海外FX一攫千金トレード手法で何よりも重要なのは日足のトレンド転換見極めの精度を高めることです。この記事では移動平均線の基本的な使い方や移動平均線を使った環境認識について解説をしていこうと思います。

まだトレード手法の概要を見ていない人は、まず先に『海外FXで一攫千金~トレード手法概要~』をご確認ください。

 

移動平均線の基礎知識

移動平均線の基本的な見方としては、移動平均線の傾き、ゴールデンクロス(デッドクロス)、移動平均線とロウソク足の位置関係でトレンドを判断するというのが一般的だと思います。

移動平均線の傾き

移動平均線の傾きを見て、右上がりであれば上昇トレンド、右下がりであれば下降トレンド、横ばいであればトレンドが出ていないという見方をすることができます。移動平均線を1本チャートに表示するだけでいいので、私が移動平均線を使う場合はこの使い方になります。

ゴールデンクロス・デッドクロス

短期移動平均線と長期(中期)移動平均線2本以上をチャートに表示し、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜けることをゴールデンクロスとして、上昇トレンド転換の目安とされています。

また逆に短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜けることをデッドクロスとして、下降トレンド転換の目安とされています。

海外FXの一攫千金トレード手法 移動平均線

移動平均線とロウソク足の位置

移動平均線よりも下にロウソク足が位置している場合は下降トレンド、または上昇トレンドの優位性が無くなったという見方、移動平均線よりも上にロウソク足が位置している場合は上昇トレンド、または下降トレンドの優位性が無くなったという見方をすることができます。

移動平均線の種類

移動平均線の種類としては単純移動平均線(SMA)、指数移動平均線(EMA)などいくつかの種類がありますが、MAの種類や期間の設定はさほど重要ではないです。種類や期間にFXの聖杯はないので、自分がコレと決めたMAを常に表示し、そのMAにロジックがはまった時にトレードをすればいいと思います。

ちなみに私の場合はEMAの15日線だけを表示しています。

 

移動平均線の使い方

移動平均線はトレンドが発生してから使うのが効果的なので、一攫千金トレードで使うは押し目と戻りの見極めで使うようにしていきます。移動平均線に角度がしっかりと出ていることが一攫千金トレード開始の最低条件となります。

下のチャートはドル円日足ですが、□の黄色で囲ったロウソク足はEMAに押し戻されるようにヒゲをつけてロウソク足が確定しているので、一攫千金トレードを開始するいいシグナルになると思います。移動平均線などの抵抗帯にタッチした後のロウソク足の挙動はいいシグナルを出してくれます。

下の例で言うと一攫千金トレード開始から少しトレンドが出るものの、トレンドがそれほど長続きせずEMAの上にロウソク足が確定しているので、ここで手じまいでいいのではないかと思います。

海外FXの一攫千金トレード手法 移動平均線

移動平均線単体で考えるのではなく、ロウソク足と組み合わせることでトレードの精度をより上げることができるので、『海外FXで一攫千金~環境認識・ロウソク足~』もあわせて読んでみてください。

まだコンテンツ作成途中ですが、今後もどんどんFXの学習コンテンツを追加していきます。

海外FXの勝ち方を学ぶ』がFX学習コンテンツの目次的な役割となりますので、ぜひブックマークに入れていただき役立てていただければと思います。