DealFXの評判は?次世代FXブローカーの実力を実践で試してみました

DealFXのスプレッドDealFX(ディールFX)

運営開始が2018年からということもあり、

DealFXはまだ評判があまり出回っていないので、

管理人自身が入金や出金を実際にやってみました。

 

この記事ではDealFXのこんなことをまとめています。

・スプレッド

・ボーナス

・安全性

・入金と出金

・禁止事項

DealFXに関しておさえておきたいポイントは全て網羅していますので、

DealFXの口座開設を検討している人は参考にしてください

 

DealFXの基本情報
金融ライセンスモーリシャス金融サービス委員会(FSCM)
運営実績創業2015年、運営開始は2018年~
ドル円スプレッドスタンダード口座:1.7pips
アクティブ口座:0.4pips(手数料0.8pips/1lot往復)
icon-link スプレッドの詳細
ボーナス口座開設ボーナス
※入金ボーナスは準備中
icon-link ボーナスの詳細
最大レバレッジ400倍
ロスカット水準20%
追証ゼロカット採用で追証なし
取扱い銘柄FX通貨ペア60銘柄、CFDは仮想通貨、株式など100銘柄以上
入出金手段bitwallet
日本語サポート日本人スタッフによるメール、チャットは迅速対応
公式サイト完全日本語対応で分かりやすい
DealFXの特徴
・口座開設ボーナス5,000円がある
・エスクロー方式による信託保全スキームがある
・インターバンク直結のNDD業者で、透明性が高いトレード環境

 

 

  1. DealFXの評判
    1. 新規口座の受付と入金が停止に!
  2. DealFXのスプレッド
    1. アクティブ口座には取引手数料がかかる
  3. DealFXのボーナス
    1. 口座開設ボーナスキャンペーン開催中!
      1. 口座開設ボーナスをもらう手順
    2. 今後入金ボーナスキャンペーンが開催される可能性が高い!
  4. DealFXのメリットと強み
    1. 2018年運営開始も安全性は一定の評価ができる
      1. プロジェクトチームは海外FXのスペシャリストたち
      2. 新興ながらも金融ライセンスを取得
      3. The Financial Commission加盟にも一定の評価ができる
      4. エスクロー方式による信託保全は世界初の試み
    2. 仮想通貨、株式など100以上のCFD銘柄
      1. 仮想通貨CFDは32銘柄の取扱い
      2. 株式CFD60以上、ゴールド、原油、天然ガス
    3. 最大レバレッジ400倍でロスカット水準20%
    4. ゼロカット採用で追証なし!
    5. スキャルピングや両建てに制限なし
    6. ストップレベルゼロでタイトな損切注文も可能
    7. Equinixにサーバーを置き約定スピードを徹底追及
    8. MT4とMT5が利用可能
    9. トレード計算ツールが使いやすすぎる!
    10. 日本語サポートはチャットも日本人スタッフが迅速対応
    11. bitwalletとの連動で簡単口座開設
    12. 入金、出金ともに手数料は無料
    13. 入金と出金もbitwallet連動で超高速出金!
    14. マイページの操作性は抜群で出金手順もラクラク
  5. DealFXのデメリット
    1. bitwallet必須はデメリット?
    2. 運営開始が2018年~なので情報が少ない
  6. DealFXで出金拒否や口座凍結にならいために
    1. 不当な出金拒否をされる可能性は非常に低い
    2. DealFXの禁止事項を整理
      1. 本人名義以外の利用や共有口座は禁止
      2. ゼロカットやボーナスを悪用した両建てももちろん禁止
      3. アービトラージ、接続遅延、レートエラーで利ざやを稼ぐ取引
      4. HFTなどの超高頻度スキャルピング
  7. まとめ

DealFXの評判

運営実績が2018年~なので、まだ評判という評判が出回っていませんが、

出金についての評判は非常にいいです。

 

管理人が実際に出金をした際のことも後述しますが、

bitwalletの入出金は、

手数料が無料

反映が超速

というメリットがあります。

 

DealFXの入出金は完全にbitwalletのみに対応しているので、

・すでにbitwalletを登録している人は、口座開設も数分で完了

(本人確認書類の提出も不要)

・bitwalletがない人は、アカウントの取得が必須

ということになります。

 

新規口座の受付と入金が停止に!

