この記事ではLANDFX(ランドFX)の評判やボーナスやスプレッドなどを中心に、LANDFXの15項目のスペックを検証しまとめています。LANDFXを利用する際の注意点なども含めて、LANDFXに関する必要最低限度の知識は全てこの記事にまとめていますので、口座開設の検討材料にしていただければと思います。

 

LANDFXの基本スペック

 

金融ライセンス:LandFX UK Ltd.はFCAライセンスを取得し、世界13カ国に拠点を持つ

運営実績:2013年~

レバレッジ:500倍

ロスカット水準:30%

プラットフォーム:MT4/MT5

取扱い通貨ペア:65通貨ペア

取扱いCFD:25銘柄

入出金手段:クレジットカード、デビットカード、海外銀行送金、STICPAY

 

LANDFX公式サイト

目次

LANDFXの評判

トレーダー仲間からのLANDFXの評判はかなりいい!

LANDFX(ランドFX)は海外FX業者の中でも不正トレードに厳しいブローカーで、過去には出金拒否でバズったことがある海外FX業者ですが、その一方でスプレッドが狭く、ボーナスも使いやすいブローカーであることも事実です。私も含めたトレーダー仲間もLANDFXを利用している人が非常に多いですが、その中で出金拒否などの目に遭ったことがある人は一人もいません

出金拒否の原因はボーナスの不正利用が大半

LANDFXに限らず、海外FXで出金拒否されるほとんどの原因がボーナスの悪用やゼロカットシステムの悪用です。
出金拒否になりかねない不正トレードに関しては、この記事の後半で詳しく書いているので、じっくりと読んでいただき出金拒否などにならないように注意してください。

 

海外FXの口コミサイトでのLANDFXの評判

海外FX業者の評判、口コミサイトとしては世界最大級のFPAにおけるLANDFX(ランドFX)のスコアは2.916で、日本で最も評判が良いXMのスコア3.18とほぼ同じくらいのスコアです。

LANDFXのFPAでの評判

FPAの書き込みには腹いせの書き込みが多い

FPAへのレビュー書き込みには、ボーナスアービトラージがバレて出金拒否になったトレーダーの腹いせの書き込みなどもあるため、その部分を考えるとLANDFXには不利なのではないかと思いますが、そういった書き込みに対してもLANDFXが返答を返しているところなどは、LANDFXの実直さのようなものを感じます。
LANDFXのFPAにおける評判

LANDFX公式サイト

LANDFXのスプレッド

LANDFXの口座種類は3つ!まずはスペックを比較

LANDFX(ランドFX)にはLPボーナス口座、Live口座(スタンダード口座)、ECN口座という3種類の取引口座があります。このうちECN口座はスプレッドの圧縮に特化した取引口座でスプレッド+取引手数料が1Lot往復で7ドルかかります。

LPボーナス口座 Live口座 ECN口座
取引手数料 なし なし 7ドル/1Lot往復
最低入金額 1万円 3万円 20万円
レバレッジ 500倍 500倍 200倍
ロスカット水準 30%  30%  30%
ボーナス 100%入金ボーナス キャッシュバックボーナス
リカバリーボーナス
なし
プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 MT4/MT5

 

LANDFXの3つの口座のスプレッド比較

LANDFXのLPボーナス口座、スタンダード口座(Live口座)、ECN口座の平均スプレッドを表にまとめてみました。ECN口座には取引手数料が0.7pips/1Lotかかりますが、ここでは取引手数料を含めた平均スプレッドを表にまとめています。

LPボーナス口座とLive口座のスプレッドは全く同じで、ECN口座のスプレッドはLPボーナス口座、Live口座のスプレッドよりもやや狭いという感じです。

通貨ペア LPボーナス口座 Live口座 ECN口座
ドル円 0.9pips 0.9pips 0.9pips
ユーロドル 0.7pips 0.7pips 0.9pips
ユーロ円 1.5pips 1.5pips 0.9pips
ポンドドル 1.2pips 1.2pips 1.1pips
ポンド円 1.9pips 1.9pips 1.3pips
豪ドル米ドル 1.3pips 1.3pips 1.0pips
豪ドル円 2.0pips 2.0pips 1.1pips

LANDFXのECN口座は利用価値なし?

