この記事ではGEMFOREX(ゲムフォレックス)の金融ライセンスや運営実績などを検証し、GEMFOREXの安全性について様々な角度から考察していきたいと思います。

GEMFOREXの安全性

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のライセンスや運営実績、分別管理などについてまずは見ていきたいと思います。

ゲムフォレックスがついに金融ライセンスを取得!

金融ライセンス

かつてのGEMFOREX(ゲムフォレックス)の大きなデメリットは「金融ライセンスを持たない無登録業者」ということで、その信頼性というのは低かったわけですが、ふとゲムフォレックスの公式サイトを見たらGEMFOREXの運営会社であるGEM GROUP NZ LIMITEDが、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)より金融ライセンス(FSP564306)を取得していました。

今まで登録ライセンスがないということがゲムフォレックスのとても大きなネックとなっていましたが、このライセンス登録によって一定の安全性は担保されたのではないかと感じています。

運営実績

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の母体であるGEM-TRADE Co.,Ltdは、2010年10月からEA(自動売買ソフト)の無料提供サービス「ゲムトレード」を開始し、その4年後の2014年10月から、FX取引業者としてサービスを開始しました。

私もこの経緯を見ていたので、まさにGEMFOREXというFX業者が誕生する瞬間を見ていたということになります。そういった意味では、GEMFOREXは私にとっては馴染みがあるブローカーであるということが言えます。

顧客資金管理

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の公式サイトには顧客資金の分別管理について記載がありますが、分別管理をしている銀行名などの記載はありませんでした

国内FX業者では金融庁により完全信託保全が義務付けられていますが、海外FX業者の場合は原則として完全信託保全の義務付けはないため、たとえ安全性が高そうな大きな組織であっても、1回の入金で大きな金額を入れることはおすすめできません

 icon-lightbulb-o 信託保全と分別管理信託保全とは、FX会社が顧客の預入金を信託銀行に信託することで、万一FX会社が破綻した場合でも、預入金は信託管理人を通じて顧客に返還されるという投資家保護スキームのことをさします。
一方、分別管理とは、信託保全と全く同じ意味(信託分別管理)で使われる場合と、単にFX会社が保有している資産と顧客からの預入金を別々に保管するという意味で使われる場合があり、海外FX業者の場合はこの区別が不明瞭なことがほとんどです。
ただ単に保管場所が別な場合は、万一FX会社が破綻した場合は顧客の預入金が返還される保証はありません。

スイスフランショック

ゲムフォレックスの安全性について徹底検証

GEMFOREX(ゲムフォレックス)がFX取引業者としてサービスを開始した直後の2015年1月に起こったのがスイスフランショックでした。

アルパリUKさえもが経営破綻をし、破綻は免れたものの大きな負債を抱えたブローカーが後をたたなかった、まさに修羅場だったのですが、設立直後にこんな大惨事に遭遇したにも関わらず今も生き残っているということも、評価に値するものではないかと思っています。

この当時の私のゲムフォレックスの印象としては、アジア圏だけにサービスを提供している弱小ブローカーという位置づけだったので、このときは正直「ゲムは終わったな」と思ったのですが、普通に生き残っていたことに驚いたのをよく覚えています。

 icon-lightbulb-o スイスフランショック
2015年1月15日 スイス銀行が永続介入をやめることがきっかけとなり、EUR/CHFは20分で3,800pipsの大暴落となった。

海外FX組はゼロカットシステムによって、預け入れた証拠金以上の債務を免れることができたが、国内FX組の場合、預入がゼロになるだけでなく、さらに債務を背負うという人が続出した。

スイスフランショックの追証

 

マニー・パッキャオの正式スポンサー

2019年7月にはGEMFOREXはマニー・パッキャオとの正式スポンサー契約を行い、マニー・パッキャオがGEMFOREXのブランドアンバサダーに就任することになりました。XMのウサイン・ボルトもそうですが、やはりスポーツ選手とのスポンサー契約はクリーンな印象を持ちます。

GEMFOREXの勢いが凄い

2019年に入ってからのGEMFOREXはかなり目覚ましい勢いで進化しています。

1月にはスプレッドが一気に狭くなり世界最狭スプレッドの座に一気に上り詰め、さらにはニュージーランドの金融ライセンスを取得し、マニー・パッキャオとの正式スポンサー契約という感じで勢いがありますね。

現在ではGEMFOREXの日本人口座開設者はXMに次ぐ第2位になっているようですが、もともとスプレッド、ボーナス、日本語サポートなどは評価が高かったので、そこに安全性が加わったことで一気に口座開設者が増えたのだと思います。

あらゆる面から見てもGEMFOREXが悪徳ブローカーではないということは間違いないので、まだGEMFOREXに口座開設をしていない人は口座開設ボーナスももらえるので、実際に口座を開設してGEMFOREXの使い勝手を確認してみてはいかがでしょうか。

GEMFOREXの口座開設ボーナスは海外FX業者の中でも高額なので、もらっておいて損はないかと思います。

>>GEMFOREX公式サイト

 

GEMFOREXの人気記事『GEMFOREXは追加口座の活用で資金効率が激変!【利用者必見】』はGEMFOREXユーザーは見逃し厳禁ですので、ぜひ参考にしていただき資金効率を大幅にアップしてください。

 

GEMFOREXのまとめ記事は『GEMFOREXの評判は?ボーナス、スプレッド他25項目をまとめてみました』を参考にしていただければと思います。

 

海外FXの口座開設で迷っている人は『海外FX業者おすすめ厳選7社!』を、ボーナスから海外FX業者を選びたい人は『海外FXのボーナス最新情報』をチェックしてみてください。