2020年2/10から新規口座開設とbitwalletによる入金が一時停止

となっています。

 

DealFXの公式サイトによると、

「現行のポータルシステムに重大な問題が見つかった」

ということですが、

今後が楽しみなブローカーだけに、早く復旧してほしいですね。

 

なお、肝心な出金については通常通り利用できますので、

トレード資金を入れている人も心配ないと思います。

 

詳細については、

 icon-external-link 新規口座の受付、入金停止のご案内

をご確認ください。

 

DealFXのスプレッド

DealFXにはスタンダード口座とアクティブ口座という2種類の取引口座があります。

DealFX公式サイト発表の平均スプレッドが  ですが、

指標発表や早朝などのスプレッドが広い時間帯を含めた平均スプレッドを発表しているようです。

スタンダード口座アクティブ口座
取引手数料なし0.8pips/1Lot往復
USD/JPY1.7pips0.4pips
EUR/USD1.5pips0.2pips
EUR/JPY2.7pips0.7pips
GBP/USD2.7pips1.4pips
GBP/JPY6.7pips4.7pips
AUD/USD2.0pips0.7pips
AUD/JPY2.0pips2.7pips

 

DealFXのスタンダード口座のスプレッドを30秒ほど動画で撮影したのが icon-arrow-down です。

欧州タイムの指標発表が絡まない時間帯のスプレッドなので、

指標発表や早朝を除けば、スプレッドはこの程度になると思います。

 

公式サイトのポンド円スプレッドは6.7pipsですが、

平常時であれば2.0pips以内でトレードができそうです。

 

アクティブ口座には取引手数料がかかる

DealFXのスタンダード口座には取引手数料がマークアップされていますが、

アクティブ口座にはスプレッド+1Lot往復8ドルの取引手数料がかかります。

 

取引手数料を考慮してもアクティブ口座のスプレッドのほうが狭いので、

まずはアクティブ口座を開設しておくのがいいのではないかと思います。

 

 

 

DealFXのボーナス

現在は口座開設ボーナスキャンペーンが開催されています。(期限は未定)

完全ノーリスクでDealFXを試すことができるチャンスなので、

キャンペーン終了前に口座開設をすませておくことをおすすめします。

 

口座開設ボーナスキャンペーン開催中!

DealFXの口座開設ボーナス

 

DealFXでは現在5,000円の口座開設ボーナス(未入金ボーナス)をもらうことができます。

ボーナスそのものを出金することはできませんが、利益分は無制限で出金が可能なので、

DealFXの使い勝手を確認すると当時に、一攫千金を狙うことも可能です。

 

また、DealFXのボーナスの最大の特徴が、

利益分を出金してもボーナスが消滅しない

というところです。

 

「出金申請をするともらったボーナスが消滅する」というのが海外FXの常識でしたが、

DealFXのボーナスは海外FXの常識を覆すボーナスなので、有効に活用したいところです。

 

ノーリスクで仮想通貨FX!

DealFXはトレードできる仮想通貨CFDが32もあります。
口座開設ボーナスで仮想通貨CFDがトレードできるブローカーは他にないので、仮想通貨をノーリスクでトレードしたいという人にはおすすめです。

 

口座開設ボーナスをもらう手順

DealFXのスタンダード口座、アクティブ口座の新規口座開設が口座開設ボーナスの対象です。

 

ボーナスは自動付与ではないので、口座開設後メールまたはチャットで

「ウェルカムボーナス加算希望」

DealFXサポートデスクに伝えください。

 

ボーナスの申請期限はリアル口座開設から30日以内となっているため、

口座開設後はすぐにボーナスの申請を済ませるようにしましょう。

 

DealFXの口座開設ボーナスをもらう!

 

今後入金ボーナスキャンペーンが開催される可能性が高い!

現在のところDealFXには入金ボーナスがないので、

チャットで入金ボーナスなどのキャンペーンの予定について聞いてみました。

DealFXのボーナスについてサポートに問い合わせをしてみました

 

海外FX業者は大きく分けて

・ボーナスキャンペーンを定期的、または不定期で開催する業者

・ボーナスキャンペーンを一切やらない業者

の2つに分かれますが、DealFXがどちらのタイプのブローカーかというのは、

今後の動向を見ないとなんとも言えません。

 

しかし、DealFXがすでに口座開設ボーナスキャンペーンを開催していることからも、

今後入金ボーナスやキャッシュバックなどのプロモーションが行われる可能性は考えられます。

 

現在開催されている口座開設ボーナスがずっと続くかということも未知なので、

まずは口座開設ボーナスがもらえるうちに口座開設をしてボーナスをもらい、

今後の展開を待つというのがいいのではないかと思います。

 

DealFXの口座開設ボーナスをもらう!

