この記事では当サイトで最もおすすめしている海外FXのコピートレード、HotForex(ホットフォレックス)のHFコピーに現在登録しているストラテジープロバイダーの成績を吟味していきます。

すでにHotForexの自動売買をやっている人も参考にしていただければと思います。HotForexのコピートレードをやったことがない人も、HFコピーはわずか100ドルでスタートできるのでぜひチャレンジしてみてください。

HotForex コピートレードの特徴

海外FXの自動売買はたくさんありますが、その多くはPAMMなのでトレード履歴はおろか、現在保有しているポジションが何なのかということさえ知ることができません。その点HotForex(ホットフォレックス)はMAMとなっており、コピートレードを開始する前に、収益率やドローダウンなどの詳細を見ることができます

・MT4の稼働は不要なのでVPSも不要

・EAの自動売買とは違い、難しい設定も不要

・スマホだけでFXの自動売買ができる

・100ドルの少額投資ができる

HotForexのコピートレードは、EAのような難しい設定は一切必要ないので、FXの自動売買初心者でも簡単にはじめることができるという特徴を持っています。

 

HotForexのストラテジープロバイダーを調査

HotForex(ホットフォレックス)には世界各国の優秀なトレーダーが集まり、ストラテジープロバイダー(コピートレードの送信者)として登録をしていますが、当サイトでは時々チェックしてサイトにアップしていこうと思います。

GONG SEKATI

GONG SEKATIというインドネシアのトレーダーですが、開始からまだ3か月ほどしか経過していませんが、500ドルスタートで6,200ドルの利益をたたき出しています。9月は912ドル、10月は411ドル、11月は22ドルという感じで現在のところ月間ベースでのマイナスはないという状況です。

HotForexのコピートレード

 

過去3か月間のトレード回数は285回ですが、勝率は怒号の100%となっています。よってドローダウンは現在0%という感じですが、私としては負けトレードがどの程度になるのかを見てみたいという印象です。勝率がやたらといいコピートレードは負けトレードになった時の損失がどの程度かを把握しておきたいところです。勝率や利益率だけを見てはダメというところが海外FXの自動売買で注意したいところです。

>>HotForex公式サイト

 

LORD STARK

HotForexのストラテジープロバイダー(コピートレードの送信者)の古株LORD STARKです。こちらもインドネシアのトレーダーで、稼働日数は1年近くになる古株ですね。年間通して6月のみがマイナスという結果となっていますが、最大ドローダウン25%でここまでの成績を出せるトレーダーはあまりお目にかかることができません

 

1回のトレード時間が3日以上になることもあるので、デイトレよりも長いスパンでトレードをするタイプのトレーダーのようです。HotForexのコピートレードは直近のトレード履歴までもが公開されているので、どんなトレードがされているのかというのも知ることができます。

勝率が80%となっていますが、先ほどのような勝率100%よりもこちらのほうが私的にはなんか安心感があります。いずれにせよ1年間で負け越した月が1回だけなので、安定感としては抜群ですね

>>HotForex公式サイト

 

TAHA TRADING

稼働開始からまだ1か月ほどのベトナムのトレーダーTAHA TRADINGです。500ドルスタートですが、11月には763ドルの利益を上げています。最大ドローダウン31%なので、許容できるレベルのドローダウンではないかと思います。

稼働日数が少ないトレーダーの場合、見るべきところはトレード回数、勝率、平均利益、平均損失あたりを見ればいいと思います。このトレーダーの場合トレード回数189回で勝率58%ですが、平均利益32ドルに対し平均損失が13ドルなので、リスクリワードのバランスがとれたトレーダーという判断ができます。ポジションの平均保有時間が12時間なので、デイトレをメインとしたトレーダーであるということも分かります

HotForexのコピートレードは多くのトレーダーが出た利益の30%ほどの設定となっていますが、このトレーダーは20%なのでねらい目かもしれません。

HotForexのコピートレードの詳細は始め方は『HotForexのコピートレードをおすすめする3つの理由』をぜひ参考にしていただければと思います。

>>HotForex公式サイト