Tradeviewのスプレッド徹底検証!スプレッド比較で分かる強みと弱み

Tradeview

この記事では海外FX業者Tradeviewのスプレッドを徹底的に検証していきます。

・スタンダード口座とILC口座のスプレッドとスペック比較
AXIORY、TitanFXとのスプレッド比較
・主要海外FX業者12社とのスプレッド比較

という流れでTradeviewのスプレッドとスペックを徹底検証していますので、Tradeviewの利用を考えている人は参考にしていただければと思います。

Tradeviewの平均スプレッド

Tradeview(トレードビュー)のスタンダード口座、MT4/MT5 ILC口座、cTrader ILC口座の取引手数料と平均スプレッドを表にまとめました。

Tradeviewにはレバレッジ500倍が利用できるXLeverage口座(スタンダード口座)がありますが、スプレッドがかなり広くILC口座とかなりの差があります。

(  )内は取引手数料込みの平均スプレッドです

スタンダード口座
(XLeverage口座)
MT4/MT5 ILC口座cTrader ILC口座
手数料なし0.5pips/1Lot0.5pips/1Lot
USD/JPY2.1pips0.2pips(0.7pips)0.1pips(0.6pips)
EUR/USD1.8pips0.1pips(0.6pips)0.2pips(0.7pips)
EUR/JPY2.4pips0.5pips(1.0pips)0.6pips(1.1pips)
GBP/USD2.4pips0.6pips(1.1pips)0.4pips(0.9pips)
GBP/JPY2.4pips0.8pips(1.3pips)0.5pips(1.0pips)
AUD/USD2.1pips0.2pips(0.7pips)0.2pips(0.7pips)
AUD/JPY2.8pips0.7pips(1.2pips)0.1pips(0.6pips)

Tradeviewのスプレッドとスペックの特徴

Tradeviewの取引口座をスプレッド、スペックという両面から比較すると、

・スタンダード口座はスプレッドが広いがスペック面で利用しやすい
・ILC口座はスプレッドが狭いが、スペック面で利用しずらい

ということが言えます。

TradeviewのILC口座はスプレッドは海外FX業者の中ではトップクラスですが、

・レバレッジ200倍
・最低取引ロット0.1Lot(1万通貨)
・最低入金額10万円

というのはFX初心者や少額でトレードをしたい人にとっては利用しずらいということが言えます。

スプレッドレバレッジ最低取引ロット最低入金額
XLeverage口座
(スタンダード口座)
広い500倍0.01Lot1万円
ILC口座狭い200倍0.1Lot10万円

詳細を公式サイトでチェック

 

Tradeviewのスプレッド比較

TradeviewのILC口座のスプレッドと、AXIORYのナノスプレッド口座、TitanFXのブレード口座の平均スプレッド比較を表にまとめました。

海外FXのNDD業者では最も人気が高いAXIORYとTitanFXとスプレッドの比較してみると、全ての通貨ペアにおいてTradeviewのスプレッドが圧倒的に狭いということが分かります。

( )内は手数料を含めた平均スプレッドとなっています。

Tradeview
ILC口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
TitanFX
ブレード口座
手数料0.5pips/1Lot0.6pips/1Lot0.7pips/1Lot
USD/JPY0.2pips(0.7pips)0.4pips(1.0pips)0.33pips(1.03pips)
EUR/USD0.1pips(0.6pips)0.4pips(1.0pips)0.2pips(0.9pips)
EUR/JPY0.5pips(1.0pips)0.7pips(1.3pips)0.74pips(1.44pips)
GBP/USD0.6pips(1.1pips)0.9pips(1.5pips)0.57pips(1.27pips)
GBP/JPY0.8pips(1.3pips)1.7pips(2.3pips)1.45pips(2.15pips)
AUD/USD0.2pips(0.7pips)0.6pips(1.2pips)0.52pips(1.22pips)
AUD/JPY0.7pips(1.2pips)0.9pips(1.5pips)1.12pips(1.82pips)

Tradeviewの口座開設はこちら

 

