海外FX初心者におすすめの海外FX口座ランキング厳選3社!

海外FXのメリット、デメリット

この記事では海外FX初心者に自信を持っておすすめできる海外FX口座を厳選して紹介していきたいと思いますが、その前に少しだけ海外FXのメリット、デメリット、リスクについての基礎知識について書いていきたいと思います。

 

海外FXのリスクとデメリット

海外FXの業者リスク

海外FXデビューをしようとしている人であれば、きっとネットで海外FXのことをいろいろと調べていると思うのですが、海外FXの安全性などについても書かれているサイトがたくさんあります。

当サイトでも海外FX業者がどのようなライセンスで営業をしているか、などを調べてサイトにアップしていますが、やはり拠点が海外であるということもあり、国内FX業者と比べれば業者リスクは高まると言わざるを得ません。

 icon-warning 業者リスクとは? FX会社が実は詐欺業者で突如として消えてしまったり、経営破綻になり預入金が回収できなくなってしまうといったリスクを業者リスクと言います。

 

海外FXの信託保全

また国内FX業者であれば信託保全が義務付けられていますが、海外FX業者の場合は信託保全の義務はありません。

信託保全に近い意味合いで分別管理という言葉で資金の安全性を訴えている海外FX業者がほとんどではありますが、拠点が海外であるがゆえに、業者が経営破綻になってしまった場合などは預入金の回収は困難、またはとんでもない労力がかかるということが容易に想像できます。

 icon-lightbulb-o 信託保全と分別管理信託保全とは、FX会社が顧客の預入金を信託銀行に信託することで、万一FX会社が破綻した場合でも、預入金は信託管理人を通じて顧客に返還されるという投資家保護スキームのことをさします。
一方、分別管理とは、信託保全と全く同じ意味(信託分別管理)で使われる場合と、単にFX会社が保有している資産と顧客からの預入金を別々に保管するという意味で使われる場合があり、海外FX業者の場合はこの区別が不明瞭なことがほとんどです。
ただ単に保管場所が別な場合は、万一FX会社が破綻した場合は顧客の預入金が返還される保証はありません。

 

日本の金融庁からの警告

日本で最も利用者が多いXMも icon-arrow-circle-up のように日本の金融庁から警告が出ています。

日本国内で拠点を置いてブローカー業務をやる場合はレバレッジが25倍で、追証ありにしないと営業活動ができません

 

金融庁から警告は出ているものの、どこの海外FX業者も拠点は海外なので、日本の金融庁がとやかく言うことではないので、特にデメリットというわけではないですが、一応このことは知っておいたほうがいいのではないかと思います。

もちろん、日本人が自らの意思で海外FX業者を利用することに関しては違法性は全くありません

 

海外FXのメリット

日本国内に拠点を置き、金融庁の許認可を得ている国内FX業者は「レバレッジ最大25倍」「追証あり」というルールで営業をしないといけないわけですが、このルールに不満を持っている日本人トレーダーたちが利用しているのが海外FX業者です。

日本で最も人気のあるXMに関しては、2018年には日本人の口座開設者が100万人を突破し、いかに「レバレッジ最大25倍」「追証あり」という日本のルールに不満を抱いている人が多いかということがよくわかります。

 

ボーナス

海外FXのメリットの一つとしてあげることができるのが海外FXの豊富なボーナスです。

海外FXの未入金ボーナスや入金ボーナスを利用することによって、リスクを大幅に軽減することができます。

 icon-lightbulb-o 未入金ボーナスとは?海外FX業者特有のボーナスで、口座開設と身分証の承認が終われば、口座に入金をしなくてももらえるボーナスで、ボーナスを出金することはできませんが、このボーナスを証拠金としてリアルトレードができるので、トレードで利益を出すことができれば、利益分は出金できるという特徴があります。
 icon-lightbulb-o 入金ボーナスとは?業者によって細かいルールがある場合もありますが、基本的には入金額に応じてもらえるボーナスで、入金100%ボーナスの場合は、入金額の100%がボーナスとして付与されます。

例)入金100%ボーナスで10万円を入金
10万円(入金額)+10万円(ボーナス)

例)入金30%ボーナスで10万円を入金
10万円(入金額)+3万円(ボーナス)

ボーナスを出金することはできませんが、ボーナスを証拠金とすることできるので、資金効率を大幅に上げることができます。
海外FXのレバレッジ

海外FX業者のレバレッジは200倍~3,000倍くらいまで、業者によってそれぞれ違いますが、「ハイレバレッジは危険」なんていうことを言いう人がいますが、それは全くの間違いです。

海外FXのレバレッジが1,000倍であろうと2,000倍であろうと、トレードをする取引量を決めるのは自分なので、レバレッジは自分でいくらでもコントロールができます。

なので、最大レバレッジが1,000倍であっても、レバレッジ1倍でもトレードができますし、1,000倍でもトレードができるということですね。

レバレッジがあれば「ここがチャンス!」と思った時に一勝負かけることができますし、利用のしかたは人それぞれです。

 

追証がない

海外FX業者を使う最大のメリットが「追証がない」ということです。

たとえ史上空前の大暴落が起こったとしても、海外FX業者ではゼロカットシステムが採用されていて追証がないため、預入金=最大損失ということが約束されています。

ちなみに日本では金融商品取引法の第三十九条で、金融商品取引業者が顧客の損失を補填することを禁止しているため、「追証あり」にしないと営業ができません。

 icon-lightbulb-o スイスフランショック
2015年1月15日 スイス銀行が永続介入をやめることがきっかけとなり、EUR/CHFは20分で3,800pipsの大暴落となった。

海外FX組はゼロカットシステムによって、預け入れた証拠金以上の債務を免れることができたが、国内FX組の場合、預入がゼロになるだけでなく、さらに債務を背負うという人が続出した。

スイスフランショックの追証

 

海外FXのリスク回避術

海外FXのメリットとデメリットを見てきましたが、次に私がどのように海外FX業者を利用しているかということについて少しお話をしていきます。

私の海外FX歴は13年で、この間リーマンショック、東北大震災、スイスフランショックなどの相場の大きな局面を見てきましたし、先物では200万円の追証を経験したこともあります。

その中で得た知識や経験の中で得たおすすめの海外FX業者の活用方法を書いてみます。

 

リスク管理

前述のとおり、海外FX業者は国内FX業者に比べると業者リスクは高いので、口座には必要最低限のお金を入れてトレードをするのがおすすめです。

では証拠金5万円の場合、海外FXではどれだけの取引ができるかを見ていきましょう。

 

レバレッジ25倍の場合(国内FX業者)

5万円×25=125万円分の取引ができます。

ドル円が110円だとすると、125万÷110=約11,000なのでなんとか1万通貨分の取引ができるという感じです。

 

レバレッジ500倍の場合(海外FX業者)

5万円×500=2,500万円分の取引ができます。

ドル円が110円だとすると、2,500万÷110=約22万なので、チャンスが到来したときはとても大きな取引をすることができます。

 

要するに、海外FXではそれほど多くの資金を入れなくても十分なトレードができるということです。

特に最初のうちは入金手数料がかからない範囲で少ない金額を入金してトレードをすることをおすすめします。

もしトレードで負けてなくなってしまったら、再度入金すればいいだけのことです。

 

私の場合でも特別な事情がない限りは、1回の入金額は5万円程度です。

いつ何が起こってもいいように、入金額を少なめにしてリスクをできる限り回避しましょう。

 

海外FX初心者におすすめの海外FX口座

おすすめの基準

海外FX初心者と言ってもレベルが様々だと思いますが、ここではメタトレーダーを使ったことがないということや、日本語サポートが万全であることも、おすすめする基準にしていきます。

これから海外FXをはじめてみようと思っている人にとって、やはり「言葉の壁」は気になるところだと思いますので、この記事ではこれから海外FXデビューをする人が、口座開設から出金まで何不自由なく日本語でできる海外FX業者をおすすめしていこうと思います。

 

あともう一つのおすすめの基準としては、ノーリスクということもおすすめする基準にしていきます。

FXってどうなるといくら損するの?というFX初心者の人でも全く問題なくできるように、お金を一切入金することなくトレードができる未入金ボーナスキャンペーンを実施している業者に絞ってご紹介をしていきます。

お金を入金することなく、メタトレーダーの使い方やFXの値動きの特徴などを勉強することができる、海外FX初心者に自信を持っておすすめできる海外FX口座だけを紹介していきたいと思います。

 

XM 海外FX初心者におすすめの海外FX口座ランキング1位

海外FX初心者に最もおすすめの海外FX口座ランキング1位はXMです。

XMをおすすめする理由
・未入金ボーナスが3,000円あるので、ノーリスクでトレードができる。

・日本人スタッフ在籍で、メールやチャットの日本語サポートが充実

・サイトは完全に日本語化、英語が分からなくても困らない

・10通貨からトレードができるマイクロ口座がある

・入出金がクレジットカード、デビットカード、国内銀行振り込みに対応

やはり日本人利用者数No.1であること大いに納得ができる海外FX業者です。

特に10通貨からトレードができるマイクロ口座の存在は、FX初心者にとって強い味方になると思います。

 icon-arrow-circle-right  XM公式サイト

 icon-arrow-circle-right  XMのボーナス、スプレッド…20項目徹底検証

 

GEMFOREX 海外FX初心者におすすめの海外FX口座ランキング2位

海外FX初心者に最もおすすめの海外FX口座ランキング2位はGEMFOREX(ゲムフォレックス)です。

GEMFOREXをおすすめする理由
・未入金ボーナス5千円~2万円で、ノーリスクでトレードができる。

・スタッフの半分が日本人スタッフで、日本語サポートが迅速

・サイトは完全に日本語化で、英語が分からなくても困らない

・日本語マニュアルや動画マニュアルの充実度は海外FX業者の中でNo.1

・入出金がクレジットカード、デビットカード、国内銀行振り込みに対応

実際に口座を開設してみるとすぐに分かりますが、国内FX業者と同等またはそれ以上のレベルで日本語サイトが作りこまれています。

未入金ボーナスが高額であるということもゲムフォレックスをおすすめする理由です。

 icon-arrow-circle-right  GEMFOREX公式サイト

 icon-arrow-circle-right  GEMFOREXのボーナス、スプレッドなどの詳細を見る

is6com 海外FX初心者におすすめの海外FX口座ランキング3位

海外FX初心者におすすめの海外FX口座ランキング3位はis6comです。

is6comは金融ライセンスの登録がない海外FX業者なので、未入金ボーナスを使って完全にノーリスクでトレードができるという点ランキングに入れました

is6comをおすすめする理由
・未入金ボーナス5千円~2万円で、ノーリスクでトレードができる。

・日本語サポートが迅速で、完全日本語対応のLINEサポートもある

・サイトは完全に日本語化しているため、英語が分からなくても困らない

・入出金がクレジットカード、デビットカード、国内銀行振り込みに対応

 icon-arrow-circle-right  is6com公式サイト

 icon-arrow-circle-right  is6comのボーナスやスプレッドの詳細を見る

 

まとめ

国内FX業者、海外FX業者に関係なくFXにはさまざまなリスクがあります。

特に追証のリスク、FX業者が破綻するリスクは一瞬にして大きなお金を失う恐ろしいリスクです。

 

これらのリスクを最小限にとどめることができるのは、私がおすすめしている海外FX業者に少額ずつの資金を入れてトレードをやるという方法です。

この方法であれば追証はありませんし、万が一FX業者が破綻したとしても被害を最小限にとどめることができます。

まずは未入金ボーナスを使ってノーリスクで海外FXの感覚をつかむということをおすすめいたします。