海外FXでコピートレード(自動売買)ができるブローカーはいくつかありますが、私が最もおすすめする海外FX業者はHotForexです。この記事ではHotForex(ホットフォレックス)のコピートレードの特徴と私がHotForexをおすすめする理由についてまとめています。

HotForexのコピートレードを実際に受信しているストラテジープロバイダーや実践結果も公開していますので参考にしてください。

HotForexのコピートレード

海外FX業者のコピートレードにはMAMとPAMMがありますが、どちらかというとPAMMのほうが多いです。PAMMの場合はコピートレードの取引履歴などが一切分からず資金の増減だけしか確認できない一方で、MAMは取引履歴の全てを見ることができます。

HotForexのコピートレードはMAM

HotForex(ホットフォレックス)のコピートレードはMAMなので、取引履歴や保有中のポジションは自分のMT4で全て確認することができることはもちろん、ポジションを自分自身で決済することもできます。

PAMMの場合は現在どのようなポジションを保有していて資金が減っているのかが全く分からないというのが大きなデメリットですが、HotForexのコピートレードは保有しているポジションを常に見ることができるというのがとても大きなメリットです。

VPSの稼働は不要でスマホだけでFXの自動売買が簡単にできる

HotForex(ホットフォレックス)のコピートレードはEAのような難しい初期設定は一切なく、PCをつけっぱなしにしたりVPSを借りる必要もありません。

トレードの状況を見たい時だけスマホでMT4にログインすればいいので、FXの自動売買初心者でもとても簡単にコピートレードをすることができます。

ストラテジープロバイダーの成績が丸わかり

HotForex(ホットフォレックス)のコピートレードを始める前にコピーをするトレーダー(またはシステム)を選ぶことになりますが、コピートレード送信者(ストラテジープロバイダー)の成績をかなり詳細に見ることができます。

FXの自動売買はコツコツドカンがお決まり

私のFX歴は13年を超えますが、今までEAやコピートレードなどの自動売買にもチャレンジしてきました。
しかしFX自動売買のお決まり負けパターンは「コツコツドカン」というのが私の自動売買の印象です。いい感じに利益が数か月出たとしても、1回の大きな負けで一気にマイナスになるというのがFX自動売買のあるあるです。
しかしHotForexのコピートレードに関しては、最大ドローダウンや月間の利益、平均利益、平均損失などの様々な情報が開示されているので、コツコツドカンがありそうなロジックを使っているかどうかを事前に判断することができます。

 

最大ドローダウンや月間利益が分かる

FX自動売買のお決まり負けパターンの「コツコツドカン」のドカンがどの程度かということを事前に知ることができるのが最大ドローダウンです。最大ドローダウン=資金が最大どれくらい落ち込んだかなので、最大ドローダウンを見ればそのストラテジーがハイリスクなロジックかどうかを簡単に判断できます。
また月間の損益も全て公開されているので、月単位で最大どれくらいの損失を出しているかということも知ることが出来ます。

icon-arrow-down の例でいうと、最大ドローダウンが22.1%で、月単位の成績ではマイナスの月があるものの、損失の金額も少ないということが分かります。

HotForexのコピートレードはデータの詳細を見ることが出来る

長期で継続しているストラテジーが多い

HotForexのストラテジーで上位成績者を見ていると、1年以上継続しているストラテジーがたくさんあります。
FXの自動売買ではコツコツドカンで消えていくものがたくさんある中で、1年以上の安定したフォワード成績を公開しているストラテジーがたくさんあるのはHotForexのHFコピーならではでしょう

ストラテジーの勝率や平均利益、平均損失などの詳細情報も開示

icon-arrow-down のストラテジーの場合、開示されているデータからこのようなことが分かります。

勝トレード:348回 負けトレード:132回 勝率:72.5%

平均利益:16.40ドル 平均損失:14.43ドル

トレード回数が500回近いにも関わらず勝率が70%を超え、さらにリスクリワードのバランスがとてもいいということが分かります。

HotForexのコピートレードは開示されている情報量が非常に多いため、そのストラテジーがハイリスクなロジックでトレードをしていないかどうかということがすぐに分かります。

HotForexのコピートレードをおすすめする理由

HotForexのストラテジープロバイダーは優秀なトレーダーが集う

icon-arrow-up のトレード成績もそうですが、HotForex(ホットフォレックス)のストラテジーはかなり優秀なトレーダー(またはシステム)が集まっています。

2018年8月~2019年9月の期間で1,500%越えの利益で、しかも最大ドローダウン(一時的な成績の落ち込み)が22%というところがすさまじく優秀です。

世界190カ国から優秀なストラテジーが終結!

