海外FX スワップポイントで稼ぐ!~稼ぎ方の基礎編~

 

LINE登録がおすすめ!

LINE登録で当サイト管理人が相場で13年間培ったトレードノウハウを無料で学ぶことができます

 

優位性の高いトレードロジックも定期的にLINEで無料配布しますので、ぜひご登録いただきトレードスキルアップにお役立てください。トレードに関する質問なども可能な限りLINEでお答えさせていただいています。

友だち追加

 

海外FXの稼ぎ方~基礎編~

FXの情報商材などで「FX初心者でも簡単に勝てる!」

という謳い文句はよくみかけますが、ここでは本当にFX初心者でも簡単にできる、海外FX業者を使ったトレード手法の具体的なやり方を書いていきます。

この方法は私が実際にiFOREXとFXDDを使って1年で2,000万を稼いだ方法で、今もなお安定して稼ぎ続けることができている手法ですが、中長期に渡ってポジションを保有するスイングトレードがベースなので、国内FX業者を使ったトレードは追証リスクを伴うため非常に危険なので、必ず海外FX業者を使うようにしてください。

 

トレード手法3つについて別の記事に簡単にまとめましたので、こちらの記事のほうが簡易的で分かりやすいと思います。

 icon-arrow-circle-right  海外FXの稼ぎ方 3つのトレード手法

 

バフェットから学ぶ

トレード手法のベースは、三大投資家の一人ウォーレンバフェットの考え方に基づいています。

ただ、株ではなくウォーレンバフェットの考え方を基に、FXや商品に投資をしていくという感じです。

ウォーレンバフェット

損をしてはいけない

icon-quote-left 金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。

【ルール1】絶対にお金を損しないこと

【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと icon-quote-right

 

安く買うこと

icon-quote-left 私の仕事とは、大きな安全域の中で「企業の内在的な価値」と「市場価格の差」を利用して利益を得ること。

これに尽きます。

価値が1億ドルの事業を9,900万ドルで買ってはいけないということです。

時価に対して大きな安全域を有した価値ある銘柄を探すべく、誰よりも投資先を調べ上げ慎重にタイミングを図るのです。 icon-quote-right

 

「損をしてはいけない」「安く買う」というシンプルな2つの考えを、スイングトレードとデイトレを融合させカスタマイズしたのが、私が13年間勝ち続けているトレード手法です。

 

稼ぎ方のコツは「実需」

トレード手法と聞くと、テクニカルを使ったテクニックを想像する人がほとんどだと思いますが、私のトレード手法はまず投資の対象を絞り込むところからスタートしています。

そして投資の対象とする絶対条件は「実需がある」ことです。

「実需がある」とは簡単に言うと、「なくなると困るもの、なくてはならないもの、なくなる可能性が限りなくゼロに近いもの」と私は定義しています。

 

ウォーレンバフェットが言うところの「大きな安全域」=「実需」だと思っています。

 

私は仮想通貨も遊び程度でやっているのですが、本腰を入れて投資をする気は全くありません。

なぜなら仮想通貨は明日なくなったとしても、何の不自由もないからです。

つまり、仮想通貨には実需はないと私は思っています。

 

なので、主に私が投資の対象とするのは「通貨」「商品先物」「株価指数」などです。

 

安く買って高く売る

「安く買って高く売る」ということさえ出来れば、投資では必ず勝つことができます。

なので、長期的な目線で見て、「安い」「お値打ち価格だ」と思えるような投資対象をその時に判断して投資を開始します。

 

これもウォーレンバフェットの考え方を全くマネていますが、ウォーレンバフェットの場合は「バイ・アンド・ホールド」が真骨頂なので、お値打ち価格で買った株をずっと保有しているのですが、私の手法はデイトレの要素も組み込んでいるので、この部分ではバフェットの手法とはちょっと異なってきます。

 

日銀の介入

手法の説明をするにあたって、何か例があったほうが説明しやすいので、ここでは豪ドル円のロングを例に説明していこうと思います。

まず、2019年6月の今の時点では豪ドルを円で買う(AUD/JPY)のが、お値打ち価格に感じます。

では、オーストラリアドルを円で買うのかという理由について書いていきます。

 

長いことFXをやっている人は分かると思いますが、円高が進行すると日銀の金融政策が発動します。

ここではとんでもなく長くなってしまう話になるので、日銀介入の詳細については書きませんが、簡単に言うと「ある程度円高が進行すると日本政府の権限、資金によってクロス円が上昇するということです。

日銀介入を利用したFXの鉄板手法

 

上のチャートはドル円の月足チャートですが、東北大震災、イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票の時には明らかに日銀の為替介入があり、円高に歯止めがかかっています。

東北大震災の時は、最初のうちは日本市場が開いているときに日銀が介入し円安になり、日本時間がクローズになると円高になるという攻防が続いていましたが、のちに日本だけでなく他の国も円安に為替操作をする「協調介入」が発動し円安が加速しました。

 

私がiFOREXやFXDDを使って簡単に2,000万円を稼ぎ出しのはこのタイミングです。

76.0円で日銀が露骨に介入していたので、私は損切ラインを60円くらいにするという資金管理でAUD/JPYの買いを仕込んだのです!

海外FX鉄板投資法

イギリスの国民投票時は、安倍首相が介入を匂わす発言を連発していたので、それだけでも円高に歯止めがかかっていたのは明らかでした。

「介入をするよ」という日本国首相の発言は、ドル円を売っている人にとっては恐怖なので、売りポジションを決済する人が続出し、結果として円安に傾いていくという流れにもなります。

売り手に対して抑止力が働くわけですね。

 

ちょっと長くなってしまったが、要するに「明確なラインは決まっていないが、円高が進行すると国が資金を投入して円安にする力が働く」ということ。

こんな大きなメリットをトレードに利用しない手はないです。

 

インカムゲイン

FXには通貨の売買で得ることができるキャピタルゲインと、通貨を保有していることで得ることができるインカムゲインがあります。

そのインカムゲインの代表がスワップ金利です。

通貨間で金利格差がある場合、その差額をスワップ金利としてもらう(または支払う)のですが、豪ドルは高金利通貨の代表格です。

今となってはAUD/JPYのスワップは微々たるものですが、昔は1万通貨で120円くらいのスワップがもらえました。

 

豪ドル以外にも、ランド、トルコリラ、メキシコペソなどの高金利通貨はありますが、今の世界情勢を考えると豪ドルを選ぶのがベストではないかと思います。

 

私のトレード手法は損切は一切せずに、資金管理だけでトレードで勝ち続ける方法なのですが、最も怖いのは投資している通貨の価値が全くなくなってしまうことです。

つまり、豪ドルを買ってもそれが紙切れ同然になってしまった場合は損失になってしまいます。

 

恐怖で買って歓喜で売る

豪ドルが紙切れになってしまっては、ここで書いているトレード手法が通用しなくなってしまうのですが、豪ドルは鉄鉱石や石炭などの天然資源が豊富なため「資源国通貨」とも言われ、そんな通貨が紙切れ同然になってしまうことは非常に考えずらいです。

また現在は、豪ドルが利下げ傾向にあること。

そして、米VS中国の貿易戦争の真っ最中なので、中国景気の影響を大きく受けるオーストラリア経済にも大きな不安要素があること。

このような不安要素が出揃っているということを考えると、豪ドル円は今お手頃価格に近いのかなと思うのです。

「恐怖で買って歓喜で売る」とは非常に的を射た格言で大好きなのですが、利下げや米VS中国の貿易戦争などの不安要素がかなり出そろっている今こそ、豪ドルをお値打ち価格で買うチャンスなのではないかと思っています。

 

資金管理だけで勝つ

では実際のトレード手法ですが、今日からFX初心者でも簡単にできるトレード手法だと思います。

まず最初に豪ドル円がこれ以上は下がらないだろうというラインを決めておきます。

 

豪ドル円の月足チャートを見てみると

リーマンショック 55.00円

東北大震災 75.50円

イギリスの国民投票 72.50円

などが過去の大きな節目になっていますが、最初のロスカットラインはこれらの節目よりもさらに下に置くほうがいいです。

仮にロスカットラインを40円あたりに設定して資金管理をするとします。

 

まず最初にすることは、今の水準からロスカットラインまでの幅がどれくらいあるかを見ます。

今のレートが75.50、ロスカットラインが40円なので、仮に1万通貨(MT4の0.1ロット)のロングポジションを1つ持つとすると、35万以上の資金が必要になります。

なので、まずは自分が投資する金額を決めて、そこから逆算して取引ロットを調整するのがいいです。

また、これから説明していきますが、保有するポジションは1つではないので、資金が少ない人はXMのマイクロ口座を使うのがいいと思います。

XMのマイクロ口座であれば、1ポジション10通貨からトレードができます。

 

トレード手法

トレードで実際に使っていくテクニカルはボリンジャーバンドだけなのですが、まず大事なのは今のレートからロスカットラインまでの幅と資金、ロスカット水準を照らし合わせて、保有できる最大ポジションを知ることです。

 

まずはボリンジャーバンドをチャートに表示しましょう。

パラメーターはMT4のデフォルト(期間2、偏差2)で大丈夫です。

 

使う時間足は4時間足あたりがベストで、トレード方法はバンドの下にタッチでロングエントリー、上にタッチしたら利確の繰り返しという単純なもの。

値動きの大きな特徴は、上がるにせよ下がるにせよ波を打ちながら動いていくので、その波を利用してトレードをしていきます。

「安く買って高く売る」というのが基本なので、ボリバンの上下でエントリーと利確で十分です。

 

当然、今のようの下降トレンドであれば上にタッチしてもマイナスの時もありますが、マイナスポジションは決済せずに、そのまま塩漬けにし、スワップの金利をひたすらいただくようにします。

複数ポジションの同時決済

例えば、現在下のような3つのポジションを持っている場合は、BとCのポジションを同時に決済し+400円で利確とし、ポジションAはそのまま塩漬けにします。

ポジションA(含み損) -1,500円

ポジションB(含み損) -800円

ポジションC(含み益) +1,200円

 

円高が進行すればするほど含み損のポジションが増えてしまうので、複数ポジションを決済することによって保有するポジションを少なくしていくのが、この手法のポイントです。

そして、自分が決めたロスカット水準まで資金が耐えられるようにポジションの数を保つことが何よりも重要となります。

 

こんなことやると含み損がどんどん膨らんでいくのでは?と思うかもしれませんが、下落の道中で利確できるポジションも多いため、含み損よりも利確済みの金額が大きくなるケースがほとんどです。

 

トレードの実践記録を以下で公開しています

 icon-arrow-circle-right  海外FX スワップポイントで稼ぐ!~稼ぎ方の実践編~

 

脱損切貧乏

おそらくこのサイトを訪れた人で、FXで勝ち続けている人というのはごく一部だと思いますが、FX負け組の多くは損切貧乏なのではないかと思います。

勝てないトレード手法を使って損切を繰り返し、トレードで神経をすり減らしたあげく、資金をどんどん減らしていくという悪循環に陥ってしまっている人があまりにも多すぎるのが、日本のトレーダーの現状ではないでしょうか。

トレード手法がシンプルでも、FXは資金管理だけで利益を出すことができるということに一人でも多くの人に早く気づいてほしいですね。

 

バフェットの2つのルールを資金管理をしながら守っていきましょう。

icon-quote-left 金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。

【ルール1】絶対にお金を損しないこと

【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと icon-quote-right

 

おすすめの海外FX業者

私のトレード手法は使う業者によって利益が大きく変わってくるので、私がおすすめをするFX業者を書いていきます。

おすすめの海外FX口座は下の3つの条件を満たしている業者を選ぶことです。

1.破綻しなそうな海外FX業者

2.トレードの利益以外にもメリットがあるFX業者

3.入金ボーナスなどで、トレード資金を水増しできる海外FX業者

 

アイフォレックス

ここで公開しているトレードに最もおすすめする海外FX業者は、ダントツでアイフォレックスです。

キプロスにライセンス登録があり、しかも20年以上の運営実績がある老舗中の老舗の海外FXブローカーなので、安全性という面では非常に高いです。

 

このトレード手法は資金にゆとりを持ってトレードをしていくので、どうしても眠っているお金が多くなるのですが、iFOREXの場合は預入金キャッシュバックがあるので、お金を眠らせることがありません。

 

iFOREXのボーナスについて以下で詳しく解説をしています。

 icon-arrow-circle-right  iFOREXの評判は?ボーナス、スプレッドなど20項目鬼まとめ

 

XM

XMのマイクロ口座であれば最小取引枚数が10通貨からなので、資金が少なくても私のトレード手法が十分に通用します。

XMのマイクロ口座はMT4の0.01ロットが10通貨なので、ロスカットラインまで3,000pipsの幅があったとしても、資金1万円であれば10ポジション以上を持つことができます。

 

XMのマイクロ口座を使って、まずは負けないトレードを自分で経験してみてください。

XMのマイクロ口座について以下に詳しくまとめています。

 icon-arrow-circle-right  XMを海外FX初心者におすすめする理由~XMのマイクロ口座活用法~

 

ノーリスクで手法を試す

海外FX業者には未入金ボーナスというボーナスがあり、口座開設をするだけでトレード資金をプレゼントしてくれる業者があります。

この未入金ボーナスを使えばノーリスクでトレードができるので、試してみてください。

以下の海外FXのボーナス一覧から「未入金ボーナスキャンペーン」を探してみてください。

 icon-arrow-circle-right  海外FX業者のボーナス、キャッシュバック最新情報

 

トレード手法3つについて以下に簡単にまとめています。

 icon-arrow-circle-right  海外FXの稼ぎ方 3つのトレード手法