この記事では海外FX業者BigBoss(ビッグボス)の評判やスプレッド、ボーナスなどを中心にBigBossの18項目を徹底的にまとめています。BigBossを利用する際の注意点なども含めて、BigBossに関する必要十分な知識は全てこの記事にまとめていますので、口座開設の検討材料にしていただければと思います。

BigBossの基本情報まとめ

まずはBigBoss(ビッグボス)の金融ライセンスやレバレッジなどの基本情報を簡単に見ていきましょう。

金融ライセンス:セントビンセント・グレナディーン金融ライセンスを取得

運営実績:FX取引業者としてのサービス開始は2013年~

レバレッジ:555倍

ロスカット水準:20%

ゼロカットシステム:原則として追証なし

プラットフォーム:MT4

取扱い通貨ペア:41通貨ペア

取扱いCFD:商品、指数は9銘柄、仮想通貨7銘柄

入出金手段:クレジットカード、デビットカード、国内銀行送金、ビットコイン、bitwallet、仮想通貨他

>>BigBoss公式サイト

 

BigBossのボーナス

BigBoss(ビッグボス)では2019年に入ってから取引ボーナスが常時適用されるようになり、BigBossの利用者が一気に増えはじめました。BigBossには常時実施している取引ボーナスの他に、まれにスポットで開設される口座開設ボーナス、入金ボーナスがありますので、過去のボーナスキャンペーンの内容を参考に、BigBossの3つのボーナスについて詳しく見ていきましょう。

BigBossの取引ボーナス

BigBossの取引ボーナス

BigBossの取引ボーナスは1Lot(10万通貨)の取引ごとに4ドルのキャッシュバックがもらえるという、とても高額なキャッシュバックボーナスとなります。

海外FXのNDD業者にはキャッシュバックボーナスを扱っている海外FX業者も何社かありますが、1Lotあたり4ドルのキャッシュバックというのはとても高額です。FBSやXM、HotForexのキャッシュバックとBigBossの取引ボーナス(キャッシュバック)を比較してみましょう。

1Lot毎のキャッシュバック ボーナスの出金可否
BigBoss 4ドル 出金不可
HotForex 2ドル 出金可能
FBS 1ドル 出金可能
XM 3.5ドル※1 出金不可※2

※1 XMのロイヤルティプログラム最高ランク(エリート)の場合は1Lotあたり7ドルのキャッシュバックですが、最低ランクのエグゼクティブの場合は1Lotあたり3.5ドルのキャッシュバック

※2 XMのキャッシュバック(ロイヤルティプログラム)は現金換算をすれば出金することも可能ですが、ボーナス換算の場合は1Lotあたり7ドルのキャッシュバックですが、現金換算の場合は交換レートがとても悪く、1Lotあたり0.5ドルほどのキャッシュバックとなってしまいます。

プロスプレッド口座にも取引ボーナスは適用される

BigBossにはスタンダード口座とプロスプレッド口座がありますが、どちらの取引口座も取引ボーナスの対象となります。XMのZERO口座やFBSのECN口座のようにボーナス対象外になるということはありません。

取引ボーナスは出金不可

BigBossの取引ボーナスは取引ごとに取引口座にキャッシュバックが反映されるのではなく、1週間ごとに取引ロットが集計され、翌週の月曜日にキャッシュバックが反映されます。

キャッシュバックは現金残高ではなくクレジットとして反映されるので、取引ボーナスを出金することはできませんが、今後トレードをするための証拠金として利用することができます。

取引ボーナスの消滅

他の海外FX業者でも出金などをするとボーナス(クレジット)が消滅しますが、BigBossでも同様に出金をするとボーナスは消滅します。

また資金移動をする場合でもボーナスが消滅しますので、この点はちょっと注意が必要です。

取引ボーナスは為替取引のみ適用

BigBoss(ビッグボス)では仮想通貨や商品CFDの取引もできますが、取引ボーナスの対象となるのは為替取引のみとなっています。仮想通貨や商品CFDは取引ボーナスが発生しないので注意が必要です。

口座開設ボーナス

BigBoss(ビッグボス)ではごくまれにではありますが口座開設ボーナスを実施する場合があります。口座開設ボーナスはBigBossに新規で口座開設する人を対象としたボーナスで、本人確認書類の承認が済めば資金を一切入金することなくボーナスをもらうことができます。