HotForexは世界190カ国でブローカー業務を展開しているため、2020年時点における口座開設者数は200万口座を超えています。
その中から腕に自信があるトレーダーがストラテジーとして登録していることから、そのパフォーマンスは非常にハイレベルということが言えます。
HotForexに口座開設をしたら、まずは成績上位陣のパフォーマンスを確認してみてください。

HotForex公式サイト

HotForexのコピートレード実践!

過去13年間のFX経験の中で、私はFXの自動売買やEAをたくさんやったことがあるのですが、正直いい思いをしたことがあまりありません。ただ、HotForexのコピートレードは最大ドローダウンや1回あたりのトレードの平均利益や平均損失などが明確になっているので、大きなリスクは低く利益が出る可能性が高いという印象を受けます。

受信できるコピートレードは3つまで

HotForexのコピートレード(HFコピー)専用口座である「フォロワー口座」は最大3つまで口座を開設することができ、それぞれの口座で1つのストラテジープロバイダーを選ぶことができるようになっています。なので、HotForexでは最大3つのストラテジープロバイダーを選ぶことができます。

私が検証してみたコピートレード3つを簡単に紹介していきます。

 

Binh

現時点でHotForexのコピートレード成績ランキング第3位のベトナムのトレーダーです。

2018年8月~2019年9月の期間で1,500%越えの利益で、しかも最大ドローダウン(一時的な成績の落ち込み)が22%というところがすさまじく優秀であるということと、勝率72.5%であるにもかかわらず平均利益16USD、平均損失14USDとリスクリワードのバランスがとてもいいのでコピートレードを試してみました。

hotforexのコピートレード実践

Hotforexのコピートレード

 

Binhのコピートレード検証結果

HotForexのコピートレード(HFコピー)は1口座の最低入金額が100ドルなので、今回のコピートレード検証では100ドルを入金してトレードを開始していますが、開始からわずか4日で4%の利益を出すことができています。上に直近のトレード履歴がありますがこのトレード履歴と全く同じトレードになっているので、コピートレードがしっかりと反映されていることを確認できます。

1日1回ほどのエントリーですが、狙いすましたかの厳選エントリーで着実に利益を上げていってくれそうです。

なおコピートレードの受信料はトレーダーによって異なりますが、HotForexのコピートレードで上位にいる人はほとんどが30%の手数料設定となっています。利益が出た場合は利益分の30%が手数料として毎週引かれるという仕様になっています。一番下の「Balance -1.76USD」というのが今週の手数料です。

HotForexのコピートレード実践記録

 

Q-Robot

Q-RobotはHotForexのコピートレード成績ランキング12位ですが、稼働開始から1年が経過していて利益は536%、最大ドローダウンが5.55%とかなりローリスクなストラテジーだったので、どのようなトレードをするのか見てみたいという思いからコピートレードを受信してみました。

利益ランキングでは12位ですが icon-arrow-down のとおり安定度は抜群です。過去のトレード回数も1673回をこなしていて、勝ちトレードが1137回、負けトレードが536回で勝率67%ですが、平均利益3.48USDで、平均損失3.1USDなので損失のバランスも素晴らしいです。EUR/JPYにほぼ特化したトレードをしているようです。

HotForexのコピートレード

HotForex公式サイト

 

Q-Robotのコピートレード検証結果

コピートレード開始から4日経過ですが、わずかに利益が出ているという感じです。まさにコツコツと利益を積み上げていくタイプのストラテジーのようです。

 

Smart Trading

Smart TradingはHotForexのコピートレード成績ランキング10位のイスラエルのトレーダーです。稼働開始から400日以上経過していますが556%の利益をたたき出しつつさらにドローダウンが8.15%という凄まじいフォワード成績を出しています。

トータルのトレード回数は1,000回に到達し勝率73%にもかかわらず、平均利益18USD、平均損失22USDなのでパフォーマンスとしては抜群と言えます。HotForexのコピートレードは本当にいいトレーダーがゴロゴロいるので、コピーするのに迷うと思います。

 

Smart Tradingのコピートレード検証結果

Smart Tradingのコピートレードの成績ですが、今回選んだ3つのストラテジープロバイダーの中でも最も良く、わずか4日間のトレードで18%の利益をたたき出しています。手数料が35%と強気ですが、手数料を差し引いても4日で11%の利益を出すことができているので十分ではないかと思います。

HotForex公式サイト

 

HotForexのコピートレードまとめ

日本国内だけで優れたコピートレードを探しても、きっと安定して利益を積み上げることができるトレーダーはごくごくわずかですが、HotForexのコピートレードには世界190カ国から優れたトレーダーが終結しています。その中からさらに詳細なトレード成績を見定めてコピートレードをするかどうかを見ることができるHotForexのコピートレードには非常に高い期待が持てるのではないかと思います。

HotForexのコピートレード(自動売買)をおすすめできるポイントは、コピートレードを開始する前の段階で利益率だけでなくドローダウンや勝率、平均利益や平均損失など知りたいトレードデータの全てを見ることが出来るという点です。

しかも利益率上位のトレーダーは優秀なトレーダーがとても多く、ドローダウンなどを見てもハイリスクな運用をしているトレーダーがいません

HotForexのコピートレードにデメリットは?

円口座がない

HotForexには円口座がないためドル口座またはユーロ口座での取引となります。円建てでトレードができないというのは一つのデメリットと言えるでしょう。

 

手数料が高め

成績上位陣のストラテジープロバイダーのほとんどが手数料を30%に設定しています。トレードで利益が出た場合は利益分の30%が手数料として差し引かれるのでちょっと大きく感じるかもしれませんが、安定して利益を出すことができるのであれば30%の手数料でも私は決して高くはないと思います。

 

フォロワー数に制限がある

それぞれのストラテジーにはフォロワーの制限があり、ほとんどの場合フォロワー数が150か300になるとコピートレードを受信することができません。

ただ定期的にチェックするとコピートレードの受信をやめる人もいるので、どうしても受信したいコピートレードがある場合は空きがでるまで待つようにすればOKです。

 

HotForexのコピートレードで利益を出すためのポイント

HotForexに限らずFXのコピートレードで見るべきポイントをまとめてみましたので、HotForexのコピートレードを試してみたい人は参考にしてください。

 

利益率とドローダウン

HotForexのコピートレードではストラテジープロバイダー(コピートレード送信者)の利益率とドローダウンを見ることが出来ます。利益率も大事ですが私が重要視しているのは最大ドローダウンです。そのストラテジープロバイダーの資金の落ち込みが最大ドローダウンなので、これが大きいと資金のアップダウンが激しいハイリスクなトレードとなります。

HotForexのコピートレードでは、利益率が良くなおかつ最大ドローダウンが低いストラテジープロバイダーを選ぶことをおすすめします。

 

稼働日数とトレード回数

稼働日数とトレードの回数も大事です。HotForexのコピートレードでは稼働から1年を超えているトレーダーや、トレード回数が1,000回を超えていて利益を出しているトレーダーがたくさんいます。トレード回数が1,000回を超えていればトレードデータの信ぴょう性が高まるので、できるだけトレード回数が多いトレーダーを選ぶことをおすすめいたします。

 

平均利益と平均損失

どんなに勝率が良くても、トレードの平均利益と平均損失にあまりにも大きな差があるとコツコツドカンをやらかす可能性があります。HotForexのコピートレードでは、平均利益と平均損失も事前に見ることができるので、このバランスも必ず見ることをおすすめします。

 

複数口座でリスクを分散

HotForexのコピートレード(HFコピー)は3つの取引口座を開設できるので、ストラテジープロバイダーを3つ選ぶことができます。それぞれのコピートレードに利益と損失の波があるはずなので、3つのストラテジープロバイダーを選んで利益と損失の波を軽減するのがいいと思います。

