XMのキャッシュバックサイト比較!最も多くキャッシュバックをもらうならココ!

XM(XM Trading)

XMは日本人利用者が多いにもかかわらず、キャッシュバックサイトを利用していない人がとても多いので、この記事ではXMのゼロ口座(ZERO口座)のキャッシュバックサイト比較や、キャッシュバックのデメリットについて詳しく解説をしていきます。

・キャッシュバックサイトを利用するメリットとデメリット
XMのゼロ口座のキャッシュバック比較
XMのスタンダード口座のキャッシュバック比較
・スタンダード口座はキャッシュバック口座を使い分けるのがベスト!
という流れで、XMのキャッシュバックに関する知識は全て書いていますので、XMのキャッシュバック口座の開設を検討している人は参考にしてください。

海外FXのキャッシュバックサイトとは?

XMの利用者はとても多いですが海外FX初心者の割合が多く、海外FXのキャッシュバックサイトについて知らないという人も多いです。
まずは海外FXのキャッシュバックサイトの仕組みやデメリットなどについて簡単に解説をしていきましょう。

キャッシュバックサイトのメリット

海外FX口座を開設する時は、ほとんどの人がネットでいろいろと検索して海外FX業者の評判や口コミなどを調べて口座を開設すると思いますが、ネット検索などではなくIB業者と呼ばれるキャッシュバックサイトを経由して口座開設をするとリベートと呼ばれるキャッシュバックをもらうことができます

IB業者や利用する海外FX業者によってリベートは変わってきますが、1Lot往復取引ごとに500円程度のリベートをもらうことができる場合が多いので、取引量が多い人はかなり多くのキャッシュバックをもらうことができます。

キャッシュバックサイトのデメリット

IB業者(キャッシュバックサイト)を経由して口座を開設することで、毎回のトレードごとにリベートを受け取ることができるというのはとても大きなメリットですが、そんなキャッシュバックサイトにもたった一つだけデメリットがあります。
それは、キャッシュバックサイト経由で口座開設をした場合、ボーナスの適用外になってしまうというデメリットです。

XMの場合は口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤリティプログラムという3つのボーナスがありますが、キャッシュバックサイトを利用した場合、入金ボーナスとロイヤルティプログラムが適用外となってしまうので注意してください。

キャッシュバックサイトの使い分け

海外FX業者には入金ボーナスを実施していないブローカーもあります。
Tradeview(トレードビュー)やAXIORY(アキシオリー)などのNDD方式を採用している海外FX業者は、ボーナスを実施しない代わりに、スプレッドや約定力にコストをかけるという傾向にあります。
また、XMのゼロ口座も同様に、スプレッドが狭い代わりにボーナスの対象外になります。

キャッシュバックサイトを利用するデメリットはボーナスが適用されないということですが、もともとボーナスがない海外FX業者や取引口座であれば、キャッシュバックサイト経由で口座開設をするデメリットは何一つなく、トレードごとにキャッシュバックをもらうことができるというメリットしかありません。

つまり、ボーナスを実施していない業者(または取引口座)を利用する場合は、キャッシュバックサイト経由で口座を開設するというのがベストな選択となってきます。

おすすめのキャッシュバックサイトは?

大小合わせるとたくさんのIB業者がありますが、私の経験上リベートのごまかしやマークアップがないおすすめのキャッシュバックサイトはこの2社だけです。

リベート率が高く、支払サイクルが早いTariTali(タリタリ)

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

提携している海外FX業者が多く、EAのプレゼントなどもあるファイナルキャッシュバック(FinalCashback)

キャッシュバックサイトには運営者情報をサイトにアップしていないような業者も多いですが、この2社は運営者の会社情報もサイトにアップしている健全なIB業者です。
運営実績も長く、実際に利用をしてしっかりとリベートをもらうことができているので、この2社であれば間違いないでしょう。

XMのゼロ口座はキャッシュバックサイト利用が必須!

