BigBossの仮想通貨FXってどう?スプレッド動画、メリット、デメリットを検証

BigBossの仮想通貨FXってどう?スプレッド動画、メリット、デメリットを検証BigBoss
海外FXランキング2021年 ~海外FX比較の集大成~

・海外FX業者おすすめランキングTOP15
・スプレッド比較
・ボーナス比較
・仮想通貨FXのスペック比較 etc

海外FX歴14年の管理人が、実際の利用経験からメリットとデメリットを一挙公開!

この記事では海外FX業者BigBoss(ビッグボス)の仮想通貨FXに関して、取扱っている仮想通貨やレバレッジ、スプレッドなどを徹底的に検証していきます。

・BigBossで仮想通貨取引ができる取引口座は2つ
・仮想通貨取引でボーナスはもらえる?
・仮想通貨FXのスプレッドを動画で検証

BigBossの仮想通貨FXは取引口座の種類によって、ボーナスやレバレッジ、追証などについてのルールが異なるので、この記事を参考にしていただければと思います。

 

BigBossの仮想通貨取引口座

BigBoss(ビッグボス)には為替やCFDのレバレッジ取引ができるスタンダード口座、プロスプレッド口座、そしてさらに仮想通貨専用の取引口座となるFOCREX口座があります。
まずは3つの取引口座について簡単に見ていきましょう。

 

プロスプレッド口座

BigBoss(ビッグボス)のプロスプレッド口座では仮想通貨取引ができません
プロスプレッド口座で取引できるのは為替(通貨ペア)とCFD取引の専用口座となっています。

 

スタンダード口座

BigBoss(ビッグボス)のスタンダード口座では為替、CFDだけでなく仮想通貨のレバレッジ取引をすることができます。

レバレッジ取引できる仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、EOS、ライトコイン、NEOで最大レバレッジは5倍です。

国内の仮想通貨FXがレバレッジ4倍なので、国内業者とほとんどかわらない5倍というのはちょっと物足りないと感じる人も多いでしょう。

 

FOCREX口座

BigBoss(ビッグボス)がプロデュースしている仮想通貨専用の取引口座がFOCREX口座です。
ビットコイン、イーサリアム、リップルなどのメジャーな仮想通貨だけでなく、OMG、QASH、EXC、AXE、NEOなどの仮想通貨取引が可能となっています。

ただ、FOCREX口座の仮想通貨取引は現物取引のみとなっているので、レバレッジ取引は不可となっています。
さらにFOCREX口座はゼロカットを採用していないため、追証の可能性もあります。

BigBossの公式サイトへ

 

仮想通貨取引で利用できるボーナス

BigBoss(ビッグボス)の為替取引では、取引ごとにキャッシュバックがもらえる取引ボーナスが常時適用され、さらにスポットで入金ボーナスキャンペーンが開催されますが、仮想通貨取引に関しては為替とはルールが異なってくるので注意が必要です。

 

取引ボーナスは仮想通貨対象外

BigBossの為替取引(通貨ペア)では1Lotあたり4ドルのキャッシュバックボーナス(取引ボーナス)が常時適用されますが、取引ボーナスが適用されるのは通貨ペアの取引のみなので、CFDや仮想通貨については取引ボーナスの対象外となります。

 

スタンダード口座の仮想通貨FXで入金ボーナスが利用できる

BigBoss(ビッグボス)ではスポットで入金ボーナスキャンペーンが開催されるときがあります。BigBossの入金ボーナスはとても太っ腹で、最大で100%の入金ボーナスがもらえるのでトレード資金を2倍にすることができます。

しかし、仮想通貨専用取引口座のFOCREX口座には適用されません
入金ボーナスがもらえるのはスタンダード口座とプロスプレッド口座だけなので、スタンダード口座であれば入金ボーナスを仮想通貨の取引で利用することができます

BigBossの公式サイトへ

 

BigBossの仮想通貨FXはスタンダード口座一択

BigBoss(ビッグボス)のFOCREX口座にはメリットがとても少ないため、BigBossで仮想通貨取引をするのであればスタンダード口座一択となります。
BigBossのスタンダード口座とFOCREX口座の比較を表にまとめるとこのようになります。

スタンダード口座FOCREX口座
レバレッジ5倍1倍(現物取引のみ)
取引ボーナス適用外適用外
入金ボーナス適用される適用外
メタトレーダー(MT4)利用可能利用不可
追証なしあり

表を見ても分かる通り、BigBossの仮想通貨取引でFOCREX口座を使うメリットが全くと言っていいほどないということが分かります。

また海外FXで慣れている人は仮想通貨のトレードにメタトレーダー4(MT4)を使いたいという人も多いと思いますが、仮想通貨の取引でMT4が利用できるのはスタンダード口座です。

これらのメリットを考えると、BigBossで仮想通貨取引をするのであれば、入金ボーナスが適用され、さらにMT4を使うことができるスタンダード口座がおすすめということになります。

BigBossの公式サイトへ

 

スタンダード口座の仮想通貨スペック

ビッグボスのスタンダード口座の仮想通貨FXについて、スプレッドの動画検証、取引手数料、レバレッジ、追証、取引できる仮想通貨ペアなどをそれぞれ見ていきましょう。

 

仮想通貨FXのスプレッド

BigBoss(ビッグボス)のスタンダード口座は仮想通貨のスプレッドそのものはとても狭いです。
しかし、ビッグボスの仮想通貨FXには1ロット往復で0.4%の取引手数料がかかってしまうので、スプレッドが狭くてもトータルの取引コストはかなり割高になると言わざるをえません。

ビッグボスの仮想通貨スプレッドの変動を動画で撮影したのが↓になります。
ほぼ同じタイミングで撮影したFXGTのBTCUSDのスプレッドが$17程度でしたが、BigBossのBTCUSDのスプレッドが$1程度という狭さです。

 

BigBossの公式サイトへ

 

仮想通貨FXには取引手数料がかかるので注意

ビッグボスのスタンダード口座における仮想通貨の取引には、スプレッドの他に1ロット往復で0.4%の取引手数料がかかります。
ビットコインレートが500万円の場合、1BTCの往復取引で2万円の取引手数料がかかってしまいます。

BTCJPYの平均取引コスト(スプレッド+取引手数料)の比較が↓ですが、FXGTやクリプトGTなどの仮想通貨FXに特化した海外FX業者のほうほうが圧倒的にコストが安いです。

ブローカーBTCJPYの平均取引コスト仮想通貨FXのレバレッジ
BigBoss2万円5倍
CryptoGT2,000円500倍
FXGT2,000円500倍
Bitterz2,400円200倍

仮想通貨FXで利用できるレバレッジなどを比較しても、BigBossで仮想通貨FXをやるのはあまりおすすめとはいえません。

 

追証なしも仮想通貨のレバレッジは5倍

ビッグボスのスタンダード口座はゼロカットを採用しているため、仮想通貨の取引においても追証はありません。
しかし、仮想通貨で利用できるレバレッジは5倍なので、少額のハイレバ取引には不向きと言わざるをえません。

ある程度資金を入れてゆとりのある証拠金でトレードをする必要があります。

 

仮想通貨を証拠金としてトレードができない

ビッグボスのスタンダード口座は円口座とドル口座のみとなっているため、証拠金として利用できるのは日本円と米ドルだけです。
仮想通貨で入金や出金をすることはできますが、仮想通貨を証拠金としてトレードをすることはできません。

仮想通貨を証拠金としてトレードしたい人は以下の記事を参考にしてください。

 

土日もメタトレーダーでトレードができる

海外FX業者でも仮想通貨FXができるブローカーは何社かありますが、土日もメタトレーダー(MT4)で仮想通貨FXができるブローカーは希少です。

ビッグボスのスタンダード口座は土日もMT4で仮想通貨FXができる数少ない海外FX口座の一つです。

 

スタンダード口座で取引できる仮想通貨ペア

ビッグボスのスタンダード口座で取引できる仮想通貨ペアは、現在のところ以下の9通貨ペアとなっています。
BTCUSD、BTCJPY、ETHUSD、ETHJPY、XRPUSD、BCHUSD、LTCUSD、EOSUSD、NEOUSD

取引量が多い通貨ペアはひととおり揃っているということが言えるでしょう。

 

すぐに仮想通貨FXが開始できる

ビッグボスのスタンダード口座はクイック口座開設に対応しています。
本人確認書類の提出はあとからでもいいため、今すぐに仮想通貨FXを始めたいという人にはおすすめです。

簡単なアカウント登録をしたあと、入金をすればすぐに仮想通貨の取引を開始することができます。

BigBossのクイック口座開設はこちら

 

BigBossの仮想通貨FX まとめ

BigBoss(ビッグボス)はかなり早い段階からMT4を使ったビットコインFXを開始している海外FX業者です。
そもそも私がBigBossに口座開設したのもビットコインFXをMT4(メタトレーダー)でやりたかったからで、ビットコインが20万くらいだった頃から、BigBossではビットコインのMT4取引が可能だったと記憶しています。

最後にビッグボスで仮想通貨取引をするメリットとデメリットをまとめておきましょう。

・定期開催される100%入金ボーナスが仮想通貨FXで利用できる(スタンダード口座)
・仮想通貨のスプレッドがとても狭い
・ゼロカット採用で追証がない
・土日もMT4で仮想通貨FXができる
・5分のアカウント登録ですぐに取引が開始できる
・仮想通貨のレバレッジは5倍
・仮想通貨を証拠金としたトレードはできない
・仮想通貨のトレードには1ロット往復0.4%の手数料がかかる

仮想通貨のスプレッドそのものは狭いのですが、取引手数料が1ロット往復0.4%もかかってしまいます。
・レバレッジが5倍
・取引コストが決して安くない
ということを考えた場合、仮想通貨FXを中心としたトレードをやるのであれば、CryptoGTやFXGTのほうが圧倒的に有利ということが言えます。

BigBossの公式サイトをチェック

 

海外FXランキング2021年 ~海外FX比較の集大成~

・海外FX業者おすすめランキングTOP15
・スプレッド比較
・ボーナス比較
・仮想通貨FXのスペック比較 etc

海外FX歴14年の管理人が、実際の利用経験からメリットとデメリットを一挙公開!

BigBoss
海外FXのボーナス最新情報

・海外FXのボーナス最新情報
・海外FXのボーナス比較
・ボーナスの使い方や注意点

海外FXのボーナスに関する知識とお得なボーナスが一気に分かる!

海外FXの達人をフォローする
この記事を書いた人
海外FXの達人

追証200万円の経験をきっかけに海外FXのみに転換。海外FX歴は13年目に突入。
モンスト好きの2男1女の父

海外FXの達人をフォローする
海外FXの達人

コメント

タイトルとURLをコピーしました