国内FX 追証の恐怖

おそらく10年を超える投資経験がある人で、いまだに国内のFX業者でトレードをしている人はほとんどいないことでしょう。

私のトレーダー仲間にもFX歴10年を超える人はたくさんいますが、部分的に国内FX業者を使っている人はいますが、メインで国内FX業者を使っている人は一人もいません。

ではなぜFXの経験者ほど海外のFX業者を使うようになるのでしょうか?

 

国内口座で追証を経験

実は恥ずかしながら私自身、先物取引で追証を支払った経験があります

当時からFXでは利益は出すことが出来ていたので、調子に乗っていたせいもあり、ほとんど知識もないまま、知人のすすめで北辰物産という先物取引の老舗で金と銀を買っていたのです。

 

証拠金として300万を預け入れてトレードをしていたのですが・・・

ある年のGW中に金や銀が大暴落し、GWウィーク明けにはサーキットブレーカーが発動しました。

その結果、預け入れた300万を失っただけでなく、さらに200万ほどの支払いをしなければならないということになってしまったのです。

 

国内FXはリスク管理が不可能

投資をやるからには常にリスク=最悪の事態を考えなければなりません。

そしてそのリスクをコントロールするのがリスク管理です。

 

海外のFX業者であれば、ほとんどの業者がゼロカットシステム(追証がない)を採用しているので、リスク管理は簡単です。

口座に200万円を入れてトレードをすれば、最大のリスクは200万円です。

 

しかし国内のFX業者の場合はどうでしょうか?

口座に200万円を入れてトレードをしても、数千万円の損失になる可能性が考えられるのです。

つまり国内業者でFXをする場合、リスクのコントロールが自分でできないのです!

 

ロスカット注文が約定しない相場

レバレッジ取引には証拠金維持率が設定されていて、それを下回ると追証が発生するというのは皆さんご存じだと思います。

証拠金維持率が基準より下回ってくると、追証、または建玉の決済をうながすアラートメールがきます。

このようなアラートメールが来るような状況であれば、それほど大したことない問題ないのですが、最も恐ろしいのは、取引所が機能しなくなったり、注文が通らなくなるような状況です。

 

「ハイレバでビットコインFXやってるけど、最悪でもロスカットになるからね」なんてことを言っている人は、とんでもなく大きな間違いです!

ロスカットの注文さえ約定しない相場というのが実際にあるのです!!

 

スイスフランショック

2015年1月15日 スイス銀行がスイスフランの永続介入をやめることがきっかけとなり、EUR/CHFは20分で3,800pipsの大暴落となりました。

この時、海外FX業者でトレードをしていた人たちはゼロカットシステムによって、預け入れた証拠金以上の債務を免れることができました。

しかし、国内FX業者でトレードをしていた人たちは、預入がゼロになるだけでなくさらに債務を背負うという人が続出したのです。

 

国内FX業者を使う限り、このようなとんでもないリスクがあるということを、ぜひ頭に入れておいてほしいです。

 

海外FXのハイレバレッジは怖い?

誰が言い始めたかは分かりませんが、「ハイレバレッジが怖い」はずがありません。

建玉は自分で建てるものなので、レバレッジは自分でコントロールできるものです。

 

500倍のレバレッジでしかトレードできませんよ!というのであれば怖いですが、レバレッジは自分でコントロールするものなので怖いはずがないのです。

ただレバレッジをフルに活用したギャンブル的なトレードをやろうと思えばできてしまうので、それを自分でコントロールできない人は資金がすぐに底をついてしまうということは考えられます。

 

国内業者で仮想通貨FXは最も危険

特に仮想通貨FXの場合、為替相場よりもパニック相場になることが容易に想像できます。

おそらくいずれ大惨事が起こるのではないかと思っています。

 

今のビットコインの価格は85万くらいですが、明日の朝起きたら長い下ヒゲをつけて60万くらいになっているということは十分考えられますよね。

相場がパニックになっている時というのは、サーバーがダウンしたりする場合も多いです。

ようやくサーバーがつながったと思ったら、30万くらいまでヒゲをつけて60万になっているということも十分に考えられます。

持っていたポジションが30万で決済されていて、追証100万円払ってくださいという可能性があることを知っておかなければいけません。

現物であれば国内で十分ですが、レバレッジ取引をやるのであれば追証がない海外ブローカーを使うのがベストです。

 

海外FX業者のリスク

もちろん海外FX業者を使うリスクというのもあります。

スイスフランショック以上の暴落がこの先もあるでしょうし、どこの業者がいつ破綻するかということは全く分かりません。

たとえ分別管理や保険の加入による預入金の保証を売り文句にしていたとしても、実際は事態が起こってからでないと分からないです。

ただ一つだけ言えることは、海外FX業者を使う限りは「最大の損失額=預け入れた金額」という等式が成り立ちます。

つまり、リスク管理は自分でできるということです。

 

しかし、国内FX業者の場合は預け入れた金額以上の損失が出る可能性が十分にあるということが言えます。

 

今まで国内業者でFXをやっている人にとっては、海外業者を使っていくという不安はあるとは思いますが、いくら損をするか分からない状況下で、国内業者でFXを続けるのはあまりにもハイリスクなのではないかと私は思います。

自分でリスクコントロールができない投資ほど怖いものはないのです。

 

もしこれから海外FXを試してみたいという人は、まずは口座に1円も入金することなくリアルトレードができる未入金ボーナスを使ってノーリスクで海外FXを体験してみてください。

 

海外FXのボーナス最新情報は以下にまとめています。

 icon-arrow-circle-right  海外FX業者のボーナス、キャッシュバック最新情報