前述の通り、キャッシュバックサイト(IB業者)を経由して口座開設をする場合、入金ボーナスの適用外になってしまうというデメリットがあります。
しかし、XMのゼロ口座(ZERO口座)のように、そもそもボーナスがないような取引口座の場合はキャッシュバック口座を使うことにはメリットしかありません

もしXMのゼロ口座を使っているにもかかわらずキャッシュバックサイトを使っていない場合は、追加口座でもキャッシュバック口座を作ることができるので、必ずキャッシュバック口座を開設するようにしましょう。

XMのゼロ口座でもらえるキャッシュバック比較

XMのゼロ口座でもらえるキャッシュバック(リベート)を、キャッシュバックサイトの最大手3社で比較をすると、TariTaliとFXRoyalCashbackのリベート率が同じです。

キャッシュバックは同じでも、TariTaliには
・最低支払額が1,500円
・キャッシュバックの反映が最速翌日
という大きな強みがあるので、XMのゼロ口座のキャッシュバック口座を作るのであれば、断然TariTaliをおすすめします。

TariTali(タリタリ)を経由してXMのゼロ口座を開設するだけで、1Lot往復の取引で4ドルのキャッシュバックが入ってくるので、まだXMのゼロ口座でキャッシュバック口座を開設していない人は活用するようにしましょう。

TariTaliFinalCashbackFXRoyalCashback
ゼロ口座のリベート4ドル取り扱いなし4ドル
最低支払額1,500円5,000円5,000円
振込手数料無料無料無料
振込日最短翌日翌月25日翌月末

>>XMのキャッシュバック口座開設(TariTali)

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

TarliTaliとは?

2012年~運営されているリベート率業界No.1のキャッシュバックサイトです。
リベート率だけでなくキャッシュバックが最短翌日に振り込まれることからも日本人利用者から絶大な支持を得ています。
リベートの支払い実績は14億円を超え、マークアップなしで最高キャッシュバック率を保証しています。

追加口座でもキャッシュバックをもらうことができる

すでにXMのゼロ口座(ZERO口座)を開設している人でも、TariTali経由で追加口座を開設すれば今後の取引で1Lot往復で4ドルのキャッシュバックをもらうことができます。
デメリットは何一つないので、XMのゼロ口座(ZERO口座)を利用している人はTariTali経由で追加口座を開設するようにしましょう。

>>XMのキャッシュバック口座開設(TariTali)

XMのスタンダード口座のキャッシュバック

XMのスタンダード口座もキャッシュバック口座を開設すればキャッシュバックをもらうことができます。
しかし、前述の通りキャッシュバック口座の場合は以下のようなデメリットがあります。
・入金ボーナスがもらえなくなる
・ロイヤルティプログラム(XMP)がもらえなくなる

このデメリットを軽減するには、キャッシュバック口座を使い分けるということが重要になってきますので、
・XMのスタンダード口座のキャッシュバック比較
・キャッシュバック口座に切り替えるタイミング
について解説をしていきます。

XM スタンダード口座のキャッシュバック比較

リベートのごまかしがない大手キャッシュバックサイト3社のキャッシュバックを比較し表にまとめてみます。
XMのスタンダード口座のキャッシュバックはTariTaliが最も高く、1Lot往復取引で9ドルのキャッシュバックをもらうことができます。
1Lot往復取引で1,000円近くのキャッシュバックがあるので、これはかなり大きいですね。

最低支払額や支払いサイクルなどを考えても、やはりXMのスタン―ド口座のキャッシュバック口座はTariTaliを利用するのがベストです。

TariTaliFinalCashbackFXRoyalCashback
リベート9ドル6ドル8ドル
最低支払額1,500円5,000円5,000円
振込手数料無料無料無料
振込日最短翌日翌月25日翌月末

>>XMのキャッシュバック口座開設(TariTali)

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

入金ボーナスを消化したらキャッシュバック口座に切り替える

キャッシュバックサイト経由のスタンダード口座はXMの入金ボーナスやXMP(ロイヤリティプログラム)の対象外になってしまうというデメリットがあります。

XMの入金ボーナスは新規口座開設後に
・上限5万円の100%入金ボーナス
・上限45万円の20%入金ボーナス
をもらうことができます。

最もおすすめなのは、100%入金ボーナスを使い切ったらキャッシュバック口座に切り替えるという方法です。
当サイトのような一般的なアフィリエイトサイト経由で口座を開設した場合、入金ボーナスとロイヤルティプログラムの両方が適用されるので、まず最初は一般のアフィリエイトサイトから口座を開設します。

全てのボーナスがもらえる口座開設はこちら

キャッシュバック口座を使い分けるのがベスト

XMの入金ボーナスは原則として新規口座開設後に権利が発生し、それを使い切ると入金ボーナスをもらうことができません。
しかし、不定期に入金ボーナスが復活する場合があるので、ボーナスをもらうことができる口座とキャッシュバックをもらう口座を使い分けるのがベストです。

口座開設方法口座の使い分け
口座A一般のアフィリエイトサイト経由で開設
ボーナスがもらえる口座の開設はこちらから
・入金ボーナスがもらえる時はこの口座を利用する
口座BTariTali経由で開設
キャッシュバックがもらえる口座の開設はこちら
・入金ボーナスを使い切ってしまったらこの口座を利用する

このようにボーナスがもらえる口座とキャッシュバック口座を使い分ければ、その時の状況に応じておいしいほうを選んでトレードをすることができます。

全てのボーナスがもらえる口座開設はこちら

XMのキャッシュバック まとめ

スタンダード口座の100%入金ボーナスは上限がわずか5万円なので、100%入金ボーナスを使い切ったらキャッシュバック口座に切り替えるのがベストです。

ゼロ口座はそもそもボーナスがないので、キャッシュバック口座を常に使って1Lot往復取引で4ドルのキャッシュバックをもらうというのがベストです。

XM Tradingのまとめ
・企業規模が大きく、経営破綻などの不安要素がない
口座開設ボーナスがあるので完全ノーリスクでお試しができる
100%入金ボーナスでトレード資金を2倍にできる
・出金拒否の悪評が一切ない
・レバレッジ888倍でアグレッシブなトレードが可能
入出金手数料は無料
・入金や出金の処理がとても早い
・口座開設者数No.1で最も多くの日本人に選ばれている

全てのボーナスがもらえる口座開設はこちら

XM Tradingの基本情報
金融ライセンスセーシェル金融ライセンス所得(SD010)
運営実績日本での運営開始は2012年~
ドル円スプレッドスタンダード口座、マイクロ口座:1.6pips
ZERO口座:0.1pips(手数料1.0pips/1Lot往復)
icon-link スプレッドの詳細
icon-link ZERO口座の詳細
ボーナススタンダード口座、マイクロ口座:全てのボーナスが適用
ZERO口座:口座開設ボーナスのみ適用
icon-link ボーナスの詳細
最大レバレッジスタンダード口座、マイクロ口座:888倍
ZERO口座:500倍
ロスカット水準20%
追証ゼロカット採用で追証なし
取扱い銘柄FX通貨ペア57銘柄、CFD33銘柄
入出金手段クレジットカード、デビットカード、国内銀行送金、bitwallet、STICPAY、BXONE
icon-link 入金の詳細
日本語サポート日本人スタッフによるメール、チャットは迅速対応
公式サイト完全に日本語対応で分かりやすい
XM Tradingの特徴
・日本人口座開設者数No.1
・企業規模が大きく安全性が高い
・口座開設ボーナス3,000円でノーリスクのトレードができる
・10通貨からトレードができるマイクロ口座はFX初心者におすすめ
icon-link マイクロ口座の詳細

コメント

タイトルとURLをコピーしました