世界三大投資家と言われているウォーレンバフェット、ジムロジャーズ、ジョージソロスは一体どのような投資法でその資産を増やしているのでしょうか?

「チャートに張り付いてスキャルピングをやっている」はずはもちろんないですが、投資法は違っても投資に対する本質的な考え方など、学べるところはたくさんあると思いますので、それぞれ見ていくことにしましょう。

世界三大投資家のトレード手法を学ぶ

 

ウォーレン・バフェット

Warren Edward Buffett

世界最大の投資持株会社、「バークシャー・ハサウェイ」の筆頭株の死であり、同社の会長兼CEOを務める。

 

ウォーレン・バフェットの投資法

バフェットの投資は主に株式の購入ですが、投資法はいたってシンプルです。

いい銘柄を見つけ、いいタイミングで買い、それを持ち続けるという「バイ・アンド・ホールド」と言われる投資法です。

株式を買う前のリサーチを徹底的にした上で、安いと思える価格になったタイミングで株式を大量に取得するという投資スタイルで、自分の基準を満たすような優れた企業であれば、株式の購入にとどまらず会社を買収することもあります。

 

バフェットが投資する条件としてあげているは、この4つの条件です。

「自分がその事業の内容(ビジネスモデル)を理解できること」

「長期的に業績が良いことが予想されること」

「経営者に能力があること」

「魅力的な価格であること」

 

バフェットの名言から学ぶ

icon-quote-left  私の仕事とは、大きな安全域の中で「企業の内在的な価値」と「市場価格の差」を利用して利益を得ること。これに尽きます。

価値が1億ドルの事業を9,900万ドルで買ってはいけないということです。

時価に対して大きな安全域を有した価値ある銘柄を探すべく、誰よりも投資先を調べ上げ慎重にタイミングを図るのです。  icon-quote-right

 

簡単に言うと、「徹底的なリサーチにより自分が安全と思える会社の株をお値打ち価格で買う」ということですね。

 

 

icon-quote-left  他人が慎重さを欠いているときほど、自分たちは慎重に事を運ばなければならないということです  icon-quote-right

パニック相場こそ、バフェットがお値打ち価格で株を購入できるチャンスです。

先ほどの名言で書かれていた ”「企業の内在的な価値」と「市場価格の差」” が広がってくるのがパニック相場、つまり「他人が慎重さを欠いているとき」なわけですね。

 

icon-quote-left  株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。これに尽きます  icon-quote-right

 

icon-quote-left  ルール その1:絶対に損をするな。ルール その2:絶対にルール1を忘れるな  icon-quote-right

 

実は私が13年間利益を出し続けているトレード手法のベースは、バフェットの投資スタイルにあります。

当然、バフェットのような莫大な資金では無理なので、自分なりにカスタマイズをしてトレードをしているという感じですね。

「損をしてはいけない」「安く買う」というシンプルな2つの考えを、スイングトレードとデイトレを融合させカスタマイズさせた私のトレード手法は、無料で公開していますので興味がある方は、ご覧になってみてください!

 

 icon-arrow-circle-right  海外FX スワップポイントで稼ぐ! ~稼ぎ方の基礎編~

 

ジム・ロジャーズ

ジムロジャーズの投資法から学ぶ

 

Jim Rogers

クォンタムファンドの共同設立者。ロジャーズ・ホールディングスの会長。

 

ジム・ロジャーズの投資法

ジム・ロジャーズの投資手法はバフェットが真骨頂とするバイ・アンド・ホールドという手法ではありません。

また、投資の対象は株式、通貨、商品、オプション取引などさまざまな取引をおこなうのが大きな特徴です。

 

その時の国際情勢や国の金融政策など様々なことを徹底的に分析・リサーチをすることで、大きな経済の流れを予想し、その状況に応じて投資をする。

状況に応じて株式の空売りなどアグレッシブな取引をするのが大きな特徴です。

国際情勢や経済の流れを予想し、利益が出そうなポジションをとることがジム・ロジャーズの投資手法で、その投資スタイルはグローバル・マクロと呼ばれています。

 

ジム・ロジャーズは、リーマンショック前にファニーメイ(住宅ローンの業務を担う連邦住宅抵当公庫)やシティーバンクなどの株を空売りしたことで莫大な利益を出したことはとても有名です。

アメリカの住宅と金融を中心にした資産価値が高騰していたバブルの真っ最中に、ジム・ロジャーズは住宅と金融の株を空売りしたのです。

 

根拠に基づいた逆張りの発想

ジムロ・ジャーズとウォーレン・バフェットの投資スタイルには違いがあるものの、ある共通点があります。

それは、徹底したリサーチなどによって裏付けられた「根拠のある逆張り」です。

 

「歓喜で売って恐怖で買う」という投資格言は非常に有名ですが、バブル真っ最中で全米中が歓喜で満ち溢れている時に、ファニーメイの空売りをしたのがジム・ロジャーズであり、自分が目星をつけた会社の株が値ごろ価格になるまでじっと待ち、一般投資家たちが恐怖を感じるような暴落時に、冷静に株式を購入するのがバフェットなのです。

 

ジョージ・ソロス

ジョージ・ソロスの投資法から学ぶ

George Soros

ソロス・ファンドマネジメントの創設者であり、「イングランド銀行をつぶした男」の異名を取る。

 

ジョージ・ソロスの投資法

icon-quote-left  私は利益のにおいを嗅ぎつけると、まず投資し、そのあとで調査するというルールに従った。  icon-quote-right

 

ジョージ・ソロスの投資法は ”まずは投資をする” という大きな特徴があります。

とりあえず良さそうな銘柄に少し投資をして、そのうえでリサーチを重ね自分の方向が正しいかどうかを判断し、間違っているのであれば素直に撤退し、合っていると判断した場合は、その銘柄に本格的に投資を行っていくというものです。

 

そして

icon-quote-left  市場は常に間違っている  icon-quote-right

という名言も有名です。

 

まずは投資をしてみて、間違っていると判断した時はあっさりと間違いを認める。

 

icon-quote-left  私が確かに人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。

それが私の成功の秘密なのです。  icon-quote-right

 

バフェットの場合、投資をする前に徹底的なリサーチをし、その銘柄を買うとなれば大量の株を購入するという投資スタイルでしたが、ジム・ロジャーズは対照的でしたね。

 

それぞれ投資スタイルに違いはあるものの、3人に共通する部分もあります。

 

それは経済の大きな流れを常に見て投資をしているというところです。

 

ぜひ皆さんも短期的な目線で損得を考えるのではなく、長期的な目線で投資をしていくということを始めてみてはいかがでしょうか?

 

私が13年間続けているトレード手法も、まずは長期的な目線でその方向性を見定めていくことから始めます。

これによって、チャートに張り付くことなく、神経をすり減らすこともなく無理なく資産を増やすことができています。

 

ぜひ一度私のトレード手法をのぞいてみていただければと思います。

 icon-arrow-circle-right  海外FX スワップポイントで稼ぐ! ~稼ぎ方の基礎編~