Tradeviewの評判は?!トレードビューがFX勝ち組に選ばれる理由とは?

Tradeview

この記事ではTradeview(トレードビュー)の評判やメリット、デメリットを詳しく解説しています。

・Tradeviewの国内、海外での評判
Tradeviewの良い評判・メリット
Tradeviewの悪い評判・デメリット

という流れで、Tradeviewの強みと弱みを洗いざらい書いています。
Tradeviewに関する知識は全て書いていますので、Tradeviewの利用を考えている人は参考にしていただければと思います。

Tradeviewの基本スペック

Tradeview(トレードビュー)の基本スペックをまとめてみます。
取引口座によってレバレッジなどが変わってくるので、スペックの詳細については後述します。

Tradeviewの基本情報
金融ライセンスケイマン諸島にライセンス登録
運営実績運営は2004年~
最大レバレッジスタンダード口座 500倍、ILC口座 200倍
ロスカット水準100%
ゼロカットシステム採用(追証なし)
プラットフォームMT4/MT5/cTrader
注文処理NDD方式
取扱い通貨ペア60通貨ペア
取扱いCFD銘柄70銘柄
日本語サポート
入出金クレジットカード、デビットカード、国内銀行送金、bitwallet、ビットコイン

詳細を公式サイトでチェック

 

Tradeviewの評判

海外FX業者は悪い評判が出ることが多いですが、Tradeview(トレードビュー)の悪い評判というのは全くと言っていいほど耳にしません
私のトレーダー仲間の評判や海外FXの評判サイトでのレビューと評価も見ていきましょう。

トレーダー仲間からのTradeviewの評判

私の知人には専業のFXトレーダーも何人かいるのですが、仲間内の話でTradeview(トレードビュー)の悪い評判というのは全く聞いたことはありません。
出金拒否の噂や、リクオート、オフクオートについての悪い評判というのは一切出てこないです。

なぜ専業トレーダーの中でTradeviewの評判がここまでいいのかというのは、Tradeviewが完全なA-book(NDD業者)であるということやボーナスキャンペーンを一切やっていないので、不正トレードにつながらないということに起因します。

海外でのTradeviewの評判

海外FX業者の評判・口コミサイトFPAでの評判も抜群に良く、Tradeviewのスコア3.985は日本では評判がいいXMのスコアが3.18を大きく上回っています。
これを考えるとTradeviewが海外でも高く評価されていることが分かります。

引用元:FPA

 

Tradeviewの良い評判、メリット

NDDの透明性が高いトレード環境を利用できる

NDDと謳いながらも、明らかにDDの挙動を見せるような海外FX業者もあるなか、Tradeview(トレードビュー)は確実なNDD業者(A-book)であると言えます。

Tradeviewの公式サイトでは提携しているリクイディティプロバイダー(金融機関)が公開されているので、TradeviewがNDD業者であるということに疑いはありません。

特質するべきはTradeviewが200以上のリクイディティプロバイダーと提携しているということです。
NDDではトレーダーの注文と金融機関の注文をぶつけることで取引が成立するので、提携しているリクイディティプロバイダーが多ければ多いほど、より有利なレートで注文を通すことができます。

Tradeviewであれば、インターバンクと完全に直結したNDDの透明性の高いトレードをより有利なトレード環境で利用できるのです。

Tradeviewがより有利なレートを提示できる理由
Tradeviewではトレーダーの注文はリクイディティプロバイダー(金融機関)へ流され、カバー先の中から最適な価格にマッチングされます。
そのためより多くのカバー先があるほうが有利なプライスでマッチングされるということが言えます。

Tradeviewは200以上のリクイディティプロバイダーとの契約を公式サイトへ明記

引用元:Tradeview

 

誰もが認める最狭スプレッド

Tradeview(トレードビュー)のMT4/MT5 ILC口座、cTrader ILC口座の取引手数料と平均スプレッドを表にまとめました。

最狭スプレッドの代名詞とも言えるべく、Tradeviewのスプレッドはとても狭いです。
透明性抜群のトレード環境と狭いスプレッドの両方を利用できるのは、Tradeviewならではの特権ということが言えるでしょう。

※(  )内は取引手数料込みの平均スプレッドです。

Tradeview
MT4/MT5 ILC口座
Tradeview
cTrader ILC口座
取引手数料0.5pips/1Lot0.5pips/1Lot
USD/JPY0.2pips(0.7pips)0.1pips(0.6pips)
EUR/USD0.1pips(0.6pips)0.2pips(0.7pips)
EUR/JPY0.5pips(1.0pips)0.6pips(1.1pips)
GBP/USD0.6pips(1.1pips)0.4pips(0.9pips)
GBP/JPY0.8pips(1.3pips)0.5pips(1.0pips)
AUD/USD0.2pips(0.7pips)0.2pips(0.7pips)
AUD/JPY0.7pips(1.2pips)0.1pips(0.6pips)

Tradeviewのスプレッドについての詳細は、以下の記事をチェックしてみてください。

 

Tradeviewは取引手数料が最も安い

どんなにスプレッドが狭くても取引手数料が高いのでは、結果として多くの取引コストがかかってしまいます。
主要な海外FX業者の取引手数料を表にまとめていますが、Tradeviewの取引手数料は海外FX業者の中でも最も安いです。

スプレッドが狭くても、XMのように取引手数料が高くては最終的な取引コストが高くなってしまいますが、Tradeviewであれば狭いスプレッド+安い取引手数料を利用することができます。

TradeviewTitanFXAXIORYXM
取引手数料(往復)5ドル6ドル7ドル10ドル

Tradeviewは経営面に関しても透明性が高い

Tradeviewはトレード環境だけでなく、経営面に関しても透明性がとても高いということが言えます。
Tradeviewでは年間報告書の公開や、外部監査役による監査証明の開示など、他の海外FX業者には見られないようなレベルまで情報開示を積極的におこなっています。

これらのことからTradeviewという企業の透明性の高さを強く感じ取ることができるというのは、Tradeviewの大きな特徴ではないかと思います。

Tradeviewには信託保全がある

Tradeviewは証券監督国際機関(IOSCO)という世界的な投資家保護期間にも加盟しているだけでなく、Tradeviewにおけるトレーダーの資金は第三者会計機関のFundAdministration Incによって管理され、最大$35,000の信託保全がついています。

Tradeviewの顧客にはヘッジファンドや機関投資家などの大口が多く、億単位の取引をしている顧客もいるので$35,000(日本円で350万円)の信託保全というのはかなり安いとは思いますが、個人のトレーダーが利用するのであれば十分な信託保全なのではないかと思います。

サイトでは分別管理を謳っている海外FX業者が多いですが、Tradeviewの場合は第三者会計機関が間に入り、Tradeviewの自社資本と顧客の資金を分別管理しています。
このような面からもTradeviewの経営面の透明性を感じ取ることができます。

信託保全と分別管理
信託保全とは、FX会社が顧客の預入金を信託銀行に信託することで、万一FX会社が破綻した場合でも、預入金は信託管理人を通じて顧客に返還されるという投資家保護スキームのことをさします。
一方、分別管理とは、信託保全と全く同じ意味(信託分別管理)で使われる場合と、単にFX会社が保有している資産と顧客からの預入金を別々に保管するという意味で使われる場合があり、海外FX業者の場合はこの区別が不明瞭なことがほとんどです。
Tradeviewの場合は独立した第三者会計機関が間に入っているため、信託分別管理の透明性がとても高いということが言えます。

Tradeviewの金融ライセンスは格上のCIMAライセンス

Tradeview(トレードビュー)はケイマン諸島金融庁のCIMAライセンスを取得し、管理監督のもとでブローカー業務を運営しています。
規制の緩いセントビンセント、ベリーズ、セーシェルなどのオフショアライセンスをもって運営している海外FX業者が大半を占めるなか、CIMAライセンスはライセンス要件が厳格であるということで知られています。

CIMAライセンスの要件を一部抜粋すると

・月次取引明細の報告義務
・決算の提出義務
・毎年の外部監査の実施義務
・コンプライアンス証明の提出義務

などがあげられ、透明性が高いブローカー業の運営をしていない限りはCIMAライセンスの要件を満たすことができないということが分かります。

このようなことからも、CIMAライセンスは金融ライセンスの中でも比較的ハードルが高い信用性の高い金融ライセンスであるということが言えます。
日本人が利用できる海外FX業者の中でもCIMAライセンスを取得しているブローカーは、私が知る限りTradeviewだけです。

運営実績15年超えも出金拒否の評判が一切ない

Tradeview(トレードビュー)の運営は2004年からで、現時点で15年の運営実績となり、今ある海外FX業者の中でもiFOREXに次ぐ海外ブローカーの老舗です。
それにも関わらず、Tradeviewの出金拒否やストップ狩りなどの悪い評判は一切出てきません。

 

ゼロカット採用で追証なし!借金リスクはゼロ

ほとんどの海外FX業者と同様に、Tradeview(トレードビュー)でもゼロカットシステムを採用しているため追証がありません。

Tradeviewを利用するほとんどの人がスキャルピングメインなので、あまり追証とは縁がないと言えますが、追証がなく口座への入金額=最大損失額ということは一つの大きな安心感につながります。

国内FX業者のように追証がある場合はその損失額は予測ができないため、投資のリスクとしては追証が最大のリスクであると言えます。

スイスフランショックでは国内FXの利用者が多額な追証を課せられた
2015年1月15日 スイス銀行が永続介入をやめることがきっかけとなり、EUR/CHFは20分で3,800pipsの大暴落となった。
海外FX組はゼロカットシステムによって、預け入れた証拠金以上の債務を免れることができたが、国内FX組の場合、預入がゼロになるだけでなく、さらに債務を背負うという人が続出した。
マネックスグループだけでも、顧客の追証が1億6,000万円になっていることからも、国内FX業者全体の追証がいくらかは想像を絶する。スイスフランショックの追証

 

スキャルピングに一切制限がないのはNDD業者(A-book)の特権

Tradeviewは完全なNDD業者(A-book)なので、スキャルピングの制限は一切ありません
・大ロットのスキャルピング
・EAやHFTを使ったスキャルピング
なども出金拒否や口座凍結を一切気にすることなくできます。

Tradeview(トレードビュー)のようなNDD業者は、取引ごとに発生する取引手数料が唯一の収入なので、逆に高頻度のスキャルピングや大ロットのスキャルピングは大歓迎ということになります。
顧客の損失が利益になるDD業者(B-book)とはビジネスモデルが全く違うので、Tradeviewではトレードの自由度が高いということが言えるでしょう。

フラッシュクラッシュの原因にもなったHFTとは?
HFT(High Frequency Trading)とはコンピュータープログラムで高頻度の売買を行うアルゴリズムで、1秒間に数万回というレベルの取引を自動で行うシステムのことです。
HFTは主に機関投資家やヘッジファンドなどで使用され、ボラティリティーが低下している時に過剰反応し、これによってフラッシュクラッシュのような暴落をも引き起こします。
TradeviewはHFTによる取引にも制限がありません。

Tradeviewのスキャルピングについての詳細は、以下の記事をチェックしてみてください。

両建てにも一切制限がない

Tradeviewは両建てトレードに一切の制限がありません。
ボーナスキャンペーンを開催しているFX業者はボーナスを悪用した両建てアービトラージ対策で、他口座間の両建てを禁止していますが、Tradeviewにはボーナスそのものが一切ないため両建ての制限は特にありません。

