日本人口座開設者断トツでNo.1のXM。トレードに慣れてきた人の中には、資金効率が高いスキャルピングをXMでやる人も多いと思います。この記事ではXMのスプレッド比較をもとに他の海外FX業者との取引コストを徹底的に比較し、XMでスキャルピングをやるメリットがあるかどうかを検証していこうと思います。

XMはスキャルピングに向いている?

XMがスキャルピングに向いているかどうかは別として、まずはXMでスキャルピングをやることがガイドラインに抵触しないかどうかをチェックしたいと思います。XMの公式サイトのQ&Aを見てもスキャルピングは認められています。

XMはスキャルピングは認められている

 

海外国内問わずDD業者(ノミ業者)ではスキャルピングが禁止されていたり、スキャルピングの回転率に制限があるのですが、XMはNDD業者なのでスキャルピングの制限は一切ありません。そういった意味で、XMでは出金拒否や口座凍結の心配を一切することなくスキャルピングをすることができると言えます。

 

XMとTradeviewのスプレッド比較

XMは日本人の利用者が最も多い海外FX業者ですが、他の海外FX業者と比較してスプレッドが広いということはよく知られています。XMでスキャルピングをやるとすれば、スプレッドが狭いZERO口座になると思うので、XMのゼロ口座(ZERO口座)と、TradeviewのILC口座の取引コスト(スプレッド)にどれくらいの差があるかを見てみたいと思います。比較が分かりやすいように、両口座とも取引手数料+スプレッドを表にまとめました

XMのゼロ口座(ZERO口座)、TradeviewのILC口座ともにボーナスが一切ないという互角の条件ですが、取引コストで倍近くの差があることがはっきりと分かります。多少の差であればまだしも、ここまでスプレッドに差が出てしまうと、XMでスキャルピングを中心としたトレードをやるというのは、あまりおすすめできないと言わざるをえません。

XM ZERO口座 Tradeview ILC口座
USD/JPY 1.1pips 0.6pips
EUR/USD 1.1pips 0.6pips
EUR/JPY 1.6pips 0.9pips
GBP/USD 1.6pips 1.0pips
GBP/JPY 2.1pips 1.0pips
AUD/USD 1.4pips 0.7pips
AUD/JPY 2.0pips 1.0pips

 

XMのスキャルピング損失シュミレーション

では実際にXMのスキャルピングとTradeviewのスキャルピングでどれくらい取引コストに差が出てしまうのかをドル円のトレードで見ていきます。上のスプレッド比較でドル円は0.5pipsの差があるので、これをもとにXMのスキャルピングがどれだけ損なのかということを見ていきたいと思います。

※1ドル108円の為替レートで算出しました。

1万通貨で1日10回のスキャルピングをした場合

1日あたりの損失 540円

1か月あたりの損失 11,340円(月間21日として算出)

1年あたりの損失 136,080円

1万通貨で1日20回のスキャルピングをした場合

1日あたりの損失 1,080円

1か月あたりの損失 22,680円(月間21日として算出)

1年あたりの損失 272,160円

 

たった1万通貨のトレードでも年間で考えるとかなりの金額になってきます。

スキャルピングをやる場合は1.0ロット(10万通貨)くらいの人も多いと思うので、次は1.0ロットで計算をしてみます。

10万通貨で1日10回のスキャルピングをした場合

1日あたりの損失 5,400円

1か月あたりの損失 113,400円(月間21日として算出)

1年あたりの損失 1,360,800円

10万通貨で1日20回のスキャルピングをした場合

1日あたりの損失 10,800円

1か月あたりの損失 226,800円(月間21日として算出)

1年あたりの損失 2,721,600円

10万通貨で1日30回のスキャルピングをした場合

1日あたりの損失 16,200円

1か月あたりの損失 340,200円(月間21日として算出)

1年あたりの損失 4,082,400円

 

ここまでくると取引コストの損失だけで年間400万円を超えることに・・・スプレッドが0.5pips違うだけで、ここまで差が出てくるのは実際に数字を見ないと実感が湧いてこないですね。スプレッドはその場でお金を払っているわけではないためあまり意識しない人も多いですが、FX業者が違うだけでとても大きな差になっているということを知っておいたほうがいいですね。

大ロットで本格的にスキャルピングをやろうと考えている人は『海外FX業者おすすめ厳選7社!』のスキャルピングにおすすめの海外FX業者をご覧になってみてください。

 

XMのゼロ口座でスキャルピングは厳禁

これだけの損失を見てしまうと、XMはスキャルピングを中心としたトレードには不向きであるということがよく分かります。スキャルピングは大きい取引ロットでやる人が多いので、ちょっとしたスプレッドの差でも取引コストが大きく変わってきます。

当サイトでもXMをおすすめしていますが、XMはやはりスタンダード口座でボーナスやキャッシュバック(ロイヤルティプログラム)をもらってトレードをするというトレードスタイルがおすすめです。

XMのスタンダード口座はこんな人におすすめ

入金ボーナスでトレード資金を増やしてトレードがしたい

トレードするたびにキャッシュバックがあるほうがいい

・デイトレやスイングトレードが中心

・安全性が高い海外FX業者でトレードがしたい

・DD業者(ノミ業者)ではなくNDD業者でトレードがしたい

・出金拒否や口座凍結の心配をしたくない

・日本語サポートが充実しているかいがいFX業者でトレードをしたい

まだXMに口座開設していない人は、まずは資金を入れずにもらうことができる口座開設ボーナス3,000円をもらって、XMの使い勝手の良さを確認してみてください。

 

>>XM公式サイト

 

XMの詳細については『XMの評判は?ボーナス、スプレッドなど21項目まとめ』を参考にしてください。

XM口座開設の特典

当サイトからXMの口座を開設し規定の条件を満たすと【世界ランキング第3位】【国内断トツ第1位】を獲得したデイトレロジックをプレゼントさせていただきます。ロジックプレゼントの詳細は『FXデイトレロジック無料プレゼント』をご確認ください。FXで安定した利益を出せていない人は、世界で認められたトレード手法を無料で学んで勝ち組トレーダーへと転身してください。

 

海外FXの口座開設で迷っている人は『海外FX業者おすすめ厳選7社!』を参考にしてください。

 

海外FXのボーナスから海外FX業者を選びたい人は『海外FXのボーナス最新情報』をチェックしてみてください。