この記事では海外FX業者のBigBoss(ビッグボス)のスキャルピングに関する情報を全てまとめています。BigBossのスキャルピング制限やスキャルピングに適した取引口座など、必要な情報を網羅していますので参考にしてください。

BigBossのスキャルピング制限

海外FX業者でもスキャルピングが禁止されているブローカーやスキャルピングに制限があるブローカー、一切の制限なくスキャルピングができるブローカーなどに分かれますが、まずはBigBossのスキャルピング制限にあるかどうかについて見ていきましょう。

スキャルピングが禁止されている海外FX業者

海外FX業者のなかでも、iFOREXやXLNTradeは完全にスキャルピングが禁止されています。

スキャルピングに制限がある海外FX業者

GEMFOREX、LANDFX、is6comなどはスキャルピングは禁止ではありませんが、スキャルピングの頻度などに制限があります。参考までにGEMFOREXのスキャルピングに関するガイドラインを見るとスキャルピングに制限があることが分かります。

海外FXのスキャルピング事情

スキャルピングの制限が一切ない海外FX業者

TradeviewやAxiory、BigBoss、XM、TitanFX、HotForexに関してはスキャルピングに一切制限がありません。スキャルピングをメインとしているトレードスタイルの場合は、やはりスキャルピングに一切制限がない海外FX業者が安心してトレードができるということは言うまでもありません。

 

BigBossのスキャルピングをおすすめする理由

正直なところ以前はイマイチの海外FX業者だったBigBossでしたが、2019年に入ってから取引ボーナス(1Lotあたり4ドルのキャッシュバック)が常に適用されるようになり、さらにはスポットで100%入金ボーナスキャンペーンが開催されるなど、BigBossの利用価値は一気に高まってきました。

BigBossのスキャルピングをおすすめする理由をちょっと細かく見ていきましょう。

BigBossにはスキャルピング制限が一切ない

前述のとおり、BigBossにはGEMFOREXやLANDFXのようなスキャルピング制限が一切ありません。10Lotや20Lotなどの大ロットスキャルピングについても、ガイドラインに抵触することなくトレードができます。

出金拒否や口座凍結に怯えながらスキャルピングをやる必要が全くありません。

>>BigBoss公式サイト

BigBossのスプレッド

スキャルピングをやるうえでとても重要になってくるのは、やはりスプレッドです。トレード頻度が高いので、あまりスプレッドが広いと大きな負担になってきてしまいますが、スキャルピングに一切制限がない海外FX業者のスプレッドを比較してみましょう。

USD/JPY、EUR/USD、GBP/USDの3通貨ペアの合計スプレッドが狭い順番に表にまとめてみました。なお、以下の取引口座はボーナス適用外の取引口座ばかりとなりますが、唯一BigBossのプロスプレッド口座は全てのボーナスが利用できるため、取引ボーナス(4ドル/Lotのキャッシュバック)を加味しています。

TradeviewやTTCMのECN口座はスプレッドが狭いですが、最低入金額がTradeviewが10万円で最低ロットが0.1Lot、TTCMの最低入金額は200万円となっています。

私が現在メインで使っているHotForexとBigBossに関しては、スプレッドが狭いだけでなく、ともに最低入金額1万円からECN口座を気軽に利用することができるという点で、スキャルピングにはとてもおすすめです。

USD/JPY EUR/USD GBP/USD 3通貨ペア合計の取引コスト
Tradeview

cTrader ILC口座

0.6pips 0.7pips 0.9pips 2.2pips
TTCM

VIP口座

0.7pips 0.7pips 1.1pips 2.5pips
HotForex

ZERO口座

0.8pips 0.7pips 1.0pips 2.5pips
FBS

ECN口座

0.9pips 0.6pips 1.1pips 2.6pips
BigBoss

プロスプレッド口座

0.8pips 1.0pips 1.1pips 2.9pips
ANZOCapital

RAW口座

1.12pips 0.82pips 1.12pips 3.06pips
AXIORY

cTrader ナノスプレッド口座

1.1pips 0.9pips 1.1pips 3.1pips
TitanFX

ブレード口座

1.03pips 0.9pips 1.27pips 3.2pips
XM

ZERO口座

1.1pips 1.1pips 1.6pips 3.8pips

BigBossのボーナス

以前は私の中では、至って並レベルの海外FX業者だったBigBossですが、2019年に入ってから取引ボーナスが常時適用され、さらにスポット―で100%入金ボーナスキャンペーンが開催されるようになりました。

スキャルピングに一切制限がない海外FX業者はボーナスが手薄になるという場合がほとんどですが、BigBossのプロスプレッド口座に関しては1Lotあたり4ドルのキャッシュバック(取引ボーナス)が常に適用され、さらにスポットで開催される100%入金ボーナスキャンペーンの対象にもなっています。

スキャルピングが制限なくできて、さらにボーナスが手厚い海外FX業者はBigBoss以外にないということは間違いありません。

>>BigBoss公式サイト

BigBossのストップレベル

スキャルピングにもいろいろなトレードスタイルがありますが、私の場合はスキャルピングでもマウスを片手にチャートに張り付くのが嫌なタイプなので、逆指値注文(損切注文)を必ず入れるというトレードスタイルです。

特に取引ロットが大きくなってくると、わずか1pips約定が遅れても損失がとても大きくなるため、逆指値注文(損切注文)を入れるスキャルピングは精神的な負担が軽減されます。

逆指値注文(損切注文)をタイトに入れるようなスキャルピングをする人にとって重要になってくるのがストップレベルです。

 icon-lightbulb-o ストップレベルとは?指値や逆指値などの予約注文を入れるとき、今のレートからある程度の値幅がないと注文が通らないのですが、この「ある程度の値幅」がストップレベルです。

例えばドル円のストップレベルが2.0pipsの場合

例1)成り行きで110.10でロングポジションを持った場合、損切注文、利確注文とも今のレートから2pips以上離れていないと注文が通らないので、110.10でロング、110.09で損切という注文ができない。

例2)今のレートが110.10で指値買い注文を入れたい場合、このレートから2pips以上離れていないと注文が通らないので、今のレートが110.10の時に110.09で指値買いという注文は通らない。

あと1pips逆行したら損切をしたい、という場合ストップレベルがあると損切をタイトに入れることができないため、チャートから全く目が離せずトイレにも行けないという状況になってしまうのですが、BigBossのプロスプレッド口座はストップレベルがゼロなので、今のレートから0.5pips逆行したら損切をするという注文を通すことができます

ストップレベルがゼロの海外FX業者

BigBossのプロスプレッド口座と同様に、Tradeview、TTCM、Axiory、TitanFXはストップレベルがゼロなので、損切0.5pipsなどのタイトなスキャルピングトレードをすることが可能です。

なお、BigBossにはスタンダード口座もありますが、ストップレベルが2pipsあるため、スキャルピングメインであればプロスプレッド口座のほうがおすすめです。

ちなみに日本人に人気のXMはストップレベルが異様に広いので、損切をタイトに入れてトレードをしたいという人には完全に不向きです。

BigBossの約定力

BigBossでスキャルピングをやる最大の強みは、BigBossの約定力の強さです。私が実際に利用している感覚で言うと、約定が強く速い海外FX業者はXM、BigBoss、Axioryの3社なのではないかと思います。この3社であれば、クリックと同時に約定という感覚でスキャルピングをすることができるという感覚で大丈夫です。

>>BigBoss公式サイト

BigBossのスキャルピングまとめ

BigBoss(ビッグボス)のスキャルピングはおすすめできるポイントだらけと言っても過言ではありません。

・約定力は海外FX業者の中でもトップクラス

・スプレッドの狭さも上位に入る

・スキャルピング制限が一切ない業者にも関わらずボーナスが豊富

・プロスプレッド口座はストップレベルがゼロ

・最低入金額1万円で手数料がかからない

BigBossの最低入金額の設定はわずか1万円で入金手数料が無料なので、まだBigBossに口座開設していない人はBigBossの約定力やボーナスのメリットをぜひ体感してみてください。クイック口座開設であれば、すぐにトレードを開始することができます。

>>BigBoss公式サイト

 

BigBossのスプレッドやボーナスのまとめ記事は『BigBossの評判は?スプレッド、ボーナス他18項目まとめ』を、口座開設や入金、出金などの注意点は『BigBossの口座開設~入金、出金の注意点と口座種類を徹底解説!』を参考にしていただければと思います。