この記事では海外FX業者のA-book(NDD業者)であり、なおかつボーナスがあるSTP口座の比較をしています。最もおすすめのSTP口座をボーナスとスプレッドの比較をしながら探っていきたいと思います。

海外FX業者のA-book

海外FX業者のA-bookを比較していく前にA-bookをリストアップしてみます。A-bookかB-bookかという判断はガイドラインの取引制限でおおよその見当がつくので、公式サイトでA-bookを語っている海外FX業者であってもガイドラインの内容でA-bookかB-bookかを判断しています。

海外FXのA-bookリスト

私がA-bookと判断している海外FX業者は、XM、Tradeview、ANZOCapital、HotForex、TTCM、AXIORY、MiltonMarkets、TitanFX、FBS、MyFXMarkets、FXProです。

なお、LANDFXに関しては公式サイトでリクイディティプロバイダーやアグリゲーターとの契約を示唆していますが、あの内容は欧州向けにサービスを提供しているLANDFX UK Ltdのものであって、日本にサービスを提供しているLAND-Primeのものではないと判断しB-bookとしています。

海外FXのA-bookとは?

海外FXの注文処理でNDD方式を採用しているFX業者をA-bookと呼びます。NDD方式とはトレーダーの注文を直接リクイディティプロバイダー(金融機関)やアグリゲーターに流すことによって、その際の手数料をFX業者の利益にするという注文方式です。

FX業者の利益は取引手数料だけなので、トレーダーの勝ち負けはFX業者の利益とは関係ないので、トレーダーと業者の利益が相反することはありません。むしろトレーダーとFX業者にはWin-Winの関係が成り立つため、取引ロットやトレード手法に制限がなく、透明性の高いトレードをすることができます。

海外FX業者のSTP口座とは?

NDD方式にはSTPとECNの2通りの注文方式があります。STPとはトレーダーの注文はFX業者からリクイディティプロバイダーへ流され、カバー先の中から最適な価格にマッチングされるというスタイルです。一方のECNは取引市場におけるトレーダーの売買注文同士をマッチングさせる注文方式です。

なお、STPはスプレッドに取引手数料はマークアップ(上乗せ)されていますが、ECNはスプレッド+取引手数料がかかるという仕組みになっています。

STP口座のメリット

海外FX業者の多くはECN口座をスプレッド圧縮に特化した取引口座とし、ECN口座ではボーナスを適用しないというケースがほとんですが、STP口座ではボーナスを実施してる海外FX業者も多いです。

つまり海外FXのSTP口座は、トレードの透明性を追求しながらも、ボーナスを受け取ることができる最強の取引口座ということができます。

STP口座はこんな人におすすめ

出金拒否や口座凍結を気にせずにトレードがしたい

・1.0Lot以上の大ロットでトレードをしたい

・スキャルピングを中心にトレードをやりたい

取引の透明性を重視しながらもボーナスがほしい

ボーナスを生かした一攫千金の大ロットトレードがしたい

今までボーナスが充実したB-bookを使っていたけども、A-bookに切り替えて透明性が高い環境でトレードがしたい、しかもボーナスも捨てがたいという人におすすめなのがA-bookのSTP口座です。

 

ボーナスが充実した海外FXのおすすめA-book

A-bookとしてリストアップしている海外FX業者はXM、Tradeview、ANZOCapital、HotForex、TTCM、AXIORY、MiltonMarkets、TitanFX、FBS、MyFXMarkets、FXProの11社ですが、この中で常時ボーナスのある海外FX業者はXM、HotForex、FBSの3社だけとなります。

A-bookのSTP口座スプレッド比較

XM、HotForex、FBSのボーナスが適用されるSTP口座の平均スプレッドを比較してみます。XMのスタンダード口座、HotForexのプレミアム口座、FBSのスタンダード口座がボーナスの対象となるSTP口座なので、スプレッドを比較してみましょう。

スプレッドだけを見てしまうとXMのスプレッドが広いですが、XMにはロイヤルティプログラムというキャッシュバックがあるため、最大1Lotあたり0.7pips程度スプレッドを圧縮することができます。それを考えるとXMとHotForexのスプレッドがいい勝負で、FBSのスプレッドがやや狭いということが言えます。

XM
スタンダード口座
HotForex
プレミアム口座
FBS
スタンダード口座
USD/JPY 1.6pips 1.7pips 1.5pips
EUR/USD 1.8pips 1.2pips 0.9pips
EUR/JPY 2.5pips 1.7pips 2.0pips
GBP/USD 2.2pips 1.8pips 0.8pips
GBP/JPY 3.6pips 3.0pips 2.5pips
AUD/USD 2.0pips 1.5pips 0.9pips
AUD/JPY 3.4pips 2.3pips 2.0pips

 

HotForex

海外FX業者のA-bookで最もボーナスが充実しているのはHotForexです。HotForexの3つのボーナスを簡単に見ていきましょう。

スーパーチャージボーナス

100%入金ボーナス+$2/1Lotの出金可能なキャッシュバックがもらえるという非常に熱いボーナスです。しかも、スーパーチャージボーナスの上限は$50,000(500万円)で、初回入金だけでなくいつ入金をしてもボーナスが適用されるという使い勝手抜群のボーナスなのです。

しかし、スーパーチャージボーナスの入金ボーナスは口座残高がゼロになるとボーナスが消滅するなどの制限があります。ボーナスが消滅するためボーナス分を証拠金としてあてにすることはできませんが、1Lotあたり2USDの出金可能なキャッシュバックは非常に高額です。

