この記事ではTitanFX(タイタンFX)のスキャルピングについて、様々な角度から検証していきます。

・TitanFXのNDD環境
スキャルピングの取引ロット制限は?
・EAの利用制限は?
ストップレベルがゼロであることのメリット
・少額入金で利用できるECN口座は希少
・ハイレバが利用できるECN口座は限られている
という流れでTitanFXのスキャルピング適性を検証していますので、TitanFXのスキャルピングを検討している人は、参考にしてください。

TitanFXの基本情報
金融ライセンス バヌアツ共和国のVFSC金融ライセンス取得
運営実績 運営開始は2015年~
ドル円スプレッド スタンダード口座:1.33pips
ブレード口座:0.33pips(手数料0.7pips/1Lot往復)
icon-linkスプレッドの詳細
icon-link口座タイプの詳細

ボーナス ボーナスなし
最大レバレッジ 500倍
ロスカット水準 20%
追証 ゼロカット採用で追証なし
取扱い銘柄 FX通貨ペア60銘柄、CFD20銘柄
入出金手段 クレジットカード、デビットカード、bitwallet、STICPAY他
日本語サポート 日本人スタッフによるメール、チャットは迅速対応
公式サイト 完全に日本語対応で分かりやすい
TitanFXの特徴
・NDD方式によるインターバンク直結のトレードができる
・初回最低入金額2万円で最狭スプレッド口座が利用できる
・ストップレベルゼロでトレードがやりやすい
・スキャルピングの制限は一切なしで、EAや大ロットスキャルもOK
 icon-link スキャルピング、ストップレベルの詳細


TitanFXにスキャルピング制限はある?

FX会社の注文処理の方法は2つに大別されます。
・自社で注文を処理するDD方式(呑み業者)
・注文をインターバンクにそのまま流すNDD方式

TitanFX(タイタンFX)の場合は、公式サイトでリクイディティプロバイダーを公開しており、NDDの環境が整っているということが言えます。

タイタンFXのリクイディティプロバイダー

TitanFXがNDD業者であることのメリットとデメリット

NDD業者のメリットとデメリットを整理すると、このような感じになります。

特徴
メリット ストップ狩りやレート操作の心配がない透明性が高い取引環境
・スキャルピングに制限がない
・取引ロット制限がないに等しい
・EAの利用制限がない
デメリット ・ボーナスがない
・DD業者(呑み業者)と比べるとスプレッドは広い

DD業者(ノミ業者)は顧客の損失が全て利益になるので、その莫大な利益を、ボーナスやスプレッドで還元しています。
その一方でNDD業者の利益は取引手数料のみなので、ボーナスキャンペーンなどがないというのが一般的です。

つまりFX業者を選定する場合
・透明性が高いトレード環境を選ぶか?
・豊富なボーナスやスプレッドの狭さを選ぶか?
という選択をする必要があります。TitanFXはNDD?DD?

TitanFXのスキャルピング適性

大ロットのスキャルピングも問題なし

TitanFX(タイタンFX)はNDD業者なので、スキャルピングの制限は一切ありません
TitanFXの公式サイトを見ても分かるとおり、TitanFXの最大取引ロットは100Lotなので、取引ロットの制限はないに等しいです。
大ロットのアグレッシブなスキャルピングにも、TitanFXは最適ということが言えるでしょう。
また、EA利用の制限もないため、高速スキャルピングのEAも利用することができます。

TitanFX公式サイトより抜粋

タイタンFXには取引制限が一切ない

ストップレベルゼロでタイトな損切スキャルも可能

TitanFX(タイタンFX)は、スタンダード口座、ブレード口座ともにストップレベルはゼロです。
ストップレベルがゼロなので、わずか1pipsの損切注文を入れるというような損小利大のスキャルピングも難なくできます。

ストップレベルとは?

ストップレベルとは、今のレートと注文を入れることができるレートの幅を指します。
ストップレベルがゼロの場合、指値注文や損切注文のレートに一切制限ないので、わずか1pipsの損切でトレードをするということも可能です。

ちなみに日本人利用者が多いXMは、ストップレベルがとても広いです。

例えば、XMのポンド円のストップレベルは10.8pipsなので、今のレートから10.8pips以上離れたレートにしか損切注文を入れることができません。
スキャルピングの場合、10pipsの損切が入れられないというのはかなり厳しい条件ということが言えるでしょう。

TitanFXのストップレベルはスマホで簡単に確認できる

ストップレベルの確認はスマホで簡単にできます。
「通貨ペア」をタップ→「詳細」をタップすると、簡単にストップレベルを確認することができます。

TitanFXのストップレベルを確認する方法

少額入金でアグレッシブなスキャルピングもできる

NDD業者のECN口座は、初回最低入金額が高いという特徴があります。

海外FXのECN口座の初回最低入金額の比較

TitanFX
ブレード口座
Tradeview
ILC口座
TTCM
VIP口座
FBS
ECN口座
最低入金額 2万円 10万円 200万円 10万円

TitanFXであれば、初回最低入金額2万円でブレード口座を利用でき、2回目以降の入金に関しては、
・クレジットカード 1円以上
・bitwallet 110円以上
入金手数料が無料なので、資金を細かく入金してハイレバトレードをやりたいという人にもとても使いやすいということが言えるでしょう。

追証なしのハイレバ500倍で豪快なスキャルピングも可能

NDD業者のECN口座は、レバレッジやロスカット水準がシビアという特徴があり、最低取引量が1万通貨という場合もあります。

海外FXのECN口座のレバレッジや最低取引量の比較

TitanFX
ブレード口座
Tradeview
ILC口座
TTCM
VIP口座
FBS
ECN口座
レバレッジ 500倍 200倍 200倍 500倍
ロスカット水準 20% 100% 50% 20%
最低取引量 1,000通貨 1万通貨 1,000通貨 1万通貨

TitanFXであれば、わずか1,000通貨のスキャルピングも可能で、レバレッジ500倍を生かした一攫千金スキャルも可能です。
もちろん追証もないので、少額入金でリスク管理をしながら一攫千金を狙うというトレードをすることができます。

まとめ

TitanFX(タイタンFX)のスキャルピング適性について様々な角度から検証してみましたが、TitanFXのスキャルピングは
・スキャルピングの制限は一切ない
・少額でECN口座(ブレード口座)のNDD環境を利用できる
・ハイレバレッジを生かしたアグレッシブなスキャルピングも可能
・最低取引ロット1,000通貨からECN口座を利用できる
というメリットがあります。

TitanFXの利用者はXMやGEMFOREXからの引っ越し組が多いですが、
・XMのスプレッドやストップレベルに不満がある
・GEMFOREXのDD方式(ノミ行為)に不信感がある

今よりワンランク上のトレード環境を少額で試してみたい、という人はTitanFXの実力を試してみてください。

TitanFXのまとめ
NDDの透明性が高いトレード環境が整っている
ストップレベルゼロでトレードが抜群にやりやすい
・スキャルピングの制限がなく、EAや大ロットのスキャルもOK
・初回最低入金額200ドルの少額でECN口座が利用できる
・追加入金はクレカは1円、bitwalletは110円以上の入金で手数料無料
bitwalletでスピード入出金が可能
・日本語サポートは日本人スタッフがチャットで迅速対応
・公式サイトや会員ページは完全日本語対応