 

HotForexのコピートレードを受信する手順

アカウント登録

HotForexのコピートレードを受信するには、コピートレード専用のマイ・フォロワー口座(HFコピー口座)の開設が必要になりますので、まずは公式サイトからHotForexのアカウント登録を完了させましょう。

HotForex公式サイト

参考記事:『HotForexの口座開設方法鬼解説!多彩な口座種類も徹底解説

 

マイ・フォロワー口座開設

HotForexのアカウント登録が完了したら、コピートレードの専用口座「マイ・フォロワー口座」を開設します。HotForexのマイページのトップページにある「マイ・フォロワー口座」をクリックして適性検査をクリアすれば、すぐに口座開設が完了します。

HotForexのコピートレードを受信する

なお、マイ・フォロワー口座を開設するには適性検査をクリアーする必要があるので、以下を参考にすすめてください。

マイ・フォロワー口座への入金

HotForexの各口座への入金は全てHotForexのウォレットを経由して入金するという事になります。マイ・フォロワー口座の最低入金額は100USDなので、まずはトップページ右側にある「入金」からHotForexのウォレットに資金を入金します。下の画像のように、残高が100USD以上になれば、コピートレードを受信する準備が完了となります。

HotForexのコピートレード口座へ入金する方法

 

ストラテジープロバイダー一覧

HotForexのウォレットに100USD以上の残高があればコピートレードを受信する準備はすべて整っていますので、ストラテジープロバイダー(コピートレードの送信者)を選びます。ホットフォレックスのマイページのトップページから「ストラテジーリスト」をクリックします。

デフォルトでは利益率の上位からストラテジーが並んでいますが、それぞれのプルダウンからストラテジープロバイダーを並べ替えることができます。ストラテジープロバイダーの「View Profile」をクリックすると、トレードパフォーマンスの詳細を見ることができます。

コピートレードをするストラテジープロバイダーが決まったら、右側にある「Follow」をクリックしてコピートレードの設定ページへ移動します。

コピートレードの詳細設定

それぞれの項目を下図のHotForex公式マニュアルを参考にしていただきコピートレードの設定をしてください。運用する金額は100USD以上に設定する必要があり、HotForexのウォレット残高が上限額となります。なお、ここで選択した金額はウォレットから自動的に口座に移動するので、資金移動の必要はありません。

コピートレードの取引ロットはストラテジープロバイダーの資金額と比例して自動的に調整されます。

例)ストラテジープロバイダーの資金が1,000USDで0.1Lotのトレードをした場合、100USD運用の場合は10分の1にあたる0.01Lotでコピーされるという具合になります。

私の場合、コピートレードの検証は全て100USDで運用していますが、参考までに以下の設定となっています。

Amount to be added under strategy(運用額):100USD

Choose Volume Allocation(コピー比率):100%

Choose Rescue Level(保護される証拠金):0%

Copy minimum Volume 0.01:はい

マイフォロワー口座の追加口座

HotForexのコピートレードは1口座につき1つのストラテジープロバイダーを選ぶことしかできませんが、コピートレード口座であるマイフォロワー口座は最大3つまで口座開設が可能です。

資金の追加やコピートレードの停止

HotForexのコピートレードで資金を追加する場合やコピートレードの停止も簡単にすることができます。トップページの「マイフォロワー口座」をクリックすると現在のコピートレードの状況が表示されるので、資金を追加する場合は「資金追加」をクリック、コピートレードを停止する場合は「資金取出」をクリックします。

なお、コピートレードの資金を追加する場合は、事前にホットフォレックスのウォレットに入金が必要となります。

コピートレードを停止する場合は、受信料の清算がある場合は清算終了後に資金がウォレットに自動で戻ります。

HotForexのコピートレードで資金の追加やコピートレードの停止をする

 

HotForex公式サイト

 

HotForexは裁量トレードもおすすめ!

私は現在HotForexのゼロスプレッド口座を裁量トレードのメイン口座として使っています。

私がHotForexをメインで利用している理由やHotForexの強みや弱みは icon-arrow-down のまとめ記事を参考にしてください。