BigBossは追証がある?追証が請求されるケースを詳しく解説!

ビッグボスの追証(マイナス残高)について詳しく解説BigBoss
海外FXランキング2021年 ~海外FX比較の集大成~

・海外FX業者おすすめランキングTOP15
・スプレッド比較
・ボーナス比較
・仮想通貨FXのスペック比較 etc

海外FX歴14年の管理人が、実際の利用経験からメリットとデメリットを一挙公開!

この記事ではBigBoss(ビッグボス)の追証について詳しく解説をしています。
BigBossで追証が請求される可能性があるトレード方法を具体的に書いているので、BigBossの追証が心配な人は参考にしていただければと思います。

BigBossには追証があるってホント?

他の海外FX業者と同様に、BigBoss(ビッグボス)では追証がありません。
しかし、小さな注意書きで「当社が不正な取引と判断した場合は追証なしの対象外となります」という記載があります。

ビッグボスには追証がある?

「当社が不正な取引と判断した場合」というのがかなり曖昧な表現ですが、当記事ではBigBossで追証が請求されるようなトレードについても解説していきます。
トレードのルールを守って、追証が請求されることのないようにしていただければと思います。

 

BigBossで追証を請求されるケース

BigBoss(ビッグボス)に限らず、FX業者には必ずガイドラインがありますが、ほとんどの海外FX業者でゼロカットを悪用するようなトレードは禁止されています。
海外FXの追証なしというシステムを逆手にとったゼロカットを悪用するようなトレードを具体的に確認しておきましょう。

 

経済指標前に多くのポジションを仕込む指標トレード

アメリカの雇用統計などの経済指標では、発表と同時にレートが大きく飛ぶということがよくあります。
指標発表前にロスカットにならないギリギリのポジションを保有し、「勝てば爆益」「負けてもゼロカットで追証がない」ということを意図的に狙うのは、ほとんどの海外FX業者でガイドライン違反となります。

トレードの流れでたまたま指標発表時にポジションを持ってしまうということであれば問題ありませんが、このようなタイミングばかりを狙ったトレードをした場合、BigBossで追証を請求される可能性があります。

 

金曜クローズ直前に多くのポジションを仕込む

FXは土日が休場となるのはご存じの通りです。
金曜日のクローズ前にポジションを保有していた場合は、ポジションを月曜日に持ち越すことになります。
そして、月曜日開場時に大きな窓が開くこともあります。
(金曜クローズ時から月曜開場時のレートが飛ぶ)

これを意図的に狙うようなトレードも、指標トレードと同様にガイドライン違反となります。
金曜クローズ前にロスカットにならない程度のポジションを保有し、「思う方向に大きく窓が開けば爆益」、「負けてもゼロカットで追証がない」ということを意図的に狙うようなトレードは規約違反となります。

 

追証が請求されるだけでなく出金拒否になる可能性も高い

指標トレードや窓開けを狙ったトレードは追証が請求される可能性があるだけでなく、利益が出たとしても出金拒否される可能性も十分に考えられます。
BigBoss(ビッグボス)だけでなく他の海外FX業者でも同様なので、ゼロカットを悪用したトレードは絶対にしないようにしましょう。

BigBossの公式サイトへ

 

BigBossのゼロカット

禁止トレードをしないかぎり、BigBoss(ビッグボス)ではゼロカットにより追証が請求されるということはありません。
そのため、BigBossで残高がマイナスになったからといって、焦って入金する必要はありません。
マイナス残高発生からゼロカットになる流れを確認しておきましょう。

 

マイナス残高のリセット(クレジットがある場合)

BigBoss(ビッグボス)には取引ボーナスや入金ボーナスがありますが、これらのボーナスはクレジットという項目に計上されます。
そして、クレジットがある状態で取引口座で残高がマイナスになった場合は、マイナス残高とクレジットが相殺されます。

例えば、クレジット(ボーナス残高)が1万円ある状態で、残高がマイナスになってしまった場合、時間の経過とともに自動でマイナス残高とクレジットが相殺され、マイナス残高がゼロになります。

ビッグボスのゼロカット、マイナス残高について

 

クレジットがない場合のゼロカット(マイナス残高リセット)

BigBoss(ビッグボス)のロスカット水準は20%なので、証拠金維持率が20%を下回ると保有しているポジションが強制ロスカットになります。
そのため通常であれば、クレジットがない場合は残高がマイナスになるということはありません。

しかし、相場が一気に大きく動いた場合などは、ロスカット注文が約定せずに残高がマイナスになるといこともあります。

このような状況になってしまった場合でも、BigBossはゼロカットを採用しているため、本来追証となるマイナス残高はBigBossの負担によってゼロにリセットされます

BigBossの公式サイトへ

 

BigBossの追証まとめ

BigBossでは追証があるという勘違いをしている人もいると思いますが、通常のトレードをしている限りはBigBossで追証が請求されるということはありません。

BigBossの場合は、かなり目立つところに追証の可能性について書かれているため目立ちますが、他の海外FX業者の場合はガイドライン(利用規約)などで記載されている場合がほとんどです。

いずれにせよ、ゼロカットを逆手にとって利益を出すようなトレードは出金拒否や追証が請求される可能性があります。
絶対にやらないようにしましょう。

 

海外FXランキング2021年 ~海外FX比較の集大成~

・海外FX業者おすすめランキングTOP15
・スプレッド比較
・ボーナス比較
・仮想通貨FXのスペック比較 etc

海外FX歴14年の管理人が、実際の利用経験からメリットとデメリットを一挙公開!

BigBoss
海外FXのボーナス最新情報

・海外FXのボーナス最新情報
・海外FXのボーナス比較
・ボーナスの使い方や注意点

海外FXのボーナスに関する知識とお得なボーナスが一気に分かる!

海外FXの達人をフォローする
この記事を書いた人
海外FXの達人

追証200万円の経験をきっかけに海外FXのみに転換。海外FX歴は13年目に突入。
モンスト好きの2男1女の父

海外FXの達人をフォローする
海外FXの達人

コメント

タイトルとURLをコピーしました