HotForexの1ロットとは?ロット制限、最大ロット、最小ロットを解説

HotForexの1ロットとは?ロット制限、最大ロット、最小ロットを解説HotForex
海外FXランキング2021年 ~海外FX比較の集大成~

・海外FX業者おすすめランキングTOP15
・スプレッド比較
・ボーナス比較
・仮想通貨FXのスペック比較 etc

海外FX歴14年の管理人が、実際の利用経験からメリットとデメリットを一挙公開!

この記事では海外FXブローカーHotForex(ホットフォレックス)のロットについて分かりやすく解説をしています。

・海外FXと国内FXのロットの違い
・HotForexのロット制限、最大ロット、最小ロット

HotForexは口座タイプによって取引可能なロット数が違うので、当記事を参考にしていただき、利用している取引口座のロット制限をご確認ください。

 

HotForexの1ロットとは?

国内FX業者では1万通貨を1枚という単位を使いますが、HotForexなどの海外FX業者ではロットという取引単位を使います。

 

海外FXと国内FXの単位の違い

国内FXと海外FXの単位の違いを表にまとめて見ていきましょう。

取引量海外FX(ロット)国内FX
1,000通貨0.01ロット
1万通貨0.1ロット1枚
10万通貨1ロット
100万通貨10ロット

HotForexの1ロット=10万通貨で、国内FXで使う1枚=1万通貨は0.1ロットになるということがちょっとややこしいです。

1万通貨=1枚=0.1ロットを基準にしたほうが分かりやすいのではないかと思います。

 

メタトレーダーの注文ではロットを使う

HotForex(ホットフォレックス)ではメタトレーダー(MT4、MT5)を使ってトレードをしますが、メタトレーダーでは「ロット(Lot)」という単位を使用することになります。

黄色い□内が取引ロット数で、0.1ロットの場合は1万通貨、0.5ロットの場合は5万通貨の注文を出すことになります。

GEMFOREXでトレードをする時はLot(ロット)の単位を使う

 

HotForexの最大ロット数、ロット制限

HotForexには様々な口座タイプがあり、取引口座によって最大ロット数や最大保有ポジションが変わってきます。

マイクロ口座プレミアム口座ZERO口座
最小取引ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大取引ロット7ロット60ロット60ロット
最大保有ロット150ロット300ロット500ロット

 

最大ロット数

表にまとめている最大取引ロットとは、1回のトレードにおける取引ロットの制限です。
マイクロ口座は7ロット、プレミアム口座とゼロ口座は60ロットの注文を1回のオーダーで入れることが出来ます。

 

最大保有ロット

HotForexの1口座あたりで保有できる最大ポジションは以下のとおりです。

・マイクロ口座 150ロット
・プレミアム口座 300ロット
・ゼロ口座 500ロット

例えば、プレミアム口座で10ロットのトレードをする場合、10ロット×30ポジション=300ロットまでポジションを保有することが出来ます。

このロット数であれば、ほぼロット制限を気にすることなくトレードができるレベルではないかと思います。
HotForexにはスキャルピングの制限もないので、大きなロットで短期決済を繰り返すというトレードも全く問題なくできます。

 

ロット制限による出金拒否の心配は無用

GEMFOREXやis6FXなどのDD業者の場合、大ロットトレードで出金拒否をされたという話を時々耳にしますが、HotForexのロット制限で出金拒否になったというのは今まで聞いたことがありません。

HotForexは出金拒否の噂が全く出たことがない海外FX業者なので、大きなロットでトレードをしたいという人でも安心して利用することが出来ます。

特にゼロスプレッド口座はスプレッドがとても狭いので、大ロットのトレードでも取引コストをかなり低くすることが出来るのでおすすめです。

 

XMとHotForexのマイクロ口座の違いに注意

マイクロ口座と聞くとXMのマイクロ口座を思い浮かべる人も多いのではないかと思います。
XMのマイクロ口座は1ロット=1,000通貨の少額取引専用口座ですが、HotForexのマイクロ口座は1ロット=10万通貨です。

同じマイクロ口座でも、取引ロットが全く違うのでご注意ください。

HotForexのマイクロ口座は「5ドルの入金からトレードができる」という意味で少額取引が利用できる取引口座ですが、XMのマイクロ口座のように10通貨や100通貨の取引はできません。

HotForexの公式サイトへ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました