この記事ではis6com(is6)のスプレッド比較などをしながら、is6comのスプレッドを検証しています。is6comに利用価値があるかどうかを判断するうえで重要なのでじっくりと見ていきましょう。

is6comの取引口座

is6comには以前プロ口座というスプレッドの圧縮に特化した取引口座が存在しましたが、現在はプロ口座の取り扱いはなく、マイクロ口座とスタンダード口座の2種類となっているようなので、それぞれの口座の特徴を見ていきましょう。

マイクロ口座

一般的なMT4の取引ロットは1.0lot=10万通貨ですが、is6comのマイクロ口座の場合は1.0lot=1,000通貨となっています。マイクロ口座とスタンダード口座の取引枚数を表にまとめてみました。

MT4での表示 マイクロ口座 スタンダード口座
100.0 10万通貨 1.000万通貨
10.0 1万通貨 100万通貨
1.0 1,000通貨 10万通貨
0.1 100通貨 1万通貨
0.01 10通貨 1,000通貨

なお、is6comのマイクロ口座の最小取引ロットは0.05ロット(50通貨)からで、最大取引ロットは100ロット(10万通貨)となっていますので、海外FX初心者の練習トレードでも使うことができますし、勝負どころでは10万通貨までの取引ができるので、幅広く使うことができます。

 icon-lightbulb-o 少額取引専用口座海外FX業者では少額取引専用口座を扱っているブローカーは少なく、10通貨単位からトレードができるのはis6comのマイクロ口座とXMのマイクロ口座くらいしかありません。

マイクロ口座のデメリット

is6comのマイクロ口座はスタンダード口座と比べてスプレッドが広いだけでなく、口座開設ボーナスや入金ボーナスの対象外になることがあります。その時によってボーナスの対象になったりならなかったりするため、利用する時はボーナスの対象になっているかどうかをその都度確認するようにしてください。

スタンダード口座

入金ボーナスや新規口座開設ボーナスなどの全てのボーナスキャンペーンが適用される最も利用価値が高い口座がスタンダード口座です。ただ、海外FX業者全体としては、スプレッドは決して狭いほうではないので、後述するis6comのボーナスキャンペーンを利用してスプレッドの広さをカバーするということになります。

>>is6com公式サイト

 

is6comのスプレッド

is6com(is6)のマイクロ口座、スタンダード口座の平均スプレッドを表にまとめていきます。

XMの場合はスタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドが同じですが、is6comはスタンダード口座よりもマイクロ口座のほうがスプレッドが広いという仕様になっています。

is6com マイクロ口座 is6com スタンダード口座
ドル円 2.0pips 1.6pips
ユーロドル 1.9pips 1.5pips
ユーロ円 2.9pips 2.3pips
ポンドドル 3.1pips 2.4pips
ポンド円 3.9pips 3.1pips
豪ドル米ドル 2.5pips 2.0pips
豪ドル円 3.7pips 2.9pips

>>is6com公式サイト

 

is6comのスプレッド比較

is6com(is6)のスプレッドを他の海外FX業者のスプレッドと比較をしてみます。スタンダード口座、マイクロ口座それぞれのスプレッド比較を見ていきましょう。

スタンダード口座のスプレッド比較

is6comの魅力はやはり最大200%の入金ボーナスなので、入金100%ボーナスキャンペーンを利用できるXMのスタンダード口座、GEMFOREXのオールインワン口座、LANDFXのLPボーナス口座と平均スプレッドを比較してみます。

XMのスプレッドと比較するとis6comのスプレッドがやや狭いですが、GEMFOREXやLANDFXと比較してしまうと、is6comのスプレッドは広いということが言えます。

is6com
スタンダード
XM
スタンダード
GEMFOREX
オールインワン
LANDFX
LPボーナス
USD/JPY 1.6pips 1.6pips 1.2pips 0.9pips
EUR/USD 1.5pips 1.8pips 1.2pips 0.7pips
EUR/JPY 2.3pips 2.5pips 1.4pips 1.5pips
GBP/USD 2.4pips 2.2pips 1.5pips 1.2pips
GBP/JPY 3.1pips 3.6pips 1.9pips 1.9pips
AUD/USD 2.0pips 2.0pips 1.5pips 1.3pips
AUD/JPY 2.9pips 3.4pips 1.6pips 2.0pips