MT4、MT5、Ctraderを利用できる

トレードビューの多彩なプラットフォーム

Tradeview(トレードビュー)では、MT4やMT5だけでなくcTraderやCurrenexといった上級者好みのプラットフォームも利用することができます。
特にcTraderはスキャルピング特化型のプラットフォームで、複数ポジション同時決済機能分割決済機能、また板情報も見ることができるというのも大きな特徴です。

私の周りでもcTraderを使ってスキャルピングをやっている専業トレーダーが多いことからも、cTraderの性能が非常に高いということが言えると思います。

Tradeviewの約定力は海外FX業者の中でもトップクラス

Tradeviewの約定力はとても強く、クリックと同時に注文が約定するという感覚です。
Tradeviewの約定力が高い理由としては、Tradeviewが200以上のリクイディティプロバイダーと提携しているということがあげられます。

NDDの場合、トレーダーの注文はFX業者からリクイディティプロバイダー(金融機関)へ流され、カバー先の中から最適な価格にマッチングされるというスタイルなので、細かいことを言うとより多くのカバー先があるほうが有利なプライスでマッチングされます。

Tradeviewは公式サイトで200以上のリクイディティプロバイダーとの契約が明記されているので、約定に関してはとても有利であると言えます。

大ロットトレードのスリッページ対策がcTraderでできる

Tradeviewに限らず大きなロットでのスキャルピングなどはスリッページ(滑り)が発生する場合がありますが、ポジショニングを分割することによって大幅に軽減できます。
例)10Lotの注文をしたい場合でも、2Lotずつに分割して注文をすればスリッページが大幅に軽減できます。

熟練したスキャルピングトレーダーが好んでcTraderを使うのは、このようにして保有した複数ポジションを一括で決済できる機能や板情報を見ることができるからです。
 スリッページとは?
注文価格と約定価格との価格差のことを指し、特に相場が大きく変動する経済指標の発表時などには、大きなスリッページが発生する可能性があります。
NDDの場合は注文のレートと数量を他のトレーダーとぶつけることで注文が約定するので、取引ボリュームが大きければ大きいほどスリッページが発生しやすくなります。
スリッページには注文側に有利な場合(ポジティブスリッページ)と注文側に不利な場合(ネガティブスリッページ)がありますが、Tradeviewは200以上のリクイディティプロバイダーと提携しているので、ネガティブスリッページを軽減できるという特徴があります。

取り扱い通貨ペアは60通貨ペアでエキゾチック通貨ペアや株式取引も可能

Tradeviewでは為替に関しては60通貨ペアを取り扱いしていて、トルコリラやメキシコペソなどはもちろん、インドルピー、人民元、インドネシアルピア、韓国ウォン、台湾ドル、ブラジルレアル、フィリピンペソ、チリペソ、コロンビアペソなどのエキゾチック通貨の取り扱いがあります。

また株式、指数、商品などのCFD取引ができる銘柄も50銘柄以上揃っているので、為替だけでなく株式や指数などのCFDを取引したいという人にとっては重宝すると思います。

Tradeviewの公式サイトをチェック

 

Tradeviewの悪い評判、デメリット

レバレッジとロスカット水準がシビア

TradeviewのILC口座のレバレッジは200倍、ロスカット水準が100%というシビアな設定になっています。

一般的にNDD業者のレバレッジとロスカット水準はシビアに設定されている場合が多いですが、DD業者(ノミ業者)のハイレバレッジやロスカット水準に慣れている人にとっては使いずらいということが言えるでしょう。

DD業者のGEMFOREXは別として、AXIORYやTitanFXなどのNDD業者と比較しても、Tradeviewのレバレッジとロスカット水準はシビアであるということが言えます。

海外FX口座Tradeview
(ILC口座)
AXIORY
(ナノスプレッド)
TitanFX
(ブレード口座)
GEMFOREX
最大レバレッジ200倍400倍500倍1,000倍
ロスカット水準100%20%20%20%

Tradeview(トレードビュー)のILC口座のレバレッジが200倍、ロスカット水準が100%ということから見ても、Tradeviewの取引口座は資金がなくなるか一気に大きく増やすかというギャンブルトレードに使うような口座ではないということが言えます。

どちらかと言うと、1回1回のトレードの資金管理をしっかりとしながらトレードをする実力派トレーダーのための取引口座なのではないかと思います。
Tradeviewのレバレッジ200倍をデメリットとする人もいますが、資金管理がなされたトレードにおいてはレバレッジ200倍というのは十分なレベルだと思います。

Tradeviewのスタンダード口座は利用するべき?
Tradeviewにはレバレッジ500倍を利用できるスタンダード口座(XLeverage口座)がありますが、TradeviewのXLeverage口座はドル円スプレッドが2.1pipsなので、スプレッドがかなり広いということが言えます。
Tradeviewの狭いスプレッドを利用できるのはILC口座なので、スタンダード口座はあまり利用価値が高いとは言えません。

最低取引ロットが0.1Lot(1万通貨)で10万円から利用可能

ほとんどの海外FX口座では0.01Lot(1,000通貨)からトレードをすることができますが、TradeviewのILC口座は最低取引ロットが0.1Lot(1万通貨)となっています。
また、TradeviewのILC口座は初回入金額が10万円という設定になっています。

・小ロット(1万通貨以下)でトレードをしたいFX初心者
・トレード資金で10万円を用意するのが厳しい
というトレーダーはTradeviewを利用することが出来ません。

サイトが部分的に英語で日本語サポートは並

Tradeview(トレードビュー)の公式サイトはほとんどの部分が日本語化されていますが、部分的に英語の個所もあります。

日本語サポートは日本人スタッフが対応してくれますが、日本人スタッフが少ないせいかメールサポートが他の海外FX業者より遅いかなという感じです。

日本で積極的にプロモーションを行っている海外FX業者がたくさんあり、GEMFOREXやis6com、XMのように日本語のメールサポートやチャットサポートに迅速に対応する業者が多いです。
それらと比較してしまうと、Tradeviewの日本語サポートには物足りなさを感じるかもしれません。

Tradeviewにはボーナスキャンペーンが一切ない

Tradeview(トレードビュー)はボーナスキャンペーンには否定的で、その分スプレッドの圧縮やトレード環境の整備に力を入れています。
経営方針が「顧客に最適なトレード環境を提供すること」なので、Tradeviewにはボーナスキャンペーンが一切ありません。

海外FXのボーナスをもらってトレードをしたいという人にはTradeviewは利用できないので、以下の記事をチェックしてみてください。

Tradeviewの評判 まとめ

Tradeviewの強みと弱みを書いてきましたが、
・トレード資金10万円は厳しい
・0.01Lotの少額トレードがしたい
という人にはTradeviewは不向きということが言えます。

ただ、最低入金額や最低取引ロットを許容できるという人は、Tradeviewの恵まれたトレード環境と、NDD業者の中では最も狭いスプレッドでトレードをすることができます。

・NDDの透明性抜群のトレード環境を利用できる
・最狭スプレッドでトレードをすることができる
・運営実績15年越えも出金拒否の悪評が一切ない
・スキャルピングなどの取引制限が一切ない

ということから、出金拒否とは無縁のNDD業者で透明性が高い環境の中で、最も狭いスプレッドでトレードをしたいという人にはTradeviewが最良の選択肢になるということを断言します。

運営実績が15年を超える中で、出金拒否の話が一切出てこないことやあらゆる情報を開示していることからも、Tradeviewがいかに健全な運営を行っている超優良ブローカーであるということが分かると思います。
ボーナスよりもトレードの透明性や運営性を最優先したいトレーダーにはTradeviewを自信を持っておすすめいたします。

Tradeviewの口座開設はこちら

 

Tradeviewのスプレッド比較なども以下の記事でチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました