この記事では日本人に絶大な支持を受けている海外FX業者XMの評判やボーナス、スプレッドなどを中心に、XMに関する21項目をまとめています。XMに関する必要な知識は全てこの記事にまとめていますので、XMの口座開設を検討している人は参考にしていただければと思います。

XMの基本スペック

まずはXMのレバレッジや金融ライセンスなどの基本スペックを簡単にまとめおきます。

金融ライセンス:セーシェル金融ライセンス所得(SD010)。さらにグループ全体ではFCA、CySECなどの取得困難なライセンスを取得

運営実績:日本での運営実績は2012年~

レバレッジ:1倍~888倍で設定ができる

ロスカット水準:20%

ゼロカットシステム採用で追証なし

プラットフォームMT4 / MT5

取扱い通貨ペア57通貨

取扱いCFD銘柄:33銘柄

入出金手段:日本国内銀行振り込み、クレジットカード、デビットカード、bitwallet、ビットコイン他

>>XM公式サイト

 

XMの評判

XMは2018年に日本の口座開設者が100万人を突破し、最も多くの日本人が利用している海外FX業者という地位を維持し続けています。特に海外FX初心者~中級者からの評判が良いことが、XMが多くの利用者を獲得している要因になっているというところでしょう。

海外でのXMの評判

最大級の海外FX業者の評判、口コミサイトFPAでのXMの評判はスコア3.18となっていて、このスコアはなかなかの高評価です。ちなみにTTCMは3.299、Tradeviewは3.985という感じなので、なかなか厳しめのスコアです。

XMの海外での評判

>>XM公式サイト

 

XMの安全性

XMの安全性は?

金融ライセンス

XMの運営母体はキプロスに本社を置く「Trading Point Holdings Ltd」で、ここを拠点として世界各国に会社を設立し、グループ全体としては、金融規制が厳しいFCAやキプロスなどを含む4つのライセンスを取得しています。この中で日本人にサービスを提供しているのは、セーシェル共和国に拠点を置くTrading Point(Seychelles)Limitedで、セーシェル金融庁のライセンスを取得しています。

法人名(所在地) ライセンス
Trading Point Holdings Ltd

(キプロス共和国)

キプロス証券取引委員会(CySEC)
ライセンス番号:CySEC 120/10
Τrading Point of Financial Instruments UK ltd

(イギリス)

英国金融行動監視機構(FCA)
ライセンス番号:705428
Trading Point of Financial Instruments Pty Ltd

(オーストラリア)

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
ライセンス番号:443670
Trading Point(Seychelles)Limited

(セーシェル共和国)

セーシェル金融庁ライセンス
ライセンス番号:SD010XM 金融ライセンス

分別管理とAGI保険

XMの顧客資金はイギリス四大銀行の一つであるバークレイズ銀行に分別管理されています。

また、100万ドルをカバーするAGI保険に加入しているということなどを考えると、完全信託保全ではないものの、分別管理と保険加入を組み合わせることによって顧客の資金を保全しているので、海外FX業者の中でも安全性に関してはトップクラスなのではないかと思います。

>>XM公式サイト

 

XMのスプレッド

XMのデメリットとして出てくる評判がスプレッドが広いということですが、XMにはロイヤルティプログラムというキャッシュバックがあるため、キャッシュバックを考慮した実質的なスプレッドは0.7pipsほど圧縮できることになります。

ロイヤルティプログラムのキャッシュバックによるスプレッド圧縮効果を考えると、XMのスプレッドはそれほど広いものではなく、むしろ入金ボーナスが利用できる海外FX業者としてはスプレッドは狭いほうに入ってきます。

XMの口座種類

XMにはマイクロ口座、スタンダード口座、ZERO口座という3タイプの取引口座がありますが、簡単にその特徴を見ていきましょう。

マイクロ口座 わずか10通貨から取引が可能な取引口座で、特にFX初心者におすすめの取引口座です。

スプレッドはスタンダード口座と全く同じで、XMの全てのボーナスを利用することが出来ます。

スタンダード口座 最も利用者が多いのがスタンダード口座で、XMの全てのボーナスを利用することが出来ます。
ZERO口座 狭いスプレッドに特化した取引口座で、ボーナスが一切適用されない取引口座です。

スプレッドの他に5通貨の取引手数料がかかります。

 

3つの取引口座のスプレッド

XMの3つの取引口座の平均スプレッドを見ていきます。マイクロ口座とスタンダード口座には取引手数料は上乗せ(マークアップ)されていますが、ZERO口座はスプレッドとは別に取引手数料がかかります。ここでは取引手数料込みの平均スプレッドを表にまとめています。

XMにはロイヤルティプログラムというキャッシュバックがあるため、キャッシュバックを考慮した実質的なスプレッドは以下の表のスプレッドから0.7pipsほど圧縮できることになります。(ZERO口座はキャッシュバック対象外)

キャッシュバックのスプレッド圧縮効果を加味したスタンダード口座のドル円スプレッドは0.9pipsなので、XMのスプレッドは決して広くないということが言えるのではないかと思います。

XM
マイクロ口座
XM
スタンダード口座
XM
ZERO口座
USD/JPY 1.6pips 1.6pips 1.1pips
EUR/USD 1.8pips 1.8pips 1.1pips
EUR/JPY 2.5pips 2.5pips 1.6pips
GBP/USD 2.2pips 2.2pips 1.6pips
GBP/JPY 3.6pips 3.6pips 2.1pips
AUD/USD 2.0pips 2.0pips 1.4pips
AUD/JPY 3.4pips 3.4pips 2.0pips

>>XM公式サイト

 

XMのボーナス

XMには未入金ボーナス(口座開設ボーナス)、入金ボーナス、ロイヤルティプログラムという3つのボーナスがあります。XMが多くの日本人から支持されている理由は、NDD業者でありながらも豊富なボーナスが用意されているというところにあります。

XMはNDD業者でありながらも豊富なボーナスがある

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)

XMでは口座開設ボーナス(未入金ボーナス)として、3,000円のボーナスが用意されています。この未入金ボーナスはXMの新規口座開設者に適用され、ボーナスそのものは出金できませんが、トレードで出た利益分は無制限で出金ができます。

今まで国内のFX業者を使っていて、海外FXへのデビューを検討している人には、このボーナスを使って海外FXを体験してみるのもいいのではないでしょうか。

>>XM公式サイト

 

入金ボーナス

XMにはさらに入金ボーナスも用意されています。取引口座への入金額に応じて、2段階に設定された割合でボーナスをもらうことができます。

・第一段階は5万円を上限とした100%入金ボーナス

・第二段階は45万円を上限とした20%の入金ボーナス

仮に5万円をXMの口座に入金すると、5万円のボーナスがプレゼントされるので、トータルで10万円の証拠金でトレードがスタートできます。

なお、XMの入金ボーナスは初回入金に限らず、追加入金でもボーナスが適用されるというところがとても使いやすいボーナスです。

ロイヤルティプログラム

口座開設ボーナスや入金ボーナスも嬉しいのですが、最もおいしいのはこのロイヤルティプログラムです。ランクによって最大1lotのトレードで約700円のキャッシュバックがあります。このキャッシュバックバックはXMでトレードする限りは勝っても負けても還元され続けるので、XMの3つのボーナスの中で最も人気が高いボーナスとなっています。

>>XM公式サイト

 

XMのスペック詳細

XMのレバレッジやロスカット水準、追証、取引制限などについて少し細かく見てみましょう。

レバレッジとロスカット水準

XMのレバレッジはスタンダード口座とマイクロ口座は、1倍最大888倍まで選ぶことが出来ます。ただしZERO口座の最大レバレッジは500倍となっています。

ロスカット水準は20%なので、証拠金維持率が20%を下回るとロスカットとなりポジションは強制決済となります。

追証

他の海外FX業者と同様にXMではゼロカットシステムを採用していますので、追証はありません。国内FX業者とは異なり、口座への入金額が最大損失額となるため大きな安心を得ることができます。スイスフランショックのような大暴落が起こっても、預入金以上に借金を背負うという心配は一切ありません。

