GEMFOREX(ゲムフォレックス)はスプレッドが狭く、スキャルピングに最適と思われるかもしれませんが、GEMFOREXでスキャルピングをやるのはちょっと注意が必要です。この記事ではGEMFOREXでスキャルピングをやる時の注意点やリスクなどについて詳しく解説をしていきます。

GEMFOREXのスプレッド

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は2019年からスプレッドを大幅に縮小し、特にノースプレッド口座に関しては世界最狭スプレッドというレベルにまで到達しているGEMFOREX。まずはGEMFOREXのスプレッドをチェックしてみましょう。

GEMFOREX ノースプレッド口座のスプレッド比較

GEMFOREXのノースプレッド口座のスプレッドを、XMのZERO口座、TradeviewのILC口座、TTCMのVIP口座のスプレッドと比較をしてみます。どの口座もスプレッドの圧縮に特化した取引口座なので、ボーナスが一切適用されないという意味では公平な比較ができると思います。

※スプレッドは取引手数料込みで記載しています。

GEMFOREX
ノースプレッド口座
XM
ZERO口座
Tradeview
ILC口座
TTCM
VIP口座
USD/JPY 0.3pips 1.1pips 0.6pips 0.7pips
EUR/USD 0.3pips 1.1pips 0.7pips 0.7pips
EUR/JPY 0.5pips 1.6pips 1.1pips 1.2pips
GBP/USD 0.8pips 1.6pips 0.9pips 1.1pips
GBP/JPY 1.0pips 2.1pips 1.0pips 1.4pips
AUD/USD 0.3pips 1.4pips 0.7pips 0.8pips
AUD/JPY 0.6pips 2.0pips 0.6pips 1.3pips

 

GEMFOREXでスキャルピングは危険?

スキャルピング中心のトレードでは、やはり取引コストとなるスプレッドは重要になってきますが、GEMFOREXのスプレッドは他の海外FX業者と比較して圧倒的に狭く、スキャルピングに最適と思ってしまいます。しかしGEMFOREXのスキャルピングに関連するガイドラインをチェックすると、GEMFOREXでスキャルピングをやるのはかなり危険であるということが分かります。

GEMFOREXのガイドライン

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でスキャルピングがOKかどうかはガイドラインをチェックすればいいのですが、GEMFOREXの場合スキャルピングに関する記述がQ&A、利用規約、ガイドラインに書かれているのですが全て見てみましょう。

まずはGEMFOREXのQ&Aを見ると「スキャルピングは特に制限を設けていない」という記載があります。

GEMFOREXのスキャルピング

 

しかしガイドラインを見るとこのような記載があります。スキャルピングに関連するものだけを抜き出してみると。

短期間(5分間を目安)に往復合計10Lot以上の取引を継続すると予告なく取引停止となり、取引分がDeal Cancelになる

・EAに関してはスキャルピングEAは停止措置の可能性がある

という明らかな制限が設けられています。

以下がGEMFOREXのスキャルピングに関連するガイドラインの抜粋です。

GEMFOREXのスキャルピングに関連するガイドライン

Q&Aではスキャルピングに制限を設けていないといいつつも、ガイドラインでは

短期間(5分間を目安)に往復合計10Lot以上の取引を継続すると予告なく取引停止となり、取引分がDeal Cancelになる

という明確な記載があります。

Deal Cancelとは?

Deal Cancelというのは利益が出たトレードがすべて無効になる措置です。俗に言う出金拒否がDeal Cancelで、元本は出金(返金)されますが、利益分は全て無効とされます。

 

GEMFOREXの人気記事『GEMFOREXは追加口座の活用で資金効率が激変!【利用者必見】』はGEMFOREXユーザーは見逃し厳禁ですので、ぜひ参考にしていただき資金効率を大幅にアップしてください。

 

DD業者のスキャルピング

GEMFOREXはDMMFXやGMOなどと同じDD業者(ノミ業者)なので、基本的にはスキャルピングには不向きと考えるほうが安全です。Deal Cancel(出金拒否)になるのはGEMFOREXだけでなく、DMMやGMOも同じです。

DMMFXのガイドラインはこんな感じです。

そして、DMMのガイドラインに違反すると当然出金拒否や口座凍結になります。

GEMFOREXのスプレッドはたしかに狭いですが、国内FX業者と同じDD業者(ノミ業者)なので、ガイドラインに抵触し利益を出した場合は出金拒否になる可能性が十分に考えられるということを頭に入れておかなければいけません。

利益が少額であったり、トレードで負けている場合は全く問題ないのですが、短期間で数百万単位で利益を出せるような優秀なトレーダーはDD業者で生き残り続けるのは不可能なので、DD業者ではなくNDD業者を使うようにしたほうが無難です。

ちなみに私の場合は1.0Lot以上のトレードをするときは取引制限がないA-book(NDD業者)を使い、1.0Lot未満のデイトレやスイングなどにはボーナスが豊富なB-book(DD業者)を使うという感じにしています。このやり方で13年間相場で生き残り続けているので参考にしていただければと思います。

 

GEMFOREXのスキャルピングまとめ

ニュージーランドの金融ライセンスを取得し、日本人の口座開設者はXMに次ぐ第2位となり、とても勢いがあるGEMFOREXですが、スプレッドに関しても他の海外FX業者と比較しても申し分ない最狭スプレッドとなっています。

しかしGEMFOREXをスキャルピング中心で使うというのは、海外FX業者の使い方が間違っているとしかいいようがありません。

GEMFOREXはこんな人におすすめ

・ボーナスが充実している海外FX業者がいい

・狭いスプレッドでトレードがしたい

取引ロットは1.0Lot(10万通貨)以下がほとんど

スキャルピングはあまりしない

・日本語サポートが徹底している海外FX業者がいい

>>GEMFOREX公式サイト

 

GEMFOREXの人気記事『GEMFOREXは追加口座の活用で資金効率が激変!【利用者必見】』はGEMFOREXユーザーは見逃し厳禁ですので、ぜひ参考にしていただき資金効率を大幅にアップしてください。

 

スキャルピングを中心にしたトレードで出金拒否を気にせずにトレードがしたいという人は『海外FX業者おすすめ厳選7社!』をご覧になってみてください。

デイトレやスイング中心であれば、ボーナスが充実したGEMFOREXをおすすめしますので『GEMFOREXの評判は?ボーナス、スプレッド他25項目をまとめてみました』でGEMFOREXの詳細を確認してみてください。

 

海外FXのボーナスから海外FX業者を選びたい人は『海外FXのボーナス最新情報』をチェックしてみてください。