LANDFXのECN口座はボーナスが一切適用されないにもかかわらず、100%入金ボーナスが適用されるLPボーナス口座とそれほどスプレッドの差がありません。
最低入金額が20万円といういことなども考えると、LANDFXのECN口座にはあまり利用するメリットを感じないという印象です。

LANDFX公式サイト

 

LANDFXのボーナス

LPボーナス口座とLive口座はボーナス内容が全く違う!

LANDFX(ランドFX)でボーナスの対象となるの取引口座はLPボーナス口座とLive口座ですが、適用されるボーナスの内容が全く違ってくるということに注意してください。

Live口座のボーナスはあまりにもショボすぎる・・・

Live口座のキャッシュバックボーナス

LANDFXのLive口座(スタンダード口座)に3万円以上の入金をすると、1lot往復のトレードで500円のキャッシュバックを受け取ることができます。このキャッシュバックは出金が出来るという意味ではいいのですが、受け取ることができるキャッシュバックの上限が入金額の10%と決まっています

3万円入金してももらえるボーナスは最大でも3,000円なので、あまりおいしいボーナスとは言い難いです。

キャッシュバックボーナスは要申請

キャッシュバックボーナスは自動反映ではないので、もらうにはカスタマーサポートへの申請が必要になります。
申請先:account@land-fx.com
件名:10%ボーナス申請 / MT4ID
本文:名前(ローマ字)、MT4ID、初回入金額、取引ロット数の概算

 

Live口座のリカバリーボーナス

Live口座への初回入金が3万円以上でトレードをしてロスカットになってしまった場合、入金額の5%がキャッシュバックされます。敗者復活戦的なボーナスですがキャッシュバックの割合がわずか5%なので、あまり魅力的なボーナスとは言えません。

リカバリーボーナスも要申請

リカバリーボーナスに関しても自動反映ではないので、もらうにはカスタマーサポートへの申請が必要になります。
申請先:japan.support@land-fx.com
件名:リカバリーボーナス申請 / MT4ID
本文:名前(ローマ字)、名前(ローマ字)、MT4ID、初回入金額

LPボーナス口座の100%入金ボーナスが絶対おすすめ

一般的には、スプレッドが狭い海外FX業者は入金ボーナスを実施していないことが多いですが、LANDFXのLPボーナス口座は狭いスプレッドを提供しながらも、新規口座開設後は上限50万円の100%入金ボーナスを利用することができます

LANDFX(ランドFX)の入金ボーナスの最大のメリットは、上限の範囲内であればいつのタイミングでも100%入金ボーナスが適用されるというところにあります。

LPボーナス口座の最低入金額

LANDFXのLPボーナス口座の最低入金額は1万円で入金手数料が無料です。
LPボーナス口座の100%入金ボーナスは上限の範囲内であれば、追加入金でもボーナスをもらうことができるので、毎回1万円を入金してトレード資金を2万円にすることができます。
LANDFXのLPボーナス口座はおすすめ

LANDFX公式サイト

LANDFXの利用で注意するべきポイントは?

保有しているポジション数によってレバレッジ制限がかかる

LANDFX(ランドFX)のレバレッジは取引口座によって異なるため、ロスカット水準と併せて表にまとめました。ECN口座のレバレッジが200倍なので低いと感じる人も多いかもしれませんが、スキャルピングトレーダーに人気のTradeviewもレバレッジ200倍ということを考えると、十分なレバレッジなのではないかと思います。

LANDFXの通常のレバレッジ

Live口座、LPボーナス口座 ECN口座
レバレッジ 500倍 200倍
ロスカット水準 30% 30%
ロスカット水準とは?証拠金維持率がロスカット水準を下回るとポジションの強制決済(ロスカット)が執行されるので、ロスカット水準が30%のLANDFXの場合、証拠金維持率が30%を下回るとロスカットが執行されます。

レバレッジ規制に注意!

LANDFXの最大レバレッジは500倍ですが、保有しているポジションに応じてレバレッジが規制されるので注意が必要です。

保有ポジションが50ロット以上になるとレバレッジが200倍に制限されるため、LANDFXのトレードでは50ロット以内でトレードをすることをおすすめします。

※ECN口座のレバレッジは一律200倍

LANDFXは50Lot以内のトレードがおすすめ

取引ロットが50Lotになると一気にレバレッジが200倍まで制限されるので、このあたりの資金管理は非常に難しくなると思います。
思わぬところでロスカットになってしまうということも考えられるので、LANDFXでは50Lot以内のトレードにとどめることをおすすめします。

LANDFXはスキャルピングは禁止?

LANDFX(ランドFX)ではスキャルピングは禁止されていませんが、HFTを使った高頻度のスキャルピングは禁止となっています。また経済指標発表時のスキャルピングも禁止されています。

フラッシュクラッシュの原因にもなったHFTとは?

HFT(High Frequency Trading)とはコンピュータープログラムで高頻度の売買を行うアルゴリズムで、1秒間に数万回というレベルの取引を自動で行うシステムのことです。
HFTは主に機関投資家やヘッジファンドなどで使用され、ボラティリティーが低下している時に過剰反応し、これによってフラッシュクラッシュのような暴落をも引き起こします。
LANDFXではサーバーにとても大きな負担がかかるHFTによる取引は禁止となっています。

両建てOKだが、ボーナスを悪用した異口座の両建ては当然禁止

LANDFX(ランドFX)では同じ口座内での両建ては認められていますが、複数業者間の両建て、複数口座を利用した両建ては禁止されています。これはボーナスを悪用したアービトラージ対策ですが、LANDFXに限らずボーナスアービトラージは一発で出金拒否の対象になるので、絶対にやらないようにしましょう。

ボーナスを悪用した両建てアービトラージとは?1.ボーナスが利用できる2つの口座を用意

2.それぞれの口座にボーナスを利用して入金

例)口座Aは5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

口座Bも5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

3.口座Aでドル円のロング、口座Bでドル円のショートを同時にエントリー

4.どちらかの口座がロスカットになったら、もう一方のポジションを利確

5.ロスカット水準0%で考えた場合、一方の口座は10万円の利益になり、もう一方の口座は10万円の損失になるが、この証拠金にはボーナス5万円が含まれているため、実際の損失は5万円となる

6.この結果トータルで5万円の利益を出すことができる

ゼロカットを逆手にとったトレードには追証される可能性がある

ほとんどの海外FX業者がゼロカットシステムを無条件で採用し追証なしとしているなかで、LANDFX(ランドFX)は、条件付きでゼロカットを採用するというスタイルをとっています。このことはゼロカットを悪用した指標トレードと密接に関わってきますので、LANDFXで指標トレードをやるのはやめましょう。

ゼロカットを悪用した指標トレードとは?

雇用統計などの大きな経済指標や金曜日のクローズ直前など、その後にレートが大きく飛ぶ可能性があるような状況下でロスカットにならないほどの大量のポジションを保有した場合、海外FXの場合はゼロカットシステムを採用しているため、たとえ負けても最大損失額が=入金額になります。
その一方で勝った場合は大きな利益を獲得できる可能性があるため、ほとんどの海外FX業者ではこのようなゼロカットを悪用したトレードを禁止事項としています。

LANDFXの追証に関して(公式サイトから引用)

基本的にはマイナス残高はお客様が負担するものとし、サービスの一環で審査の上、Land-FXで負担させて頂きます。
ゼロカット申請は入金前にMT4アカウント番号、マイナス金額を記入し、一般サポート(日本サポート)に申請してください。
※ リスク管理がされていないと判断する場合、追証させて頂くこともございます
また複数口座をご利用の場合には別口座の残高から相殺させて頂くことがございます。リスク管理を十分に行って頂ますようよろしくお願いいたします。

LANDFXFXで出金拒否にならないために

LANDFXに限らずSNSで海外FX業者の出金拒否疑惑が炎上することがありますが、LANDFXで禁止されるトレードさえしなければ出金拒否の対象になることはないので、ガイドライン違反となる禁止トレードは絶対にやらないようにしましょう。

LANDFXの禁止トレードを整理!

・HFTなどのアルゴリズムを利用した高頻度のスキャルピングは禁止
・指標発表を狙ったスキャルピングは禁止
・ボーナスを悪用した異口座の両建ては禁止
・ゼロカットを逆手にとった指標トレードは禁止

私のトレーダー仲間でもLANDFXを利用している人はたくさんいますが、LANDFXで出金拒否になった人は一人もいないため、出金拒否の対象となっているのは、LANDFXのガイドラインに違反した人だけだと思われます。

LANDFXの公式ページ「LPボーナス口座」をクリックすると。デカデカとボーナスを悪用したトレードへの注意喚起が表示されることを考えると、いかにボーナスを悪用して利益を出そうとするトレーダーが多いかということが分かります。

LandFXの出金疑惑について解説

海外FX業者の出金拒否は劇的に減っている

「ボーナスを悪用した両建ては利益分が出金拒否される」という情報が多くの人にいきわたっているということもあり、海外FX業者の出金拒否は劇的に減っています。
今のようなSNSが発達した時代で不当な出金拒否をやった場合は悪評がすぐに拡散してしまい、海外FX業者としても死活問題になるため、明らかな不正トレードやガイドライン違反をしない限りは出金拒否されるというのは考えられません。
ルールを守ったトレードを心がけ、海外FXのハイレバとボーナスを有効に活用してと利益をあげていきましょう。

LANDFX公式サイト

LANDFXのトレード環境は?

取引プラットフォームはMT4とMT5が利用できる

LANDFX(ランドFX)ではMT4とMT5の両方を使うことができます。Windows、Mac、ios、Androidの全てに対応しているため、どの端末でもメタトレーダーを使ってトレードをすることができます。

サーバーダウンはサーバー強化が完了し対応済み

LANDFXでは2019年に2回ほど大きなサーバーダウンがありましたが、謝罪と損失分の補填はしっかりと行われており、損失分全額+ボーナス30%が補填となっています。

サーバーダウン時の損失分補填申請

サーバーダウンの損失分補填には申請が必要になってきますので、確実に申請をして損失補填とボーナスを受け取るようにしましょう。
申請先:japan.support@land-fx.com

サーバー強化が完了

2019年7月29日追記
本日LANDFXよりメールが届き、「サーバー増強の案内」が来ました!これでもうサーバーダウンはないと思われますので、LANDFXにとっては大きな進展となるでしょう。
LANDFXサーバー強化の案内

LANDFXはスワップポイント狙いもおすすめ!

LANDFX(ランドFX)ではトレードできるマイナー通貨ペアやエキゾチック通貨ペアが豊富で、実に67種類以上の通貨ペアが取引できます。スワップポイントで人気のユーロ/トルコリラ、ポンド/トルコリラなどの取扱いがあります。

ゴールドや原油のCFDはレバレッジ200倍で取引可能

LANDFX(ランドFX)ではゴールド、シルバー、オイル、インデックスなどのCFDも最大200倍のハイレバレッジで取引ができます。CFDはFXと比較してボラティリティが非常に高いので、入金ボーナスと200倍のハイレバレッジをうまく活用したアグレッシブなトレードで一攫千金を狙うのも面白いと思います。LANDFXはCFDも多数取り扱う

LANDFX公式サイト

LANDFXの入出金と日本語サポート

クレジットカード入金は1万円以上で入金手数料が無料

LANDFX(ランドFX)の入金はクレジットカードやデビットカードであれば、最低入金額が1万円以上で入金手数料が無料です。

入金手段 最低入金額 反映までの時間 手数料
クレジットカード
デビットカード
(VISA)
1万円 1時間 無料
Sticpay 500円 即時 無料
海外銀行送金 5万円 1-2営業日 無料
ビットコイン 5万円 1時間 無料

LANDFXは少額入金でも常に資金が2倍に!

LANDFXのLPボーナス口座はおすすめLANDFXのLPボーナス口座であれば、上限50万円の範囲内であれば追加入金に対しても100%入金ボーナスが適用されトレード資金を2倍にすることができます。
クレジットカードやデビットカードの最低入金額は1万円で入金手数料が無料なので、常時入金100%ボーナスが適用されるというメリットを生かして、細かく入金してトレードをするのがベストではないかと思います。

LANDFX公式サイト

出金面はデメリットあり!出金手数料が高いので注意!

元本分未満の出金

元本分に関しては入金元に返金処理という扱いで、クレジットカードの返金処理はカード会社によって変わってきます。

例)クレジットカード入金の場合はクレジットカードに返金処理

 

利益分の出金

入金額を超える利益分は銀行振り込みとなり、着金までは5日ほど見ておいたほうがいいと思います。

なお、4,500円の振り込み出金手数料がかかってしまうため、利益がある程度の額になったら出金というのがおすすめです。

bitwalletは現在のところ利用できない

LANDFXで利用できる出金手段はSticpayと銀行振り込みだけでbitwalletには対応していません。

銀行振り込み:4,500円

Sticpay:0.3ドル+出金額の2.5%

という出金手数料がかかってしまうので、LANDFXの出金手数料はどれをとっても高いと言わざるをえません。

LANDFXのデメリットは出金面

私が実際にLANDFXを使ってデメリットと感じる部分は、出金手数料4,500円というところと、出金申請から着金までに約3~5日ほどかかるという点です。
ただボーナスやスプレッド面でのメリットが大きいため、この程度のデメリットはカバーできるのではないかと思っています。

日本語サポートはチャットや電話で日本人スタッフが対応

入金や出金時に使う会員ページは日本語で使いやすく、また口座開設後は入金方法や出金方法、MT4のダウンロードなどのマニュアルのリンクがメールで届くなど、顧客が迷わずにトレードを開始できるように配慮されています。

また日本時間の平日10時~18時であれば、コールセンターの日本語サポートを受けることができます。

LANDFX 日本語サポート

LANDFX公式サイト

LANDFXの安全性は?

金融ライセンスはFCA取得も適用されるのは欧州向け法人

LANDFX(ランドFX)は世界で最も厳格とされているイギリスの英国金融行動監視機構(FCA)の金融ライセンスを取得しています。FCAは消費者保護に重点を置いている監視機構で、顧客資産の記録保持などの厳しい資産保護のルールがあるため、FCAの金融ライセンスを取得しそれを維持するには透明性が高い経営体制が必須となります。

LAND-Primeにも一定の信頼は置ける

日本向け法人LAND-PrimeにはFCAの金融ライセンスは適用されないものの、親会社にあたるLandFX UK Ltd.が厳格なFCAの管理下にある以上はLAND-Primeもあまり好き勝手はできないはずです。
LAND-Primeの悪評がFCAに伝わってしまうとLandFX UK Ltd.のFCAライセンスはく奪などにつながる可能性は十分に考えられるので、LandFX UK Ltd.がFCA金融ライセンスを持つことでLAND-Primeにも一定の信頼は置けるということが言えるでしょう。

LANDFXは信託保全?分別管理?

FCAライセンスを維持するにはFSCS(金融サービス補償機構)への加入が義務付けられています。FSCSは海外FX業者が経営破綻に陥った場合でも85,000ポンドの保証をしていますが、日本向け法人にはFCAのルールは適用されないので信託保全はないと思うのが無難です。

LANDFX公式サイト

LANDFXの評判まとめ

ゼロカットやボーナスを悪用するようなトレーダーには厳しいですが、普通にトレードをしている人にはとても良心的なおすすめの海外FX業者です。実際私もLANDFXでは何度も出金をしていますが、いままで出金拒否や出金遅延などになったことは一度もありませんし、私のトレーダー仲間でもLANDFXを利用している人は多いですが、出金拒否には誰一人としてなっていません

LANDFXのメリット
・LPボーナス口座の100%入金ボーナス
・ユーロドル0.7pipsの狭いスプレッド
・レバレッジ500倍でアグレッシブなトレードが可能
・LPボーナス口座は最低入金額1万円で入金手数料が無料

LANDFXのデメリット
・bitwalletが利用できず出金手数料が割高
・日本向けアカウントには信託保全が適用されない

LANDFXの口座開設はLPボーナス口座一択!

LANDFXには3つの口座種類がありますが、その特徴から見てもLPボーナスの利用価値が最も高いのは明確です。

LPボーナス口座 上限50万円の範囲であれば、いつ入金をしても100%入金ボーナスが適用されトレード資金が2倍になる
Live口座 キャッシュバックボーナスとリカバリーボーナスがあるも、ボーナスの付与率が低いため利用価値が低い
ECN口座 最低入金額20万円、ボーナスなし、レバレッジ200倍という辛めのスペックにもかかわらず、LPボーナスとのスプレッドが大差ない
LANDFXのLPボーナス口座はこう使え!

LANDFXのLPボーナス口座はおすすめLANDFXのLPボーナス口座であれば、上限50万円の範囲内であれば追加入金に対しても100%入金ボーナスが適用されトレード資金を2倍にすることができます。
クレジットカードやデビットカードの最低入金額は1万円で入金手数料が無料なので、常時入金100%ボーナスが適用されるというメリットを生かして、細かく入金してトレードをするのがベストではないかと思います。

LANDFX公式サイト