この記事では海外FX業者HotForex(ホットフォレックス)のスプレッドを徹底的に検証していきます。私がメインで利用している海外FX口座はHotForexのゼロスプレッド口座なのですが、海外FX業者12社とのスプレッドやスペックを比較して私がHotForexを利用している理由をお伝えできればと思います。

HotForexのスプレッド比較

HotForexの口座種類は5つ

HotForex(ホットフォレックス)にはプレミアム口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座(ZERO口座)、HFコピー口座、AUTO口座という5種類の口座がありますが、この記事では裁量トレードに対応しているプレミアム口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座のスプレッドを検証していきます。

HotForexはコピートレードもおすすめ!

HotForexのコピートレードには世界190カ国から集まった優秀なストラテジーのコピートレードがPCやVPS不要で簡単にコピーすることができます。
HotForexのコピートレードについては icon-arrow-down に詳細を書いていますので参考にしてください。
HotForexのコピートレードをおすすめする3つの理由

HotForex公式サイト

プレミアム口座のスプレッド比較

まずはHotForexのSTP口座にあたるプレミアム口座の平均スプレッドを比較していきます。比較するのはXMとFBSのスタンダード口座です。

HotForex
プレミアム口座
XM
スタンダード口座
FBS
スタンダード口座
手数料 なし なし なし
USD/JPY 1.7pips 1.6pips 1.5pips
EUR/USD 1.2pips 1.8pips 0.9pips
EUR/JPY 1.7pips 2.5pips 2.0pips
GBP/USD 1.8pips 2.2pips 0.8pips
GBP/JPY 3.0pips 3.6pips 2.5pips
AUD/USD 1.5pips 2.0pips 0.9pips
AUD/JPY 2.3pips 3.4pips 2.0pips

ボーナスによるスプレッド圧縮効果もある

HotForexのプレミアム口座にはスーパーチャージボーナスが利用できるので、1Lot往復で2ドルのキャッシュバックを受け取ることができます。
(出金可能)
キャッシュバックによって実質的にはスプレッドが0.2pips圧縮されるので、ユーロドルの実質的なスプレッドは1.2pips→1.0pipsということができます。

ZERO口座(ゼロ口座)のスプレッド比較

HotForexのECN口座にあたるゼロ口座のスプレッド比較です。日本人利用者が多いTitanFXのブレード口座、XMのZERO口座と平均スプレッドを比較してみましょう。
なお、それぞれの口座で取引手数料がかかりますが、比較が分かりやすいように手数料込みのスプレッドをまとめています。

HotForex
ZERO口座
TitanFX
ブレード口座
XM
ZERO口座
USD/JPY 0.8pips 1.03pips 1.1pips
EUR/USD 0.7pips 0.9pips 1.1pips
EUR/JPY 1.4pips 1.44pips 1.6pips
GBP/USD 1.0pips 1.27pips 1.6pips
GBP/JPY 2.0pips 2.15pips 2.1pips
AUD/USD 1.4pips 1.22pips 1.4pips
AUD/JPY 1.6pips 1.82pips 2.0pips

HotForex公式サイト

HotForexのゼロスプレッド口座の実力

ゼロスプレッド口座の12社スプレッド比較

管理人が現在メインで利用しているFX口座はHotForexのゼロスプレッド口座なのですが、その理由を説明する前に海外FX業者12社のスプレッド比較を見てください。

ドル円、ユーロドル、ポンドドルの3通貨ペアのスプレッド合計(取引手数料込み)の12社の比較をランキング形式にしてみました。

USD/JPY EUR/USD GBP/USD 3通貨ペア合計
GEMFOREX
ノースプレッド口座
0.3pips 0.3pips 0.8pips 1.4pips
Tradeview ILC口座 0.6pips 0.7pips 0.9pips 2.2pips
HotForex ZERO口座 0.8pips 0.7pips 1.0pips 2.5pips
TTCM VIP口座 0.7pips 0.7pips 1.1pips 2.5pips
FBS ECN口座 0.9pips 0.6pips 1.1pips 2.6pips
LANDFX ECN口座 0.9pips 0.9pips 1.1pips 2.9pips
AXIORY
ナノスプレッド口座
1.1pips 0.9pips 1.1pips 3.1pips
iFOREX 0.9pips 0.8pips 1.5pips 3.2pips
TitanFX ブレード口座 1.03pips 0.9pips 1.27pips 3.2pips
DealFX アクティブ口座 1.0pips 1.0pips 1.7pips 3.7pips
XM ZERO口座 1.1pips 1.1pips 1.6pips 3.8pips
BigBoss
プロスプレッド口座
1.2pips 1.4pips 1.5pips 4.1pips

HotForex公式サイト

ゼロスプレッド口座(ゼロ口座)のスペックが抜群!

スプレッドの圧縮に特化した取引口座は最低入金額が高額、レバレッジやロスカット水準などのスペック面がシビアな場合が多いのですが、スプレッドランキング上位の海外FX口座のスペックを比較してみると、HotForexのゼロスプレッド口座はスペック面においてとても優れているということが分かります。

HotForex
ZERO口座
GEMFOREX
ノースプレッド口座
Tradeview
ILC口座
TTCM
VIP口座
最低入金額 200ドル
(約2万円)
30万円 10万円 200万円
レバレッジ 500倍 1,000倍 200倍 200倍
ロスカット水準 20% 20% 100% 50%
スキャルピング 一切制限なし ロット制限
EA利用不可
一切制限なし 一切制限なし
最低取引ロット 0.01Lot 0.01Lot 0.1Lot 0.01Lot

管理人がHotForexのゼロ口座をメインで使う理由

HotForexのゼロスプレッド口座はスプレッドランキングでは3位でしたが、最低入金額、レバレッジ、スキャルピング制限などの面において、TradeviewやGEMFOREXよりも優れているということがスペックの比較で分かるかと思います。

HotForex公式サイト

プレミアム口座よりもゼロスプレッド口座がおすすめ

ネット上ではHotForex(ホットフォレックス)のスーパーチャージボーナスをおすすめとしている記事がとても多いですが、おそらくHotForexのスーパーチャージボーナスを実際に使ったことがない人の記事だと思います。

スーパーチャージボーナスは入金ボーナスの意味なし

私は実際にスーパーチャージボーナスを使ってトレードをしましたが、100%入金ボーナスは入金額がゼロになると同時にボーナスが消滅するので、入金ボーナスとしての意味は全くと言っていいほどなく、単なるキャッシュバックボーナスと同レベルのボーナスです。
「スーパーチャージボーナスは入金100%ボーナス+キャッシュバックの豪華なボーナス」という情報は正確性を欠いているので、HotForexのボーナスを当てにしてHotForexに口座開設を検討している人は  の記事を参考にしていただき再検討することをおすすめします。
HotForexのボーナス徹底解説!ネット上に蔓延するウソを暴露

HotForex公式サイト

HotForexのスプレッドまとめ

ネット上では「HotForex(ホットフォレックス)のスーパーチャージボーナスがおすすめ」とされている記事がたくさんありますが、HotForexを実際に利用するとこれが間違っているということがすぐに分かります。
HotForexで利用するべきおすすめの口座タイプは間違いなくゼロスプレッド口座です。

ゼロスプレッド口座はここがおすすめ

・海外FX業者の中でもトップクラスの狭いスプレッド
・最低入金額200ドルで少額勝負も可能
・レバレッジ500倍、ロスカット水準20%で攻めのトレードが可能
・スキャルピング制限一切なしで、EAや大ロットのスキャルもOK

HotForexは日本ではそれほどメジャーなブローカーではありませんが、世界的に見た企業規模はXMよりはるかに大きく、GoogleやAppleなどの超一流企業とならんでWorld Finance Top 100 Global Companiesというファイナンス系の賞を受賞しています。
出金拒否とは無縁の安全性が高い海外FX業者を利用したいと考えている人にはHotForexを自信を持っておすすめします。

HotForexの企業規模はXMの上をいく

・口座開設者数200万口座(XMは150万口座)
・FCAやキプロスを含む7つの金融ライセンスを取得
・190カ国でブローカー業務を展開

HotForex公式サイト