この記事では海外FX業者HotForex(ホットフォレックス)のスプレッド

を徹底的に検証していきます。

 

私がメインで利用している海外FX口座が、

HotForexのゼロスプレッド口座です。

 

他の海外FX業者とスプレッドやスペックを比較して、

私がHotForexを利用している理由をお伝えできればと思います。

 

HotForexの基本情報
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン金融庁
運営実績 運営開始は2010年~
ドル円スプレッド プレミアム口座、マイクロ口座:1.7pips
ZERO口座:0.2pips(手数料0.6pips/1Lot往復)
icon-link スプレッドの詳細
ボーナス プレミアム口座、マイクロ口座:ボーナス適用
ZERO口座:ボーナス対象外
icon-link ボーナスの詳細
最大レバレッジ マイクロ口座:1,000倍
ZERO口座、プレミアム口座:500倍
ロスカット水準 マイクロ口座:10%
ZERO口座、プレミアム口座:20%
追証 ゼロカット採用で追証なし
取扱い銘柄 FX通貨ペア50銘柄、仮想通貨、株式などのCFD90銘柄
入出金手段 クレジットカード、デビットカード、bitwallet、ビットコイン他
icon-link 入出金の詳細
日本語サポート 日本人スタッフによるメール、チャットは迅速対応
公式サイト ほぼ日本語対応も部分的に分かりずらい
HotForexの特徴
・最低入金額200ドルでスプレッドが狭いZERO口座を利用できる
・bitwallet利用で利益分も超速出金
・コピートレードに優秀なトレーダーが集まっている( コピートレードの詳細
・円口座がない

 

 

HotForexのスプレッド比較

HotForex(ホットフォレックス)には

プレミアム口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座(ZERO口座)

HFコピー口座、AUTO口座

という5種類の口座があります。

 

この記事では裁量トレードに対応している

プレミアム口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座

のスプレッドを検証していきます。

 

 icon-pencil-square-o コピートレードもおすすめ!

HotForexのコピートレードは、世界190カ国から集まった優秀なストラテジーのコピートレードがPCやVPS不要で簡単にコピーすることができます。
詳細はこちらを参考にしてください。
HotForexのコピートレードをおすすめする3つの理由

 

プレミアム口座のスプレッド比較【XM、FBSと比較】

まずはHotForexのプレミアム口座の平均スプレッドを比較していきます。

XMとFBSのスタンダード口座のスプレッド比較がこちらです。

HotForex
プレミアム口座
XM
スタンダード口座
FBS
スタンダード口座
手数料 なし なし なし
USD/JPY 1.7pips 1.6pips 1.5pips
EUR/USD 1.2pips 1.8pips 0.9pips
EUR/JPY 1.7pips 2.5pips 2.0pips
GBP/USD 1.8pips 2.2pips 0.8pips
GBP/JPY 3.0pips 3.6pips 2.5pips
AUD/USD 1.5pips 2.0pips 0.9pips
AUD/JPY 2.3pips 3.4pips 2.0pips

 

HotForexのプレミアム口座にはスーパーチャージボーナスが利用できるので、

1Lot往復で2ドルの出金可能なキャッシュバックを受け取ることができます。

 

キャッシュバックによって実質的にはスプレッドが0.2pips圧縮されるので、

ユーロドルの実質的なスプレッドは1.2pips→1.0pipsということができます。

 

ゼロ口座のスプレッド比較【XM、TitanFXと比較】

HotForexのゼロ口座(ZERO口座)のスプレッド比較です。

TitanFXのブレード口座、XMのZERO口座と平均スプレッドを比較してみましょう。

取引手数料込みのスプレッド比較

HotForex
ZERO口座
TitanFX
ブレード口座
XM
ZERO口座
USD/JPY 0.8pips 1.03pips 1.1pips
EUR/USD 0.7pips 0.9pips 1.1pips
EUR/JPY 1.4pips 1.44pips 1.6pips
GBP/USD 1.0pips 1.27pips 1.6pips
GBP/JPY 2.0pips 2.15pips 2.1pips
AUD/USD 1.4pips 1.22pips 1.4pips
AUD/JPY 1.6pips 1.82pips 2.0pips

 

HotForexのZERO口座のスプレッドは、

TitanFXのブレード口座のスプレッドよりも圧倒的に狭い

ということがスプレッド比較で分かります。

 

 

HotForexのゼロスプレッド口座の実力

管理人が現在メインで利用しているのがHotForexのゼロスプレッド口座ですが、

その理由がこちらです。

・TradeviewやTTCMと同レベルの最狭スプレッド

・最低入金額がわずか200ドル

・ハイレバレッジを利用できる

 

ゼロスプレッド口座は最低入金額200ドルで利用可能

海外FX業者にはスプレッドが狭い取引口座が用意されている場合が多いですが、

・最低入金額が高額

・レバレッジやロスカット水準がシビア

・スキャルピングに制限がある

・最低取引ロットが1万通貨

という感じで、スペック面がシビアなことが多いです。

 

最狭スプレッドを誇る、GEMFOREX、Tradeview、TTCMの

スプレッド、最低入金、レバレッジなどを表にまとめるとこのようになります。

HotForex
ZERO口座
GEMFOREX
ノースプレッド口座
Tradeview
ILC口座
TTCM
VIP口座
スプレッド
ドル円/ユーロドル
0.8/0.7 0.3/0.3 0.6/0.7 0.7/0.7
最低入金額 約2万円 30万円 10万円 200万円
レバレッジ 500倍 1,000倍 200倍 200倍
ロスカット水準 20% 20% 100% 50%
スキャルピング 制限なし ロット制限
EA利用不可
制限なし 制限なし
最低取引ロット 1,000通貨 1,000通貨 1万通貨 1,000通貨

 

HotForexのゼロスプレッド口座はスプレッドが狭いだけでなく、

最低入金額、レバレッジ、スキャルピング制限などのスペック面において、

TradeviewやGEMFOREXよりも優れているということが分かります。

 

ZERO口座の最狭スプレッドを試してみる

 

スキャルピング制限一切なしで、少額×ハイレバスキャルが可能

海外FXのだいご味は

「わずかな資金でも、ハイレバで一攫千金を狙うことができる」

というところにあるので、

・最低入金額は10万円以上

・レバレッジ200倍

というTradeviewやTTCMのスペックでは海外FXの魅力が半減してしまいます。

 

HotForexのZERO口座であれば、

最低入金額は約2万円で、レバレッジも500倍を使うことができるので、

少額投資で一攫千金を狙うような

アグレッシブなスキャルピングが可能ということが言えます。

 

HotForexはスキャルピングに一切制限がないので、

・大ロットのスキャルピング

・EAを使ったスキャルピング

に関しても出金拒否を気にすることなく、自由度の高いスキャルピングが可能です。

 

まとめ

管理人の海外FX歴は13年ですが、

この間あらゆる海外FX業者で口座を開設してきました。

 

たくさんの海外FX業者があるなかで、

管理人がHotForexを利用している理由を最後にまとめておきます。

・海外FX業者の中でもトップクラスの狭いスプレッド

・最低入金額200ドルで少額勝負も可能

・レバレッジ500倍、ロスカット水準20%で攻めのトレードが可能

・スキャルピング制限一切なしで、EAや大ロットのスキャルもOK

出金拒否とは無縁の安全性が高い(企業規模はXMを上回る)

・出金は最速で当日着金(bitwallet)

 

ZERO口座の最狭スプレッドを試してみる

 

 

icon-thumbs-o-up あわせて読みたいおすすめ記事

海外FXのボーナスを有効に使いたい人は
海外FXのボーナス、キャンペーン最新情報!

海外FX歴13年の管理人がおすすめする海外FX業者
海外FX業者のおすすめ【海外FXの全てが分かる鬼まとめ2020年】