海外FXのボーナス最新情報やお得な情報はLINEの一斉配信でお知らせしますので、LINE登録をしていただきお得な情報を逃さないようにしてください。ボーナス情報だけでなく、FXで勝つために役立つ有益な内容も配信させていただきます。

海外FX業者の質問なども遠慮なくお尋ねください。

友だち追加

BigBossの入金ボーナス

BigBoss(ビッグボス)の入金ボーナスは常時開催ではありませんが、最近では定期的に入金ボーナスキャンペーンが開催されているので、おそらく今後も定期的に入金ボーナスが開催されると予想されます。BigBossの入金ボーナスはかなり条件がいいので、ボーナスキャンペーンが開催された時には有効に活用したいところです。

BigBossの入金ボーナスはボーナスの割合が以下のように3段階に分かれています。

入金額 ボーナスの割合
1,000USD以下 100%入金ボーナス
1,001USD~3,000USD 30%入金ボーナス
3,001USD~20,000USD 20%入金ボーナス

なお入金ボーナスは初回入金に限らず、入金ボーナスキャンペーン期間中であればいつ入金をしてもボーナスが適用されるということと、スタンダード口座だけでなくプロスプレッド口座にも入金ボーナスが適用されるというのが大きな特徴となっています。

 

BigBossのスプレッド

BigBoss(ビッグボス)にはスタンダード口座とプロスプレッド口座がありますが、取引口座の違いなどとともにスプレッドの詳細を見ていきましょう。

BigBossのプロスプレッド口座

一般的な海外FX業者は、ボーナスの対象となりスプレッドがやや広めの取引口座とスプレッドが狭いことに特化したボーナス対象外の取引口座が分けられているというのが一般的ですが、BigBossの場合はちょっと勝手が違ってきます。

BigBossにはスタンダード口座とプロスプレッド口座がありますが、両口座とも取引ボーナスや入金ボーナスの対象となるというのが大きな特徴です。

しかしプロスプレッド口座と言っても、取引手数料を加味するとそれほどスプレッドが狭いというわけではなく、通貨ペアによってはスタンダード口座のほうがスプレッドが狭い通貨ペアもあります

スタンダード口座とプロスプレッド口座のスプレッド

BigBoss(ビッグボス)のスタンダード口座とプロスプレッド口座の主要通貨ペアの平均スプレッドを表にまとめてみます。

スタンダード口座は取引手数料がスプレッドにマークアップ(上乗せ)されていますが、プロスプレッド口座はスプレッド以外に0.9pips/1Lotの取引手数料がかかります。プロスプレッド口座の( )内のスプレッドは取引手数料を加味したスプレッドとなります。

スタンダード口座 プロスプレッド口座
取引手数料 なし 0.9pips/1Lot
USD/JPY 1.5pips 0.3pips(1.2pips)
EUR/USD 1.6pips 0.5pips(1.4pips)
EUR/JPY 1.4pips 1.1pips(2.0pips)
GBP/USD 2.0pips 0.6pips(1.5pips)
GBP/JPY 1.9pips 0.9pips(1.8pips)
AUD/USD 1.5pips 0.6pips(1.5pips)
AUD/JPY 1.6pips 1.0pips(1.9pips)

スタンダード口座のほうがおすすめ?

スプレッド比較を見て分かる通り、BigBossの場合はスタンダード口座とプロスプレッドのスプレッドに大差がありません。そのため海外FX初心者や中級者は、スプレッド込みでトレードの勝ち負けが明確なスタンダード口座のほうが使いやすいのではないかと思います。

BigBossのスプレッドは広い?

上のスプレッド表だけを見るとBigBoss(ビッグボス)のスプレッドはやや広く感じるかもしれませんが、BigBossには取引ボーナスがあるため、1Lotの取引ごとに4ドルのキャッシュバックがあります。4ドルのキャッシュバックを加味すると以下のようなスプレッドになるため、BigBossのスプレッドはかなり狭いということが言えます。

スタンダード口座 プロスプレッド口座
取引手数料 なし 0.9pips/1Lot
USD/JPY 1.1pips 0.8pips
EUR/USD 1.2pips 1.0pips
EUR/JPY 1.0pips 1.6pips
GBP/USD 1.6pips 1.1pips
GBP/JPY 1.5pips 1.4pips
AUD/USD 1.1pips 1.1pips
AUD/JPY 1.2pips 1.5pips

 

BigBossのスプレッド比較

日本人の口座開設者数No.1のXMと、口座開設者数No.2のGEMFOREXと平均スプレッドを比較してみます。XM、GEMFOREX、BigBossともに100%入金ボーナスがある取引口座となります。

BigBossは取引ボーナスを加味した平均スプレッドを表記していますが、XMやGEMFOREXと比較してスプレッドが非常に狭いということが分かります。赤い数字が通貨ペアごとの最狭スプレッドとなります。

BigBoss

スタンダード口座

XM

スタンダード口座

GEMFOREX

オールインワン口座

USD/JPY 1.1pips 1.6pips 1.2pips
EUR/USD 1.2pips 1.8pips 1.2pips
EUR/JPY 1.0pips 2.5pips 1.4pips
GBP/USD 1.6pips 2.2pips 1.5pips
GBP/JPY 1.5pips 3.6pips 1.9pips
AUD/USD 1.1pips 2.0pips 1.5pips
AUD/JPY 1.2pips 3.4pips 1.6pips

>>BigBoss公式サイト

 

BigBossのスペック詳細

BigBossのレバレッジやスキャルピングなどの取引制限について、それぞれく詳しく見ていきましょう

レバレッジとロスカット水準

BigBoss(ビッグボス)の最大レバレッジは555倍となっていますが、スタンダード口座の場合は口座開設時に25倍~555倍までの設定が可能なので、あまりレバレッジを上げたくない人はレバレッジを低く設定することも可能です。

なお為替の一部マイナー通貨ペア、USD/RUB、USD/TRY、USD/ZARのレバレッジや商品や指数などのCFDのレバレッジは50倍、仮想通貨のレバレッジは5倍となっています。

ロスカット水準は20%なので、証拠金維持率が20%以下になるとポジションが強制ロスカットとなります。

追証

BigBossに追証がある?

BigBoss(ビッグボス)は他の海外FX業者と同様にゼロカットシステムを採用しているため、原則として追証はありませんが、指標トレードなどの不正トレードをするようなトレーダーは追証なしの対象外となります。

これはBigBossに限った話ではなく、ゼロカットを採用している海外FX業者はどこでも指標トレードや窓開けトレードをやっていると追証を請求されたり出金拒否の対象になる可能性があります。これは海外FXの常識として必ず心得ておきましょう。

ゼロカットを悪用した指標トレードとは?

雇用統計などの大きな経済指標の直前に、ロスカットにならないほどの大量のポジションを保有した場合、海外FXの場合はゼロカットシステムを採用しているため、たとえ負けても最大損失額が=入金額になる。その一方で勝った場合は大きな利益を獲得できる可能性がある。

また、金曜日のクローズ直前にポジションをとり、月曜日の窓開けを狙うようなトレードも不正トレードとみなされる可能性がある

 

両建て

BigBoss(ビッグボス)では両建ては認められていますが、異業者や他の名義を利用してボーナスの両建てアービトラージをやるのは出金拒否や口座凍結の可能性が極めて高いです。これも窓開けトレードと同様に、海外FXの常識として必ず心得ておきましょう。

ボーナスを悪用した両建てアービトラージとは?1.ボーナスが利用できる2つの口座を用意

2.それぞれの口座にボーナスを利用して入金

例)口座Aは5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

口座Bも5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円

3.口座Aでドル円のロング、口座Bでドル円のショートを同時にエントリー

4.どちらかの口座がロスカットになったら、もう一方のポジションを利確

5.ロスカット水準0%で考えた場合、一方の口座は10万円の利益になり、もう一方の口座は10万円の損失になるが、この証拠金にはボーナス5万円が含まれているため、実際の損失は5万円となる

6.この結果トータルで5万円の利益を出すことができる

スキャルピング

BigBoss(ビッグボス)ではスキャルピングの制限は特になく、また最大取引ロットの制限もサイトに記載がないため、大ロットのスキャルピングを主体としたトレーダーでも問題なく利用ができます。

大ロットのスキャルピングを真骨頂とした有名トレーダーO氏がBigBossを利用し、推奨していることからも、BigBossはスキャルピングに適しているということが言えるでしょう。