スキャルピング

XMではスキャルピングが公式サイトで認められています。スキャルピングEAやシステムを利用したスキャルピングもOKで、大ロットのスキャルピングも全く問題なくできます。

システムトレード、EA

EAやツールを使ったシステムトレードは認められていますが、アービトラージが禁止事項となっているため、アービトラージのシステムトレードは利用ができません。

両建て

XMでは同口座内での両建ては認められていますが、XMの別口座、または他業者の別口座を使って両建てをすることは禁止事項となっています。XMに限らず入金ボーナスを扱っている海外FX業者では、異業者、異口座を使った両建ては不正トレードとみなされるので、絶対にやらないようにしましょう。

取引ロット制限

XMの1ポジションあたりの最小ロットと最大ロットは表の通りです。なお保有できる最大ポジションは200Lotとなっていますので、事実上無制限に等しいレベルなのではないかと思います。

最小ロット 最大ロット
マイクロ口座 0.01Lot 100Lot
スタンダード口座 0.01Lot 50Lot
ZERO口座 0.01Lot 50Lot

>>XM公式サイト

 

NDD

スキャルピングの制限や最大取引ロットをみても、XMはほぼ確実にNDD業者(A-book)であると判断できると思います。XMが多くの日本人から絶大な支持を得ている理由はまさにここにあると言っても過言ではありません。

NDD方式による透明性の高いトレードが実現し、なおかつボーナスが豊富であるという海外FX業者は非常に少ないです。さらにXMグループの運営規模やライセンスの安全性など、安心して資金を預けることができる環境がXMには整っているということが言えます。

 icon-lightbulb-o NDD業者とDD業者の違いNDDとはNo Dealing Deskという注文処理方式のことで、FX業者はトレーダーの注文を直接金融機関に流すことによって、その際の手数料をFX業者の利益にするという方法です。

FX業者の利益は注文を右から左に流す際の手数料だけなので、トレーダーの勝ち負けはFX業者の利益とは関係なく、むしろトレーダーが利益を出してどんどんトレードをしてくれたほうがFX業者の利益が大きくなるので、トレーダーとFX業者にはWin-Winの関係が成り立ちます

一方のDDとはDealing Deskという注文処理方式のことで、トレーダーが出した注文をFX業者がそのまま受けることになるので

・トレーダーが勝った場合はFX業者が負け

・トレーダーが負けた場合はFX業者が勝ち

という図式が成り立ち、NDDとは対照的にトレーダーとFX業者の利益は相反することになります。

取り扱い通貨ペアとCFD銘柄

XMの取り扱い通貨ペアは57通貨ペアと他の海外FX業者に比べてやや多めで、エキゾチック通貨ペアも多数取扱いがあるため、幅広く投資対象を選ぶことができます。

CFDは商品、メタル、資源、インデックスなど33銘柄を取り扱っています。

日本語サポート

最も多くの日本人が使っているXMだけあって、XMの日本語サポートは海外FX業者の中でも最高クラスで、チャットやメール、電話サポートも全て日本人のスタッフが迅速に対応してくれるので、英語ができない人でも全く問題ありません。公式サイトやマイページも完全に日本語に対応しているので、トレード開始から出金まで困ることはないはずです。

入出金

XMの入金は銀行送金(国内銀行)、クレカ、bitwallet、SticPayに対応しています。出金は入金と同額であれば、クレカやbitwalletへ即時反映できますが、利益分については銀行振り込みとなります。

>>XM公式サイト

 

XMの評判まとめ

運営母体の規模、金融ライセンス、資金の分別保管、保険加入などを総合的に見るとXMの安全性は海外FX業者の中でもトップクラスになると思います。さらに、NDDの透明性の高いトレード環境、多彩なボーナス、完全な日本語サポートなど、総合的に見たバランスが抜群にいいです。これらを考えると海外FX業者の中で日本人に最も人気があるのは大いに納得です。

今後もXMが日本人から絶大な支持を得続けるということはずっと変わらないと思いますので、まずは資金を入れることなくもらうことができる口座開設ボーナスをもらって、XMの使い勝手の良さを確認してみてください。

>>XM公式サイト