海外FXには口座開設ボーナスや入金ボーナスなど豊富なボーナスが用意されていますが、この記事では海外FXのボーナスに関して知っておきたい基礎知識を詳しく解説しています。

もらったボーナスの正しい使い方から、ボーナスを悪用した両建てトレードなどについても詳しく解説していますので、参考にしていただき海外FXのボーナスを有効に活用してください。

海外FX ボーナスの使い方と悪用(両建て)について詳しく解説!

海外FXのボーナス種類について

海外FXのボーナスには大別して3つのボーナスがあります。口座開設ボーナス(未入金ボーナス)、入金ボーナス、キャッシュバックボーナスという3つの定番ボーナスについて、まずは簡単に解説をしていきます

口座開設ボーナス

海外FXの口座開設ボーナスは未入金ボーナスやノーデポジットボーナスなどと呼ばれる場合もありますが、海外FX業者で新規口座開設をする際にもらうことができるボーナスです。

トレード資金を1円も入金することなくボーナスがもらえ、ボーナスを利用して出た利益分は無制限で出金できる海外FX業者も多いため、完全ノーリスクで一攫千金が狙える可能性もあります。

実際に私の知り合いでも、海外FXの口座開設ボーナスだけで数十万円の利益を出し、出金している人もいるので確実にもらっておきたいボーナスです。

口座開設ボーナスがある海外FX業者は『海外FXの口座開設ボーナスを詳しく解説!おすすめはココ!』にまとめていますので、しっかりとボーナスをもらっておきましょう。

入金ボーナス

文字通り入金に対してもらうことができるボーナスで、ボーナスの付与率や上限金額はブローカーや開催されているボーナスキャンペーンによって異なります。

海外FXの入金ボーナスは100%入金ボーナスや200%入金ボーナスなどもあるため、入金額の2倍、3倍のボーナスをもらうということも当たり前のようにあります

下のスクリーンショットはis6comで200%入金ボーナスを利用して2万円を入金したスクリーンショットですが、入金額2万円に対して4万円のボーナス(クレジット)をもらうことができています。入金したのは2万円ですが、ボーナス4万円がもらえているため、トータルで6万円の証拠金で有利にトレードができるということになります。

海外FXのボーナスはクレジットとして反映される

入金ボーナスがある海外FX業者は『海外FXの入金ボーナス【全てが分かる】完全解説!おすすめはココ!』にまとめていますので、入金ボーナスを有効に活用してトレード資金を2倍や3倍にして、トレードを有利にすすめていきましょう。

キャッシュバックボーナス

キャッシュバックボーナスは取引量に応じてもらうことができるボーナスです。キャッシュバックの金額はブローカーによって異なりますが、1Lot往復の取引で1ドル~5ドル程度が一般的です。

海外FXのボーナスの使い方

海外FXのボーナスの使い方

ボーナスは「クレジット」に計上される

ほとんどの海外FX業者ではメタトレーダーを利用してトレードをするようになりますが、海外FXのボーナスがどのように口座に反映されるかということをまずは確認してみましょう。

メタトレーダーには「残高」「クレジット」という項目がありますが、海外FXでボーナスをもらった場合、ボーナス分は「クレジット」という項目に計上されます。

下の口座は実際にis6comの200%入金ボーナスキャンペーンを利用して2万円を入金した時のスクリーンショットです。

「残高」には入金をした現金残高となる2万円が計上され、今回は200%入金ボーナスキャンペーンを利用しているので、2万円の200%に相当する4万円が「クレジット」という項目に計上されています。

その下に「有効証拠金」という項目がありますが、「残高」と「クレジット」の合計が「有効証拠金」ということになります。

海外FXのボーナスはクレジットとして反映される

「残高」と「クレジット」の違い

「残高」は出金が出来る金額ですが、「クレジット」に計上されているボーナス分に関しては証拠金としては利用することができますが、ボーナスそのものを出金するということはできません

残高が優先して消費される

ボーナスをもらった状態でトレードで負けてしまった場合は、まずは「残高」が優先して消費されます。「残高」2万円、「クレジット」4万円の状態でトレードで1万円負けた場合、「残高」と「クレジット」は以下のようになります。

海外FXのボーナスの使い方

ボーナスによるマイナス残高リセット

海外FXでボーナスをもらってトレードをする場合、「有効証拠金」がゼロにならない限り、「残高」がゼロになってもトレードを続けることができます。そしてトレードで負けがこんでくると「残高」がマイナスになる場合もあります。

「残高」がマイナスになってしまった場合、一定時間で定期的にマイナス残高が「クレジット」(ボーナス分)で相殺されるのですが、ポジションを保有している場合はマイナス残高はリセットされないままということになります。

「残高」がマイナスになってしまっても「有効証拠金」がゼロにならない限りはトレードを継続できますが、「有効証拠金」がゼロになってしまうとロスカットとなり、トレードは継続できなくなってしまいます。

海外FXのボーナス、マイナス残高リセット

最初のうちは海外FXのボーナスの使い方が分かりずらいかもしれませんが、実際にボーナスを使ってみるとそれほど難しいことはありません。「残高」と「クレジット」の合計金額となる「有効証拠金」がゼロにならない限りはボーナスを使ってトレードを継続できるので、ボーナスをもらったら「有効証拠金」も必ずチェックするようにしてみてください。

海外FXのボーナスを悪用した両建てトレードとは?

海外FXについていろいろと調べていると、口座凍結や出金拒否などについて耳にすることもありますが、実は海外FXで出金拒否や口座凍結になる原因のほとんどがボーナスを悪用した両建てトレードです。意識的にはボーナスを悪用した両建てをやっていなくても、結果的にボーナスの悪用と判断されて出金拒否や口座凍結になってしまわないように、海外FXのボーナスを悪用した両建てトレードについて詳しく見ていきましょう。

海外FXのボーナスを悪用した両建てトレードとは?

2つの取引口座を使った両建て

海外FXのボーナスを悪用した両建ては、入金ボーナスが利用できる2つの取引口座を使って両建てトレードをします。入金ボーナスがある海外FX業者であれば異業者でもいいですし、他の人の名義を借りてバレないようにするという人も多いです。(必ずバレますので絶対にやらないようにしてください)

例として具体的にLANDFXの100%入金ボーナスとis6comの100%入金ボーナスを利用して50万円ずつ入金をすると、それぞれの口座残高はこのようになります。

・LANDFX 現金残高50万円 クレジット(ボーナス)50万円

・is6com 現金残高50万円 クレジット(ボーナス)50万円

そして、この2つの口座を使って同時に反対方向のポジションを持ち両建てをします。

LANDFXではドル円のロングを10Lot、is6comではドル円のショートを10Lotという感じです。

同時に反対方向のポジションを持つので、値動きとともに一方のポジションはプラスに、もう一方のポジションはマイナスに当然なっていきますが、一方のポジションがロスカットになるまでポジションを放置します。

すると、一方のポジションはマイナス100万円でロスカットになり、もう一方のポジションはプラス100万円になります。(ロスカット水準を度外視した場合)

当然、本来であれば差し引きの損益はゼロになりますが、100万円のうち50万円分はボーナス分なので、実質的な損失は50万円となるため、トータルで50万円の利益を簡単に出すことができます。

これが海外FXのボーナスを悪用した両建てで、誰にでも簡単にできる上に確実に利益を出すことができるため、バレないと思って複数のグループなどでやる人もいますが、異業者や異なった名義でやってもポジショニングが明らかに不自然になるため、精査されて確実にバレてしまいます。

その結果利益分のトレードは取り消され、トレードの損失だけが残ることになります。

is6comやLANDFXに限らず、入金ボーナスがある海外FX業者はボーナスを悪用した両建てには常に目を光らせているので、確実に出金拒否と口座凍結になってしまいます

いいことは何もないので絶対にやらないようにしましょう。

海外FXのボーナスの使い方まとめ

海外FXのボーナスの使い方や間違った使い方(ボーナスの両建て)について見てきましたが、海外FXのボーナスは正しい使い方をすれば確実にトレードを有利にすることができます。

海外FXのボーナスには資金を1円も入れることなくもらえる口座開設ボーナスもあるので『海外FXの口座開設ボーナスを詳しく解説!おすすめはココ!』を参考にしていただき完全ノーリスクで海外FXのハイレバトレードを試してみてください。

またボーナスによってトレード資金を2倍、3倍にすることができる入金ボーナスもトレードを有利にできる有効なボーナスなので『海外FXの入金ボーナス【全てが分かる】完全解説!おすすめはココ!』を参考にしていただければと思います。