 

BigBossの口座開設や入出金

BigBoss(ビッグボス)はクイック口座開設に対応しているので、名前やメールなどの簡単な入力項目でアカウントを取得すればすぐにトレードを開始することができます。

BigBossのクイック口座開設

BigBoss(ビッグボス)は名前、メール、口座タイプ、レバレッジ、国籍を入力するだけで口座開設(仮)ができるので、今すぐにトレードをやりたいというせっかちな人でも、入金後すぐにトレードを開始することができます。

もちろん出金時には本人確認書類の承認が必要になりますが、あとから時間がある時に手続きを完了させれば全く問題ありません。

入金

BigBoss(ビッグボス)の入金手段は実に多彩で、クレジットカード、国内銀行送金はもちろん、bitwalletやあらゆる仮想通貨入金が可能となっています。

なお国内銀行送金で入金する場合、5万円未満の入金には1,000円の手数料がかかるのでご注意ください。

また、bitwallet入金の場合はBigBossの登録アドレスとbitwalletのアドレスが同じである必要があるので、bitwalletを使った入金や出金を考えている人は、bitwalletのメールアドレスと同じアドレスでBigBossの口座開設をするようにしましょう。

出金

BigBossの出金は国内銀行送金やbitwalletにも対応していますが、出金額に関係なく出金手数料2,000円がかかる(ドル口座の場合は20USD)ので、あまりこまめに少額出金をするのは手数料がもったいないですね。

またマネーロンダリング防止の対策として、クレジットカード入金分の出金に関しては、原則として入金後60日以内は出金することができないということにもご注意ください。

日本語サポート

BigBoss(ビッグボス)の公式サイトやマイページは完全に日本語対応していて、日本語サポートも日本人がチャットで迅速に対応してくれます。チャットサポート時間は月曜~金曜の10:00~18:00で、それ以外の時間帯はチャットでメッセージを残して対応を待ちましょう。

 

BigBossの評判

以前のBigBoss(ビッグボス)の評判はスプレッドが広く、なおかつボーナスもないという意味で評判は今一つでしたが、2019年7月から取引ボーナスが常時適用されることから評判が良くなり、利用者が一気に増えています

やはり取引ボーナス(1Lotあたり4ドルの高額キャッシュバック)のメリットはとても大きく、さらに100%入金ボーナスキャンペーンがスポットで開催されるなど、BigBossの利用者は今後もかなり増えてくるのではないかと思います。

某有名プロトレーダーが推奨

BigBossの評判が良くなっている一つの要因として、日本国内ではとても有名なプロトレーダーO氏がBigBossを愛用し、推奨しているということも挙げることが出来ます。

10ロット以上の大ロットで攻めのトレードをすることで人気が高いO氏が利用し、推奨しているということで一定の安心感が出ているということが言えるのではないでしょうか。

約定力は抜群

BigBoss(ビッグボス)の評判をいろいろと見ていて最も目立つ高評価が「BigBossの強い約定力」です。私のコピートレード受信口座でもBigBossをおすすめ海外FX業者の一つとしていますが、その理由は大きな取引ロットでもしっかりとコピートレードが反映する強い約定力です。

大ロットスキャルが真骨頂のO氏がBigBossを推奨している理由も、BigBossの強い約定力にあるのではないかと思います。

BigBossはDD業者?

BigBossはDD?NDD?

BigBoss(ビッグボス)がDD業者かNDD業者かはかなり微妙なところですが、公式サイトでPrimeXMのロゴがあることなどから、インターバンクに注文を直接流すことができるNDD業者の環境が整っているということは間違いないでしょう。

そういった意味では、リクイディティプロバイダーの公開が一切ないGEMFOREXなどの完全なDD業者よりも、ワンランク上の環境が整っているということが言えます。

BigBossの評判まとめ

2019年に入ってからのBigBoss(ビッグボス)の進化はとても急激で、特に取引ボーナスの常時適用はBigBossの評判が上がっている大きな要因となっています。さらにスポットで開催される100%入金ボーナスが加わることなどを考えると、BigBossの評判はさらに上がっていくのではないかと思います。

まだBigBossに口座を開設していない人は、ぜひBigBossの強い約定力をためしてみてはいかがでしょうか。

>>BigBoss公式サイト