海外FX業者12社のスプレッド比較

主要な海外FX業者12社のスプレッドも比較してみましょう。
ドル円、ユーロドル、ポンドドルの平均スプレッドと3通貨ペア合計の平均スプレッドを表にまとめています。

最もスプレッドが狭いのはGEMFOREXのノースプレッド口座ですが、GEMFOREXは完全なDD業者(ノミ業者)なので様々な取引制限があります。

取引制限が一切ないNDD業者の中ではTradeviewのILC口座のスプレッドが最も狭いということが比較から分かります。

※全て取引手数料込みのスプレッドを記載しています。

USD/JPYEUR/USDGBP/USD3通貨ペア合計
GEMFOREX
ノースプレッド口座
0.3pips0.3pips0.8pips1.4pips
TradeviewILC口座0.6pips0.7pips0.9pips2.2pips
HotForex ZERO口座0.8pips0.7pips1.0pips2.5pips
TTCM VIP口座0.7pips0.7pips1.1pips2.5pips
FBS ECN口座0.9pips0.6pips1.1pips2.6pips
LANDFX ECN口座0.9pips0.9pips1.1pips2.9pips
AXIORY
ナノスプレッド口座
1.1pips0.9pips1.1pips3.1pips
iFOREX0.9pips0.8pips1.5pips3.2pips
TitanFX ブレード口座1.03pips0.9pips1.27pips3.2pips
DealFX アクティブ口座1.0pips1.0pips1.7pips3.7pips
XM ZERO口座1.1pips1.1pips1.6pips3.8pips
BigBoss
プロスプレッド口座
1.2pips1.4pips1.5pips4.1pips

スプレッドが狭いだけでなく、抜群のトレード環境を提供

スプレッド比較で最もスプレッドが狭かったGEMFOREXのノースプレッド口座を例にすると、GEMFOREXはDD業者(ノミ業者)なので、
・スキャルピングに制限がある(5分間で10Lot以上の取引は禁止)
・EAやシステムの利用は禁止
というような取引制限があります。

Tradeview(トレードビュー)は公式サイトで提携しているリクイディティプロバイダーを公開していることから、完全なNDD業者であるということが言えます。
しかも提携しているリクイディティプロバイダーは200社を超えるので、海外FX業者の中でも最も多いカバー先があるということが言えます

Tradeviewは200以上のリクイディティプロバイダーとの契約を公式サイトへ明記

引用元:Tradeview

NDD(A-book)のメリット

DD業者の場合は顧客の注文を自社で受ける(注文をのむ)ため、顧客がトレードで勝った場合は、その金額が会社の損失となります。

ブローカーとトレーダーの利益が相反するので、
・レート操作
・スプレッドの拡大
・ストップ狩り
などで顧客に損をさせるような悪質な業者もあります。

それとは対照的にNDD業者は顧客の注文を金融機関に流し、カバー先とマッチングさせることで手数料を得るというビジネスモデルなので、トレーダーとブローカーには利益相反がありません。

むしろ顧客がトレードで勝って、さらにどんどんトレードをしてくれることによってより多くの手数料を得ることができます。
そういった意味では顧客とブローカーの関係がWin-Winに保たれるわけです。

特にTradeviewの場合は200以上のリクイディティプロバイダーと提携しているため、顧客の注文をより有利なレートとマッチングすることができるので、NDD業者の中でも最高のトレード環境を提供することができるということが言えます。

Tradeviewの口座開設はこちら

 

Tradeviewのスプレッド まとめ

Tradeview(トレードビュー)のスプレッドについて見てきましたが、最後にTradeviewのスプレッドに関する特徴をまとめてみましょう。

・Tradeviewのスプレッドは海外FXのNDD業者の中では最も狭い
・TradeviewではNDDの透明性抜群のトレード環境が利用できる
・ILC口座のレバレッジは200倍、最低入金額10万円なのである程度のトレード資金が必要
・最低取引ロットが0.1Lot(1万通貨)なので、どちらかというと中級者~上級者向けのブローカー

レバレッジや最低入金額をクリアーできさえすれば、狭いスプレッドと抜群のトレード環境を利用できるというのがTradeviewです。
中級者以上の人は、ぜひ一度Tradeviewの最高のトレード環境を利用してみてはいかがでしょうか。

Tradeviewの口座開設はこちら

 

Tradeviewのまとめ記事もぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました