この記事ではiFOREX(アイフォレックス)の評判やボーナス、スプレッドなどを中心に、iFOREXに関する18項目をまとめています。iFOREXを利用する際の注意点なども含めて、iFOREXに関する必要な知識は全てこの記事にまとめていますので、口座開設の検討材料にしていただければと思います。

 

iFOREXの基本スペック

 

金融ライセンス:キプロスライセンス取得(CySEC)

運営実績:運営実績は1996年~で、海外FX業者の老舗

レバレッジ:400倍

ロスカット水準:0%

ゼロカットシステム:採用で追証なし

プラットフォーム:独自プラットフォームのFxnet(PC、スマホアプリ)

取扱い通貨ペア:100通貨以上

取扱いCFD:仮想通貨、株式を含む600銘柄以上

入出金手段:クレジットカード、デビットカード、日本国内銀行振り込みbitwallet

 

iFOREX公式サイト

 

iFOREXの評判

1996年から運営をしているiFOREX(アイフォレックス)は、運営実績が20年以上であるにもかかわらず、出金拒否などの噂が全くなく、むしろ億超え出金や一千万を超える高額出金者が多数いるため、出金面における評判は抜群ということが言えます。

私自身もiFOREXでは一千万越えの出金経験があるので、スワップポイント狙いのトレードをする時はいまだにiFOREXを利用しています。

歴史的な大暴落を乗り越えてきた体力

iFOREXは1996年からの23年間日本で運営されていますが、この間リーマンショックやスイスフランショックなどの歴史に残るようなパニック相場をも乗り越えています。
23年間ブローカー業務を継続しているだけでも、その信頼度は抜群ということが言えるでしょう。

iFOREX公式サイト

 

iFOREXのスプレッド

iFOREX(アイフォレックス)は以前までは固定スプレッドを採用していましたが、現在は変動スプレッドへと変わっています。変動スプレッドへ変わってからはスプレッドも非常に優秀で、海外FX業者の中でもトップクラスの最狭スプレッドを提供してくれています。

ドル円 0.9pips
ユーロドル 0.8pips
ユーロ円 1.7pips
ポンドドル 1.5pips
ポンド円 2.5pips
豪ドル米ドル 1.0pips
豪ドル円 3.5pips

iFOREX公式サイト

 

iFOREXのボーナス

iFOREX(アイフォレックス)には、入金ボーナス、ペンディングボーナス(キャッシュバックボーナス)、預入金キャッシュバック(利息ボーナス)という3つのボーナスがあります。iFOREXの3つのボーナスについて詳しく説明をしていきましょう。

iFOREXの入金ボーナスは初回入金限定で上限200万円

iFOREX(アイフォレックス)では新規口座開設者を対象に2段階の入金ボーナスが適用されます。

・上限を10万円とする100%入金ボーナス

・上限を200万円とする40%の入金ボーナス

入金額ともらえるボーナスを表にまとめるとこのようになります

入金額 もらえるボーナス
10万円 10万円(入金ボーナス100%)
50万円 26万円(入金ボーナス100%分の10万円+入金ボーナス40%分の16万円)
100万円 46万円(入金ボーナス100%分の10万円+入金ボーナス40%分の36万円)
300万円 126万円(入金ボーナス100%分の10万円+入金ボーナス40%分の116万円)

トレーディングチケット

MT4のクレジットにあたるのがiFOREXのトレーディングチケットです。
iFOREXの入金ボーナスはトレーディングチケットという扱いになり、出金はできませんがトレードの証拠金として使うことができます。

入金ボーナスは初回入金にのみ適用される

iFOREXでは100%+40%の入金ボーナスは初回入金時のみ適用されるので、長期投資を考えている人は最初にある程度まとまった金額を入れておくと、ボーナス金額が増えるので証拠金を大きくできます。

 

2回目以降の入金にはペンディングボーナスが適用される

iFOREX(アイフォレックス)の2回目以降の入金に対しては、ペンディングボーナスというキャッシュバックが適用されます。このペンディングボーナスは5万通貨の取引ごとに1ドルのキャッシュバックボーナスで、もらったボーナスは出金も可能というのが大きな特徴です。

ペンディングボーナスの適用期間と上限

・入金から3か月以内のトレードがキャッシュバックの対象になる
・キャッシュバックの上限は入金額と同額

 

入金している証拠金に発生するiFOREXの利息とは?

iFOREX(アイフォレックス)では新規口座開設時に10万円以上の入金をすると、その金額に対する年利3%分の利息を毎月受け取ることができます

ほとんどの海外FX業者では、取引口座にお金を入れておくだけではお金が増えることはありませんが、iFOREXの場合は入金している金額の年利3%分の利息を毎月受け取ることができるので、無駄に資金が眠っているということを避けることができます。このことからiFOREXは中長期の資金運用に適した海外FX業者であるということが言えます。

iFOREXで利息をもらうための条件は?

・新規口座開設時に10万円以上の入金
・証拠金残高を10万円以上にキープする必要がある
・30日に1回はトレードをする必要がある
これらの条件を満たしている限り、毎月利息をもらうことができます。

もらえる利息の例
証拠金として200万円を入金した場合、200万円×3%(年利)÷12(12か月)=5千円を毎月もらうことができる

運営実績20年の信頼度は抜群

いつ破綻するか分からない海外FX業者が提供しているボーナスならまだしも、リーマンショックさえ乗り越えた運営実績20年を超えるiFOREXから年利3%の利息がもらえるというのは大きな魅力なのではないかと思います。

iFOREX公式サイト

 

iFOREXの強み

iFOREXのレバレッジやロスカット水準などのスペックは?

レバレッジ400倍とロスカット水準0%で最後まで粘る

iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジは400倍で決して高いほうではないですが、ロスカット水準が0%という設定になっています。レバレッジが高くてロスカット水準が高いよりも、レバレッジが低くてもロスカット水準が0%のほうが資金管理は圧倒的にやりやすいです。

ロスカット水準が0%ということは、証拠金維持率が0%になるまでロスカットにならないため、投入している資金ギリギリまでロスカットされずにトレードを続けることができます。

 

追証なしで借金リスクはゼロなので安心!

大半の海外FX業者と同様に、iFOREX(アイフォレックス)もゼロカットシステムを採用しているため追証がありません。追証がないのは海外FXの最大のメリットの一つで、口座への入金額=最大損失額となるため、たとえこの先歴史的な大暴落があったとしても、口座へ入金した以上の損失が出る可能性はゼロです。

 

両建てはOKもボーナスを悪用した両建てはもちろんNG

iFOREX(アイフォレックス)では両建ては許可されています。海外FX業者の多くは追加口座を作ることができますが、iFOREXは1人1口座となっているため、同口座内での両建ては全く問題ありません。

しかし他の海外FX業者と同様に、入金ボーナスを悪用した両建てに関しては出金拒否や口座凍結の対象になるのでやらないようにしましょう。

ボーナスを悪用した両建てアービトラージとは?1.ボーナスが利用できる2つの口座を用意

2.それぞれの口座にボーナスを利用して入金

例)口座Aは5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

口座Bも5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

3.口座Aでドル円のロング、口座Bでドル円のショートを同時にエントリー

4.どちらかの口座がロスカットになったら、もう一方のポジションを利確

5.ロスカット水準0%で考えた場合、一方の口座は10万円の利益になり、もう一方の口座は10万円の損失になるが、この証拠金にはボーナス5万円が含まれているため、実際の損失は5万円となる

6.この結果トータルで5万円の利益を出すことができる

 

高額出金者が多い理由は700を超える取引銘柄

iFOREX(アイフォレックス)では100以上の通貨ペア、600以上のCFD銘柄を扱っていて、このことは他の海外FX業者との大きな差別化になっています。特に私のように中長期トレードをメインとした投資スタイルは月足などの長期時間足と経済の流れを検証しながら投資対象を選別していくので、投資対象が多ければ多いほどトレードには有利です。

なおレバレッジが投資銘柄によって変わってくるので注意が必要です。

レバレッジ 取扱い銘柄の一例
通貨ペア 最大400倍 ユーロ/トルコリラ、ポンド/トルコリラ、スイス/トルコリラなどのスワップポイン投資で人気の通貨ペアの取扱いが多数
商品CFD 最大200倍 原油、ゴールド、パラジウム、天然ガス、トウモロコシなどボラティリティーが高い商品を多数取り扱っている
指数CFD 最大200倍 日経225、ヨーロッパ50、ドイツ30、オーストラリア200他
株式CFD 最大20倍 アップル、グーグル、アマゾン、ソフトバンク、アリババなどの株式CFD取引きをすぐに取引できるのはiFOREXならではの特権
仮想通貨CFD 最大10倍 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインなどの仮想通貨FXが5分後に取引できるのはiFOREXだけ
ETFのCFD 最大10倍 ゴールドトラスト、シルバートラストなどのETF(上場投資信託)もCFD取引が可能

アイフォ戦士の武器は700を超える

iFOREXの武器はすぐに確認できる

iFOREXで高額出金者が多い理由はズバリ700を超える武器です。
1分で完了する登録をすれば、取引できる銘柄やスプレッドをすぐに確認することができるので、まずはiFOREXのアカウント登録をしてiFOREXの700を超える武器を確認してみてください。

iFOREX公式サイトiFOREXの登録は1分で完了

 

iFOREXのスワップポイントは計算不要ですぐに確認できる

iFOREXではMT4が使えませんが、iFOREX(アイフォレックス)の独自プラットフォームFxnetには日本円換算のスワップポイントが計算不要で分かるという大きなメリットがあります。

海外FX業者のほとんどがプラットフォームにメタトレーダーを使っていますが、メタトレーダーの場合は日本円のスワップポイントを知るにはその都度電卓を使って計算をしないといけませんが、iFOREXの場合はスワップポイントが自動計算されて表示されるので、スワップポイントが一瞬でわかります。

スワップポイント表示方法は簡単!

iFOREX(アイフォレックス)の独自プラットフォーム「Fxnet」の通貨ペアをクリックして「商品情報」をクリックすると、すでに日本円換算されたスワップポイントが自動計算されて表示されます。
※オーバーナイト金利=スワップポイント
アイフォレックスはスワップが日本円で表示される
また、取引数量を変更するとスワップポイントも自動計算されます。
例えばスイスフラン/トルコリラの10,000通貨の売りスワップは420円、1,000通貨の売りスワップは42円というように、取引数量を変更すると、それに応じて日本円換算のスワップポイントが自動計算されます。

iforexのFXnetはスワップが自動計算される

iFOREXのスワップポイントは今すぐ確認できる

1分で完了する登録をすれば、取引できる通貨ペアやスワップポイントをすぐに確認することができるので、まずはiFOREXのアカウント登録をしてスワップを確認してみてください。

iFOREX公式サイトiFOREXの登録は1分で完了

iFOREXのスワップポイントをおすすめする理由

・計算不要で日本円換算のスワップが分かる
・スワップだけでなく利息ボーナスももらえる
・レバレッジ400倍、ロスカット水準0%で追証なし
・他の海外FX業者よりもスワップポイントが高い
海外FX業者でスワップポイント狙いの投資をするのであれば、おすすめは断然iFOREXです。

iFOREX公式サイト

 

運営実績20年超えの日本語サポートは抜群

iFOREX(アイフォレックス)には日本語のサポートサイトがあり、それを見ても分からないことがあれば日本人スタッフ対応のチャットで、細かい意志の疎通ができます。

iFOREXの日本語サポートは抜群!

iFOREX公式サイト

 

iFOREXの弱み

金融ライセンスはキプロス登録も、信託保全ではなく分別管理

iFOREX(アイフォレックス)はギリシャのFormula Investment House Ltd.が1996年から運営している老舗中の老舗海外FX業者で、取得が難しいとされているキプロス証券取引委員会(CySEC)の金融ライセンス取得および認可されています。(ライセンス番号143/11)

しかし日本向けのアカウントについては、バージン諸島金融サービス委員会に登録をし同委員会の監督下で、顧客の資金は信託保全ではなく分別管理となっています。

 icon-lightbulb-o 信託保全と分別管理信託保全とは、FX会社が顧客の預入金を信託銀行に信託することで、万一FX会社が破綻した場合でも、預入金は信託管理人を通じて顧客に返還されるという投資家保護スキームのことをさします。
一方、分別管理とは、信託保全と全く同じ意味(信託分別管理)で使われる場合と、単にFX会社が保有している資産と顧客からの預入金を別々に保管するという意味で使われる場合があり、海外FX業者の場合はこの区別が不明瞭なことがほとんどです。
ただ単に保管場所が別な場合は、万一FX会社が破綻した場合は顧客の預入金が返還される保証はありません。

運営実績こそが安全性の裏付け

海外FX業者の安全性を判断するうえで、金融ライセンスなども確かに大事ではありますが、やはり20年を超える運営実績そのものがiFOREXの安全性を証明できるものではないかと思います。
ライセンスよりも、やはり信頼に値するのが20年を超える運営実績です。
リーマンショック、東北大震災、スイスフランショックなど数々の大きな修羅場をくぐりぬけて生き残っているiFOREXの体力は、それだけでも十分な信頼に値するのではないかと思います。
ちなみに、私が海外FX業者を使って投資をはじめたのが2006年くらいからなので、今から13年ほど前になるのですが、その当時海外FX業者で利用者が多かったのは、iFOREXとFXDDあたりではなかったかと思います。当時は使い方もわかりずらく、日本語のサポートも今ほど充実していませんでしたが、今では十分すぎるほど日本語に対応しているので、迷うことなくiFOREXの機能を使いこなすことができるでしょう。

iFOREX公式サイト

 

iFOREXはスキャルピングは禁止?

iFOREX(アイフォレックス)の公式サイトにはスキャルピングが禁止という記載はありませんが、「1日に10回以上のポジションを持つことは禁止」とされています。

スキャルピングが禁止という記載はないもののiFOREXでスキャルピングというのはあまりおすすめできません。

iFOREXのスキャルピングをおすすめできない理由

・iFOREXではMT4が利用できず、Fxnetは操作性がイマイチ
・iFOREXでスキャルピングをやるとスプレッドが広まるという口コミがある
・iFOREXの注文処理はDD方式である

 

MT4が利用できないのはデメリット?

iFOREXではMT4が利用できないので、トレードには独自プラットフォームのFxnetを利用します。

日本円のスワップが計算不要で分かるなどのメリットもありますが、やはりMT4と比較してしまうと操作性やチャート分析をするためのテクニカルやインジケーターの表示による利便性は低いと言わざるをえません。

iFOREXはFxnetでトレード

海外FXで利用されるプラットフォームはMT4が主流ですが、iFOREXではMT4を使うことができずFxnetという独自プラットフォームを利用してトレードをするという事になります。
私の場合はiFOREXを中長期トレード専用で使っているので、MT4が使えないことは全く問題ありませんが、1分足などでエントリーのタイミングを厳密にはかってトレードをする人にはFxnetは不向きと言えるでしょう。
ただ、ポジションの一括決済ができるなど、Fxnetも十分に使い勝手がいい部分もあり、操作方法に慣れてしまえば全く不便を感じないと思います。
iFOREX取引ツール
PC取引は2種類
・インストール型のプラットフォーム Fxnet
・WEBブラウザ型のプラットフォームのFxnet Viewer

スマホアプリ
iFOREX(アイフォレックス)にはスマホアプリも用意されていて、アプリを使ってポジションのチェックや注文が簡単に行えます。MT4と比較してしまうと、決して使いやすいというほどではありませんが、外出先でポジションやチャートをチェックする程度であれば必要十分なのではないかと思います。

 

iFOREXの注文処理はDD方式を採用

iFOREX(アイフォレックス)では「1日に10回以上のポジションを持つことは禁止」という取引制限があるため、国内FX業者のDMMやGMOなどと同じDD業者であることは間違いないです。

DD業者というと出金拒否や口座凍結を心配する人もいると思いますが、iFOREXは20年を超える運営実績があるにも関わらず、出金拒否の噂が全く出てきません。むしろ億を超える出金や数千万円の出金を達成しているトレーダーがたくさんいます。

iFOREXで出金拒否や口座凍結がない理由

20年を超える運営実績があるにも関わらず、iFOREXで出金拒否や口座凍結がない最大の理由は、iFOREXでは「1日に10回以上のポジションを持つことは禁止」という明確な基準があるからだと思います。
DD業者でも「スキャルピングは禁止とはしていないが、過度なスキャルピングは禁止」といったような微妙なガイドラインを設けている海外FX業者もありますが、iFOREXでは1日に10回という明確な基準を設定することによって間接的に短期トレードを禁止しています。
禁止事項がはっきりしていることによって、出金拒否や口座凍結が事前に回避することができるということもiFOREXのメリットの一つなのではないかと思います。

iFOREX公式サイト

 

iFOREXの入出金

iFOREXの入金手段、最低入金額、入金手数料

iFOREX(アイフォレックス)の入金手段はクレジットカード、デビットカード、bitwallet、海外銀行送金が利用可能ですが、国内銀行送金には対応していません。

国内の銀行送金を利用したい場合はbitwalletを経由して入金するという流れがいいでしょう。

入金手段 最低入金額 反映までの時間 手数料
クレジットカード
デビットカード
(VISA、Master、Diners)
1万円 即時 無料
bitwallet 1万円 最大1日 無料
海外銀行送金 1万円 2-5営業日 無料

bitwallet入金は自動反映ではない!

ほとんどの海外FX業者ではbiwallet入金は自動で即時反映ですが、iFOREXは目視によるチェックがあるようです。
最大で1日ほどかかってしまうので、すぐにトレードをしたい場合はカード入金がおすすめです。

iFOREXの出金手段、最低出金額、出金手数料

マネーロンダリング防止の観点から、iFOREXで利益分を出金する場合は、元本分に関しては入金元に返金処理され利益分は銀行振り込み、またはbitwalletを使った出金になります。

例)クレジットカード入金の場合はクレジットカードに返金処理

最低出金額と出金手数料

iFOREXでは最低出金額の制限はありませんが、10万円未満の出金には2,000円の振込手数料がかかります。
10万円以上の出金であれば月3回まで出金手数料は無料ですが、月4回以上の出金には2,000円の振り込み手数料がかかります。

iFOREX公式サイト

iFOREXが稼げる理由

iFOREX(アイフォレックス)から億トレーダーや数千万円を出金するようなトレーダーがたくさん輩出されている理由は、稼げる銘柄がたくさん揃っているからというところにあります。原油や仮想通貨など為替よりも激しい値動きとトレンドが出やすい銘柄で稼いでいる人が圧倒的に多いです。

700を超える投資銘柄から、トレンドが発生しそうな分かりやすい投資対象を選び、一気に勝負をかけていくというのがiFOREXで高額出金をしているトレーダーたちの共通点です。

ハイレバレッジとトレンドの力を借りて、700を超える投資対象から勝負銘柄を選ぶことができるということが、iFOREXが稼げる理由です。

iFOREX公式サイト

 

iFOREXの評判まとめ

今までも、そしてこれからも海外FX業者で最も一攫千金が狙えるのはiFOREX(アイフォレックス)であるということは変わらないと思います。iFOREXのボーナスとレバレッジ、取引銘柄の多さを武器に一気にトレンドに乗ることさえできれば、大きく稼げるチャンスが到来します。

iFOREX(アイフォレックス)の口座開設は1分で終わるので、まずは稼げる銘柄のラインナップを確認してみてください。

クレジットカードやデビットカードでの入金であればすぐに反映されるので、すぐにトレードがしたい人は口座開設から5分後にはトレードができてしまいます。仮想通貨、アメリカ株、日本株のCFD取引きが5分後にできてしまうのは、iFOREXに他ないでしょう。

iFOREX公式サイト

iFOREXの口座開設は1分で完了