TitanFXのスプレッド比較と動画によるスプレッド徹底検証!

TitanFX

この記事ではTitanFX(タイタンFX)のスプレッドを検証していきます。

・スタンダード口座とブレード口座のスプレッド
・早朝、平常時のスプレッドを動画で検証
スタンダード口座のスプレッド比較
ブレード口座のスプレッド比較

という流れで書いていますので参考にしてください。

TitanFX のスプレッド

TitanFXにはスタンダード口座とブレード口座という2つの口座タイプがありますが、
・スタンダード口座のスプレッドには取引手数料がマークアップ(上乗せ)されている
ブレード口座には0.7pips/1Lotの取引手数料がかかる
という点以外のスペックに大きな違いはありません。

スタンダード口座とブレード口座の平均スプレッド

TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座とブレード口座の平均スプレッドを表にまとめてみます。
TitanFXのブレード口座にはスプレッド+取引手数料がかかりますが、取引手数料を考慮してもブレード口座のほうが取引コストが安いということが分かります。

ブレード口座の( )内は取引手数料を含めたスプレッドですが、全ての通貨ペアにおいてブレード口座のスプレッドのほうが狭いということが分かります。

スタンダード口座ブレード口座
取引手数料なし0.7pips/1Lot
USD/JPY1.33pips0.33pips(1.03pips)
EUR/USD1.2pips0.2pips(0.9pips)
EUR/JPY1.74pips0.74pips(1.44pips)
GBP/USD1.57pips0.57pips(1.27pips)
GBP/JPY2.45pips1.45pips(2.15pips)
AUD/USD1.52pips0.52pips(1.22pips)
AUD/JPY2.12pips1.12pips(1.82pips)

 

TitanFXのスプレッドを動画で検証

TitanFX(タイタンFX)は変動スプレッドを採用しているため、
・早朝などのボラティリティが低下している時間帯
・経済指標発表などのボラティリティが高い時間帯
はスプレッドが広がります。

早朝や平常時のスプレッドを動画で確認することで、TitanFXのスプレッドがどれくらい変動するかということも分かるので、参考にしていただければと思います。

スタンダード口座の早朝のスプレッドを動画で検証

TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座の早朝のスプレッドを動画で30秒ほど撮影しました。

月曜日の開場直後7:11のスプレッドですが、ユーロドルは3.0pips、ドル円も6.5pips以上まで広がり、ポンド円に関してはスプレッドが20pips以上に広がっています。

TitanFXに限らず、早朝のスプレッドは広くなるので、狭いスプレッドでトレードをしたい場合は、市場が開いてから2時間後くらいからトレードを開始するのがベストです。

 

スタンダード口座の平常時のスプレッドを動画で検証

TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座の平常時のスプレッドを動画で30秒ほど撮影しました。

早朝や経済指標が絡まない時間帯であれば、ほぼこのスプレッドでトレードをすることができます。
ドル円、ユーロドル、ユーロ円は1.2pips前後、ポンド円、ポンドドルも2.0pips以内におさまっています。

 

ブレード口座の早朝のスプレッドを動画で検証

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座の早朝のスプレッドを動画で30秒ほど撮影しました。

月曜日の開場直後7:12のスプレッドですが、ユーロドルは3.0pips、ドル円も5.0pipsまで広がり、ポンド円に関してはスプレッドが20pips以上に広がっています。

スプレッドが狭いブレード口座でも、早朝のスプレッドはかなり広くなってしまうので、スプレッドの広がりが落ち着いたころを見計らってトレードを開始するのがおすすめです。

 

ブレード口座の平常時のスプレッドを動画で検証

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座の平常時のスプレッドを動画で30秒ほど撮影しました。

早朝や経済指標が絡まない時間帯であれば、ほぼこのスプレッドでトレードをすることができます。
ドル円、ユーロドル、ユーロ円は0.1pips~0.2pips、ポンド円は1pips前後、ポンドドルは0.7pips程度です。

 

TitanFXのスプレッド比較

スタンダード口座、ブレード口座のスプレッドをそれぞれ他の海外FX業者のスプレッドと比較をしてみます。
日本人口座開設者数が多いXMと、海外FX業者の中では最もスプレッドが狭いTradeviewとスプレッドを比較しています。

スタンダード口座のスプレッドをXM、Tradeviewと比較

TitanFX(タイタンFX)のスタンダード口座のスプレッドを、Tradeview、XMのスタンダード口座と比較してみます。

TitanFXのスタンダード口座のスプレッドはXMよりも狭いですが、
・TitanFXにはボーナスなし
・XMには入金ボーナスとやロイヤリティプログラムのキャッシュバックがある
ということを考えると、STP口座に関しては、XMのスタンダード口座のほうが、メリットがあるのではないかと思います。

Tradeviewのスタンダード口座はスプレッドが広めに設定されているので、TitanFXのほうがスプレッドが狭いということが分かります。

TitanFX
スタンダード口座
Tradeview
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
取引手数料なしなしなし
USD/JPY1.33pips2.1pips1.6pips
EUR/USD1.2pips1.8pips1.8pips
EUR/JPY1.74pips2.4pips2.5pips
GBP/USD1.57pips2.4pips2.2pips
GBP/JPY2.45pips2.4pips3.6pips
AUD/USD1.52pips2.1pips2.0pips
AUD/JPY2.12pips2.8pips3.4pips

詳細を公式サイトでチェック

 

 

ブレード口座のスプレッドをXM、Tradeviewと比較

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座のスプレッドを、TradeviewのILC口座、XMのZERO口座のスプレッドと比較をしてみます。

取引手数料込みの平均スプレッドを比較していますが、TradeviewのILC口座は海外FX業者の中では最も狭いので、TitanFXのブレード口座でも太刀打ちできないということが分かります。

ただ日本人の利用者が多いXMのZERO口座と比較すると、TitanFXのスプレッドのほうが狭いということが分かります。

TitanFX
ブレード口座
Tradeview
ILC口座
XM
ZERO口座
USD/JPY1.03pips0.6pips1.1pips
EUR/USD0.9pips0.6pips1.1pips
EUR/JPY1.44pips0.9pips1.6pips
GBP/USD1.27pips1.0pip1.6pips
GBP/JPY2.15pips1.0pips2.1pips
AUD/USD1.22pips0.7pips1.4pips
AUD/JPY1.82pips1.0pip2.0pips

詳細を公式サイトでチェック

TitanFXのスプレッド まとめ

TitanFXのスプレッドはTradeviewと比較して広い、ということがスプレッド比較で分かりましたが、それにもかかわらずTitanFXの利用者が多い理由は、
最低入金額
レバレッジやロスカット水準
最低取引ロット
などの面で使い勝手が抜群だからです。

海外FXの最狭スプレッド口座(ECN口座)は、最低入金額が高く、レバレッジが低いという傾向がありますが、TitanFXのブレード口座(ECN口座)は、
初回最低入金額200ドル
レバレッジ500倍
で気軽に利用することができます。

スプレッドだけに目を向けるとTradeviewのほうが利用価値が高いように見えますが、初回入金額やレバレッジなどを見ると、TitanFXのほうが圧倒的に使いやすいといういことが言えます。

TitanFXTradeview
初回最低入金額2万円10万円
レバレッジ500倍200倍
ロスカット水準20%100%
スキャルピング制限なしなし
注文処理NDDNDD
最低取引ロッ1,000通貨1万通貨

・XMのスプレッドやストップレベルに不満がある
・GEMFOREXのDD方式(ノミ業者)に不信感を抱いている
というワンランク上のトレード環境を少額で試してみたいという人には、TitanFXはメリットが多いのではないかと思います。

TitanFXの口座開設はこちら

 

TitanFXのまとめ記事もぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました