LANDFXの出金拒否や口座凍結は禁止トレードを理解して回避!

LANDFXで出金拒否や口座凍結になる禁止トレードとは?LANDFX(ランドFX)

この記事ではLANDFX(ランドFX)で出金拒否や口座凍結になってしまうケースや具体的なトレードについて書いています。

・ゼロカットを悪用したトレード
・ボーナスを悪用した両建て
・HFTを使った高速スキャルピング
・経済指標を狙ったトレード

LANDFXで出金拒否や口座凍結にならないように、LANDFXで禁止されているトレードをしっかりと理解してからLANDFXを有効に使っていただければと思います。

LANDFXで出金拒否になるトレードとは?

過去に一度SNSで炎上したことがあるLANDFXの出金拒否ですが、LANDFXが出金拒否の対象にしているのはルール違反をしているごくごく一部の人です。

ここではLANDFXで出金拒否や口座凍結にならないように、LANDFXで禁止されているトレードについて詳しく解説していきますのでLANDFXの禁止事項をしっかりとおさえておきましょう。

私もLANDFXでは今までに何度となくスムーズに出金ができていますし、私のトレーダー仲間にもLANDFXを利用している人はたくさんいますが、出金拒否になった人は皆無です。

ボーナスを悪用した両建て

海外FXで出金拒否になる最も代表的な不正トレードがボーナスを悪用した両建てです。
海外FX業者の中には入金100%ボーナスを実施している業者がたくさんありますが、このボーナスを悪用することによってとても簡単に利益を出すことができます。

簡単で確実に利益が出るためやってしまう人が多く、海外FXで出金拒否になる大半がボーナスを悪用した両建てアービトラージなので、絶対にやらないようにしましょう。

ボーナスを悪用した両建てアービトラージとは?

ボーナスを悪用した両建ての具体的なトレードについて書いていますが、確実に出金拒否になり出金することはできないので絶対にやらないようにしてください。

1.ボーナスが利用できる2つの口座を用意
2.それぞれの口座に100%入金ボーナスを利用して入金
例)口座Aは5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円
口座Bも5万円入金+5万円ボーナス=証拠金10万円
3.口座Aでドル円のロング、口座Bでドル円のショートを同時にエントリー
4.どちらかの口座がロスカットになったら、もう一方のポジションを利確
5.ロスカット水準0%で考えた場合、一方の口座は10万円の利益になり、もう一方の口座は10万円の損失になるが、この証拠金にはボーナス5万円が含まれているため、実際の損失は5万円となる
6.この結果トータルで5万円の利益を出すことができる

入金ボーナスをこのように悪用した場合、確実に出金拒否になり利益分のトレードはキャンセルとなります。
つまり損失が出たトレードのみが有効となるため確実に損失になります。

LANDFXに限らず、XM、GEMFOREX、is6comなどの入金ボーナスを提供している海外FX業者も同様に出金拒否になりますので、絶対にやらないようにしましょう。

グループでボーナス悪用の両建てをやっても無駄!

他人名義で両建てをやればバレないと思い、グループで両建てをしようとしても無駄です。
一方行の不自然なトレードだけで出金申請をした場合、必ずトレードが精査される管理部門で細かく調査されます。
異業者や他人名義を使って両建てをやっても確実にバレて出金拒否になります。

相関ペアの両建てもグレーゾーン

確実なことは分かりませんが、相関ペアの両建て(ユーロドルロングでユーロ円ショートなど)もかなりグレーゾーンになってくるのでやめておいたほうがいいです。

いずれにせよこの類のトレードはあきらかに怪しい挙動になってしまいます。
ブローカーも不正トレードの挙動を熟知しているので、目をつけられることは間違いないでしょう。

どこのブローカーのガイドラインにも記載がありますが、怪しまれるような行為をしている時点でブローカーが出金拒否や口座を凍結する権利があるということを理解しておきましょう。

ゼロカットを悪用したトレードは出金拒否や追証の可能性も!

海外FXではほとんどのブローカーでゼロカットが採用されるので、原則的には入金額以上の借金リスク(追証)はありません。
ゼロカットは顧客の資金を守るための制度なのですが、これを逆手にとったトレード手法で利益を出そうとする悪質なトレーダーもいます。

ゼロカットを悪用したトレード手法とは?

雇用統計などの大きな経済指標の直前に、ロスカットにならないほどの大量のポジションを保有すると、たとえどんなにレートが飛んだとしても、負けた場合はゼロカットシステムで最大損失は入金額に限定されます。
逆に、勝った場合は大きな利益を獲得できる可能性があります。

雇用統計だけでなく、金曜日のクローズ直前に大量のポジションを保有するというのも全く同じで、レートが飛ぶ(窓が開く)前にポジションを仕込み、ゼロカットor大勝というトレードがゼロカットを悪用したトレード手法です。

このようなゼロカットシステムを逆手にとった指標トレードはLANDFXでは禁止されています。

LANDFXに限らず、他の海外FX業者でもこのようなトレードは出金拒否(利益分取り消し)や口座凍結になる可能性がとても高いです。

追証を請求される可能性もある

LANDFXはゼロカットシステムを悪用した指標トレードへの対策として、「資金管理ができていないトレーダーには追証をする」という措置をとっています。
以下はLANDFXの公式サイトからの引用です。

追証に関して
基本的にはマイナス残高はお客様が負担するものとし、サービスの一環で審査の上、Land-FXで負担させて頂きます。
ゼロカット申請は入金前にMT4アカウント番号、マイナス金額を記入し、一般サポート(日本サポート)に申請してください。
※ リスク管理がされていないと判断する場合、追証させて頂くこともございます
また複数口座をご利用の場合には別口座の残高から相殺させて頂くことがございます。
リスク管理を十分に行って頂ますようよろしくお願いいたします。
引用元:LANDFX

HFTを使った高速スキャルピングは禁止トレード!

LANDFXではスキャルピングは禁止されていませんが、HFTなどを使った高頻度のスキャルピングは禁止されているので、LANDFXでは裁量のスキャルピングをやるにとどめる必要があります。

HFT(High Frequency Trading)とはコンピュータープログラムで高頻度の売買を行うアルゴリズムで、1秒間に数万回というレベルの取引を自動で行うシステムのことです。
主に機関投資家やヘッジファンドなどで使用されます。
LANDFXのスキャルピングについては詳細を別記事に書いているので参考にしてください。

 

大ロットのトレードは取引ロット制限とレバレッジ制限に注意!

LANDFXの最大取引ロットはAXIORYやTradeviewと比較すると低めに設定されています。
また取引ロット数に応じてレバレッジ制限がかかるので、資金管理がとても難しくなります。

LANDFXの最大取引ロット

LANDFXの取引ロットは
・1ポジションの最大取引ロットは30Lot
・アカウントトータルの最大保有ロットは100Lot
と定められています。

一般的なトレーダーにとっては十分な取引ロット制限ですが、一応最大取引ロットは頭に入れておくようにしましょう。

LANDFXのレバレッジ制限

また、LANDFXのレバレッジは500倍ですが、保有するポジションが50ロットを超えてくるとレバレッジが200倍に変わるため資金管理が非常に難しくなってきます。
これを考えると、LANDFXのトレードでは保有ポジションを50ロット以内にするのがいいと思います。

詳細を公式サイトで確認する

 

LANDFXの出金拒否、口座凍結のまとめ

LANDFXの出金拒否や口座凍結に関して、管理人が知っていることはを全て書いてきましたが、最後にLANDFXの出金拒否や口座凍結に関連する知識をまとめておきましょう。

・ゼロカットを悪用したトレードは出金拒否、口座凍結、追証の可能性もある
・ボーナスを悪用した両建ては確実に出金拒否になる(利益は出金できない)
・HFTを使った超高速スキャルピングは禁止なので、出金拒否や口座凍結の可能性もある
・大ロットのトレードはレバレッジ制限に注意

LANDFX(ランドFX)は禁止トレードさえしなければ、トレーダーにとってはメリットがとても多い海外FX業者です。
スプレッドが狭いにも関わらず入金ボーナスが利用できる海外FX業者はあまりないので、LANDFXのルールをしっかりと守って有効に活用してください。

LANDFXのボーナスについては詳細を別記事に書いているので参考にしてください。

詳細をLANDFXの公式サイトで確認する

コメント

タイトルとURLをコピーしました