なお、スーパーチャージボーナスは250USD以上の入金に適用され、キャッシュバックの受け取り上限は8,000USDとなっています。

レスキューボーナス

XMやGEMFOREXの入金ボーナスに相当するのが、レスキューボーナスです。レスキューボーナスは50USD以上の入金に対して入金額の30%がボーナスとして付与されますが、残高がゼロになってもボーナスクレジットを使ってトレードをすることができるので、XMの入金ボーナスと同じ扱いになります。

なおHotForexのレスキューボーナスは、上限金額7,000USDの範囲内であればいつ入金をしてもボーナスが適用されるというのが抜群に使い勝手がいいと思います。

クレジットボーナス

HotForexのクレジットボーナスは出金条件を達成することで出金が可能になる入金100%ボーナスで、複数の取引口座に利用できることや、最低入金額が$100というところがスーパーチャージボーナスと異なるところです。ただ、スーパーチャージボーナスのほうがはるかにメリットがあるので、スーパーチャージボーナスの上限を使い切るまでは利用価値はないと思います。

ロイヤルティプログラム

さらにHotForexにはロイヤルティプログラムというXMと同様のキャッシュバックがあるのですが、全くと言っていいほどうまみはなく、6Lotの取引でようやく$1がもらえるという程度なので、おまけとして考えていたほうがいいです。

HotForexのココがおすすめ!

・自分にピッタリのボーナスを選ぶことができる

ボーナスの上限が高額

・上限の範囲内であればいつ入金してもボーナスを利用できる

海外ではXMより高評価を得ている

出金に関する評判がとても良い

・取り扱い通貨ペア50通貨と豊富

リップル、DASHなどの仮想通貨や商品のCFDの取扱いが90銘柄と豊富

HFグループ全体では取得最難関のFCAやキプロスなど7つの金融ライセンスを取得

なお、口座開設時にスーパーチャージボーナス、クレジットボーナス、レスキューボーナスのどれか一つを選ぶ必要がありますが、トレードに自信がある人はスーパーチャージボーナス、トレードに自信がない人はボーナスが消滅しないレスキューボーナスを選ぶのがベストです。

デメリットとしてあげられるのが円口座がないこと、サイトが部分的に英語であることがあげられますが、マニュアルも充実しているため英語ができなくて困るということはありません。サポートも日本人スタッフが対応してくれるので万全と言えるでしょう。

>>HotForex公式サイト

 

HotForexの詳細は『HotForexの評判は?ボーナス、スプレッド他18項目をまとめてみました』を参考にしてください。

 

XM

XMが日本人の口座開設者No.1となっている理由は、NDD業者でありながらもボーナスが充実している、そしてさらに日本語サポートが万全であるというところにあります。

XMはNDD業者でありながらも豊富なボーナスがある

口座開設ボーナス

XMの口座開設ボーナスは、口座に入金することなく身分証の承認後(口座の有効化)すぐに口座に3,000円がボーナスとして付与されます。ボーナス分の出金はできませんが、このボーナスを証拠金としてトレードをして利益が出た場合は、利益分は無制限で出金ができるというのが大きなメリットです。

入金ボーナス

XMでは入金ボーナスを2段階で設定しています。

・入金100%ボーナス(上限5万円)

・入金20%ボーナス(上限45万円)

特に入金100%ボーナスはトレード資金を2倍にできる絶好のチャンスなので、ぜひ使っておきたいボーナスです。

ロイヤルティプログラム(キャッシュバック)

XMではロイヤルティプログラムというキャッシュバックボーナスを常時実施しています。口座開設ボーナスや入金ボーナスと違い、キャッシュバックボーナスは出金が可能なボーナスで、トレードランクによって最大1lotのトレードで700円のキャッシュバックをもらうことができるというのが、とても魅力的なボーナスとなっています。

XMのココがおすすめ!

・グループ全体ではFCAやキプロスなど取得最難関の金融ライセンスを取得しているので安全性は抜群

A-bookでありながらもボーナスが豊富

・チャットやメールの日本語サポートが万全

10通貨からトレードができるマイクロ口座がある

・レバレッジ888倍で一攫千金トレードも可能

・取り扱い通貨ペアは57通貨ペアでエキゾチック通貨の取扱いも豊富

・最低入金額は500円から

・日本人口座開設者数No.1

会社の安全性とボーナスのバランスが非常に良く、これから海外FXデビューをしようとしている人に自信を持っておすすめできるのがXMです。まずは新規口座開設ボーナスをいただきながら、XMの使い勝手をお試しいただくことをおすすめいたします。

>>XM公式サイト

 

XMの詳細については『XMの評判は?ボーナス、スプレッドなど21項目をまとめてみました』を参考にしてください。

 

FBS

スプレッドが狭く100%入金ボーナスもあるのですが、ボーナスの消滅条件がHotForexより厳しくキャッシュバックは1Lotにつき1USDなので、HotForexの半分となってしまいます。日本語サポートのレベルもHotForexやXMに比べるとかなり落ちてしまいます。

全体的にHotForexと共通する部分が多いですが、スプレッド以外については全てHotForexのほうが優れているため、FBSであればHotForexをおすすめいたします。

>>FBS公式サイト

 

FBSの詳細については『FBSの評判は?ボーナス、スプレッド他18項目をまとめてみました』をご覧になってみてください。

 

海外FX業者選びに迷っている人は『海外FX業者おすすめ厳選7社!【2019年】』をご覧になってみてください。

 

現在開催されている海外FX業者のボーナスキャンペーンの全ては『海外FX業者のボーナス最新情報』で確認できます。