6comではゼロカットシステムを採用しているため追証がありません。どんな不測の事態が起こっても、口座への入金額=最大損失額となるので安心です。

約定力

どこのFX業者でも平均約定速度コンマ何秒、約定率99.5%などの記載がありますが、ここまでの細かい誤差は人間の感覚では分からないのではないかと思います。これを感覚的に知る最善の方法は、実際に口座を開設してトレードをしてみるほかにありません。

is6comでは口座開設ボーナスとして、リアルトレードの軍資金がもらえ、口座に入金することなくリアルトレードをすることができるので、まずは実際に口座を開設してis6comの使い勝手を確かめるのがベストではないかと思います。

実際に私がis6comを使った感覚でお話をすると、早朝以外はリクオートやオフクオートは見られず、なかなか注文が通らずイライラするといったことはありませんでした。

icon-lightbulb-o リクオートとオフクオート
リクオートとは、主に相場の変動が激しい時に提示価格の注文が通らずに、注文可能な価格が再提示されることをさします。オフクオートとは、価格の再提示がなく単に注文が拒否されることをさします。

5,6年前まではどこのFX業者でもリクオートやオフクオートが多かったですが、現在ではそのような業者はないと思います。

 

DD業者(B-book)

is6comは取引ロットの制限があることなどから、多くの国内FX業者と同じDD業者で間違いないと思います。取引制限については後述しますのでトレードのルールを守るようにして出金拒否などにならないようにしましょう。

MT4

is6comのMT4

is6comで使用できるプラットフォームはMT4とブラウザを使ってチャートを表示することができるMT4 for Web Traderがあります。MT4はウィンドウズ用、マック用、ios / Android用があるので、PC、スマホ、タブレットなど、どの端末でもトレードをすることができます。

is6comのMT4で「アップデート待機中」になってしまう場合

is6comのMT4では「〇〇〇〇〇〇std」(スタンダード口座の場合)というチャートのみが表示できます。「アップデート待機中」となってしまう場合は、×をクリックして全てのチャートを閉じます

is6comのMT4で「アップデート待機中」になる場合の対処法

 

表示したいstdがついた通貨ペアを右側のチャートスペースへドラッグすれば、is6comのチャートが表示されます。なお、気配値表示に通貨ペアがない場合は、気配値で右クリックをして「すべて表示」をクリックすれば、全ての通貨ペアが表示されます。

is6comのMT4でアップデート待機中になってしまう場合

 

取り扱い通貨ペア

is6comで取引可能な通貨ペアは33通貨ペアでCFDは今のところ取り扱いがないようです。

入金

is6comの入金手段はクレジットカードやデビットカードだけでなくbitwalletや国内銀行送金にも対応しているので、入金手段で困るということはありません。

入金手段 最低入金額 反映までの時間 手数料
クレジットカード

デビットカード

(VISA、Master、JCB)

$50(5,000円) 即時 無料※
bitwallet $50(5,000円) 即時 無料※
国内銀行送金

(みずほ銀行)

$100(10,000円) 入金確認後即時 無料※

2万円未満の入金は1,500円の手数料がかかります

 

出金

is6comの出金手段は国内銀行振り込みとbitwalletに対応しています。この2つの出金手段があれば、出金に関してはパーフェクトと言えると思います。

出金手段 最低出金額 着金までの時間 手数料
国内銀行振り込み 5,000円 3-5営業日 月1回無料
bitwallet 5,000円 3-5営業日 月1回無料

※月2回目以降の出金や入金後に取引をしないで出金をする場合については、出金額の2%(20万円以下は一律4,500円)の手数料がかかります。

日本語サポート

is6comでは完全に日本人が対応してくれますし、メールの問い合わせなどについてもとても対応が早です。またマイページや公式サイトも完全に日本語対応なので、英語ができなくと困るということは一切ありません。

出金のスピードなどについてもそうですが、対応が非常に早いのは評価に値するのではないかと思います。

 

is6comの取引制限

is6comはDMMFXやGMOと同じDD業者なので、取引制限には注意しましょう。

スキャルピング

is6comではスキャルピングの制限は特になく、EAやシステムトレードなどの制限もありませんが、DD業者の場合は過剰なスキャルピングはやらないことをおすすめします。そもそもスプレッドが広めなのでスキャルピングには不向きなので、is6comはデイトレ~スイングを中心としたトレードで利用するのがいいと思います。

取引ロットの制限

is6comでは10ロット以上のトレードをする場合は事前にサポートに連絡をする必要がありますので、大きなロットのトレードはあまりしないほうがベターです。

最小取引ロット 最大取引ロット
スタンダード口座 0.01ロット(1,000通貨) 30.0ロット
マイクロ口座 0.05ロット(50通貨) 100.0ロット

両建て

is6comの両建てについては原則可としていますが、「システムの盲点をついた取引は禁止」ということも同時に記載されていて、is6comに限らず、ボーナスを利用した両建てアービトラージは確実に出金拒否や口座凍結になるのでやらないようにしましょう。

ボーナスを悪用した両建てアービトラージとは?
1.ボーナスが利用できる2つの口座を用意

2.それぞれの口座にボーナスを利用して入金

例)口座Aは5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

口座Bも5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

3.口座Aでドル円のロング、口座Bでドル円のショートを同時にエントリー

4.どちらかの口座がロスカットになったら、もう一方のポジションを利確

5.ロスカット水準0%で考えた場合、一方の口座は10万円の利益になり、もう一方の口座は10万円の損失になるが、この証拠金にはボーナス5万円が含まれているため、実際の損失は5万円となる

6.この結果トータルで5万円の利益を出すことができる

ボーナスを悪用した両建てアービトラージは手法が簡単なうえに確実に利益を出せるため、やってしまう人が多いですが、出金拒否や口座凍結などのほとんどが、このボーナスを悪用した両建てアービトラージとなっていますので、絶対にやらないようにしましょう。

 

is6comの出金拒否騒動

is6comの出金拒否騒動

is6comでは上のような出金拒否騒動がありましたが、この件に関しての私の意見は「is6comがかわいそう」という意見です。確かに取引ロットが10Lot×2ですが、取引ロットだけの規約違反であれば出金拒否(利益取り消し)には絶対になりません実際にis6comで800万越えの出金をしている人もいます

このツイートにはいろいろな意見がありますが、私はこの真ん中の人に全く同感です

is6com出金拒否

たかが70万程度でDeal Cancel(利益取り消し)になるということは、is6comは不正トレードの確信を持ってDeal Cancelにしていることは間違いないでしょう。実際にこの人のポジショニングを見ると、ボーナスを使って入金→同じ通貨ペアでピラミッディング→利益が出て出金という流れなので、FXに詳しい人が見れば一目でボーナスアービトラージをやっているというのが丸わかりです。逆にこれで出金が出来たらすごいと思うレベルです。

ボーナスアービトラージは簡単に、そして確実に利益を出すことができますが、複数人数でやろうと異業者でやろうと海外FX業者のネットワークでバレますので結果的に出金できずに損をするだけです。絶対にやらないようにしましょう。

たとえDD業者であっても不正トレードや極端な規約違反さえしなければ、いきなり出金拒否というのは全く心配する必要はないです。たかが70万円ほどの出金を拒否して評判を落とすのはFX業者にとっても大きな痛手になるため、正当な理由なく出金を拒否するメリットはFX業者側には何もありません

 

is6comの総合評価

ライセンス登録がなく、会社の設立が2016年でまだ日が浅いということで安全性という面では他の海外FX業者より低いですが、入金額を5,000円や1万円程度にして入金ボーナスを使って入金をすればis6comはとても使える海外FX業者だと思います。

GEMFOREXに比べて入金ボーナスのチャンスが圧倒的に多いので、GEMFOERXやXMのサブとして十分使う価値はあると思います。ただ、特にスプレッドが狭いというわけではないので、入金ボーナスがない時は他の海外FX業者を使うのがいいでしょう。

とりあえずは口座開設ボーナスはノーリスクなのでもらっておいて損はないはずです。

 

>>is6com公式サイト

 

海外FXの口座開設で迷っている人は『海外FX業者おすすめ厳選7社!』を参考にしてください。

 

海外FXのボーナスから海外FX業者を選びたい人は『海外FXのボーナス最新情報』をチェックしてみてください。