>>is6com公式サイト

 

マイクロ口座のスプレッド比較

次にXMのマイクロ口座とis6comのマイクロ口座の平均スプレッドを比較してみます。XM、is6comともに口座開設ボーナスと入金ボーナスがあるという面では同じですが、マイクロ口座ではXMのほうが若干スプレッドが狭いようです。

XM マイクロ口座 is6com マイクロ口座
ドル円 1.6pips 2.0pips
ユーロドル 1.8pips 1.9pips
ユーロ円 2.5pips 2.9pips
ポンドドル 2.2pips 3.1pips
ポンド円 3.6pips 3.9pips
豪ドル米ドル 2.0pips 2.5pips
豪ドル円 3.4pips 3.7pips

>>is6com公式サイト

 

is6comはボーナスの利用が必須

is6com(is6)のスプレッド比較で分かる通り、is6comのスプレッドは他の海外FX業者として広いということが言えるので、is6comの入金ボーナスを利用してスプレッドの広さをカバーするということが必要です。

is6comの入金ボーナスのメリット

is6com(is6)の入金ボーナスには、このようなメリットがあります

・入金ボーナスキャンペーンの頻度が高い

・最大200%の入金ボーナスで資金が3倍になる

私自身もis6comを利用するときがありますが、利用するのは100%や200%の高額入金ボーナスが利用できるときのみです。is6comのスプレッドの広さを考えると、高額入金ボーナスを利用できないのであれば利用する価値は全くないということが言えるでしょう。

ただ、高額ボーナスが利用できる状況であればスプレッドの広さをカバーできるので、私の場合は主に200%入金ボーナスが利用できる時のみ利用をしています。

is6comの200%入金ボーナスを使えば、わずか2万円の入金でもこのようにボーナス4万円がもらえるため、トータルで6万円の証拠金を利用することができます。

is6comは200%入金ボーナスがおすすめ

>>is6com公式サイト

 

is6comの入出金手数料

is6comは2万円未満の入金には1,500円の入金手数料がかかってしまうため、なるべくであれば入金手数料がかからない2万円以上の入金が理想です。

出金手数料は1か月に1回の出金であれば、出金手数料無料で出金が可能ですが、月2回目以降の出金や入金後にトレードをしないで出金をする場合については、出金額の2%(出金額が20万円以下の場合は一律4,500円)の出金手数料がかかりますのでご注意ください。

 

is6comは金融ライセンスがない

is6com(is6)は現在のところどこの国にも金融ライセンスがない無登録業者です。金融ライセンスがあるから安全というわけではありませんが、金融ライセンスがないということは安全面での評価を下げざるをえません。

このような安全面も考え、私の場合は200%入金ボーナスがもらえるときだけ、毎回必ず入金を2万円にするようにしています。

また、月1回であれば出金手数料が無料なので、資金が5万円や10万円程度になったらこまめに出金するというスタイルをおすすめします。

出金をすると当然ボーナスが消滅してしまいますが、また次回高額入金ボーナスを利用できるときに限り利用するという感じの使い方でいいのではないかと思います。

>>is6com公式サイト

 

is6comのスプレッドまとめ

is6com(is6)のスプレッドは他の海外FX業者と比較しても広めの設定なので、100%や200%入金ボーナスを利用してトレード資金を2倍、3倍にすることでカバーをするのがベストです。

入金ボーナスがない場合は利用価値が全くないので、他の海外FX業者と併用してスポットで利用するというのがis6comの最も賢い使い方だと思います。

まだis6comに口座を持っていない人は、まずは入金をせずにもらうことができる口座開設ボーナスをもらってトレードを試してみてください。利益分は無制限で出金ができます。

>>is6com公式サイト

is6comのまとめ記事『is6comの評判は?18項目のスペック検証で利用価値を探る』も参考にしてください。