 

 icon-pencil-square-o おすすめ関連記事

ボーナスの詳細はこちら
DealFXのボーナスを徹底解説!ボーナスに革命が起こる可能性

 

DealFXのメリットと強み

2018年運営開始も安全性は一定の評価ができる

DealFXは2015年に創業し、2018年12月からの運営開始ですが、

顧客資金を集めてとんずらするような詐欺業者ではなさそうです。

 

プロジェクトチームは海外FXのスペシャリストたち

DealFXのプロジェクトチームのメンバーは、

・FXDDやFXCMのディレクター経験者

・XMやAlpariの創業スタッフ

・リクイディティプロバイダーや投資銀行の出身者

というそうそうたるメンバーで構成されています。

DealFXにはFXDDやFXCMのブレーンたちが携わる

これを考えると、創業にはかなり気合が入っているので、

「顧客の資金を集めてとんずらするような悪徳詐欺業者ではない」

ということは明らかでしょう。

 

新興ながらも金融ライセンスを取得

DealFXは新興ブローカーでありながらも、FSCMの金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスを取得=絶対安全

というわけではありませんが、

一定の信頼はおけるということが言えます。

DealFXは金融ライセンスも取得

 

The Financial Commission加盟にも一定の評価ができる

DealFXはThe Financial Comissionという投資家とブローカーの仲裁機関に加盟しています。

 

万が一DealFXで理不尽な出金拒否などがあった場合、

「投資家がThe Financial Comissionに直接異議申し立てができる」

というのがThe Financial Comission加盟の大きなメリットです。

 

DealFX自らこういった機関に加盟しているということは、

DealFXが投資家目線で運営をしているということが言えます。

 

AXIORYも同機関に加盟

当サイトでおすすめしているAXIORYも、同機関に加盟し投資家保護目線でブローカー業務を運営しています。

関連記事
AXIORYの評判は?14項目の検証とまとめで人気の理由を考察

 

エスクロー方式による信託保全は世界初の試み

DealFXはbitwalletによる入金が必須となっていますが、

この理由はbitwalletをエスクローエージェントとした

エスクロー方式による信託保全をしているからです。

DealFXのエスクロー方式とは

トレーダーはbitwalletを介してDealFXに入金をしトレードをしますが、

トレーダーが入金した資金は90日間bitwalletでデポジットされたままの状態になります。

※トランザクションデータは伝達されるので、DealFXへの入金は反映します。

 

トレーダーの資金がbitwalletからDealFXへ支払われるのは

・トレーダーの損失が確定してから

・入金から90日経過してから

なので、もしこの間DealFXが経営破綻に陥った場合は、

トレーダーはbitwalletに資金の返還を求めることができます。

 

この記事のタイトルには「次世代ブローカー」という言葉を使っていますが、

エスクロー方式による入金保証制度やブロックチェーンによる信託保全は、

世界初の試みだからです。

 

 

仮想通貨、株式など100以上のCFD銘柄

DealFX(ディールFX)では、

60以上のFX通貨ペアと、仮想通貨、株式などの100以上のCFD取引が可能です。

 

仮想通貨CFDは32銘柄の取扱い

DealFXは仮想通貨の取扱いが豊富

DealFXではFX通貨ペア+CFDで170銘柄以上の取引が可能で、

特に仮想通貨CFDは32銘柄と海外FX業者の中でも最多です。

 

ビットコインやイーサリアム、リップルはもちろん、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モネロ、IOTA、Zcash、DASH、NEO、Eidoo、TRX、OmiseGOなど、

他の海外FX業者では扱っていない仮想通貨も多数の取り扱いがあります。

 

 

株式CFD60以上、ゴールド、原油、天然ガス

DealFX(ディールFX)で取引できるCFDの数をまとめてみました。

取扱い銘柄数銘柄の例
FX通貨ペア60銘柄ユーロ/トルコリラ、ポンド/トルコリラ、トルコリラ/円、ユーロ/メキシコペソ他
仮想通貨CFD34銘柄ビットコイン、イーサリアム、リップル、IOTA、Zcash、Eidoo、TRX、OmiseGO他
株価指数CFD11銘柄日経225、ダウ平均、S&P500他
株式CFD64銘柄Google、Amazon、Facebook、Apple他
貴金属CFD5銘柄ゴールド、プラチナ、パラジウム他
エネルギーCFD3銘柄天然ガス、ブレンド原油、WTI原油

 

最大レバレッジ400倍でロスカット水準20%

DealFXのFX通貨ペアの最大レバレッジは400倍ですが、

口座残高が一千万円を超えるとレバレッジが200倍に制限されます。

 

ロスカット水準は20%となっているので、

証拠金維持率が20%を下回るとポジションがロスカットとなります。

 

仮想通貨CFDや株式CFDのレバレッジなども表にまとめました。

残高1千万未満残高1千万以上
FX通貨ペアのレバレッジ400倍200倍
仮想通貨のレバレッジ10倍
株価指数のレバレッジ100倍
株式のレバレッジ10倍
貴金属のレバレッジ400倍200倍
エネルギーのレバレッジ50倍

 

仮想通貨や株式などのボラティリティが高い銘柄のハイレバ取引で、

一攫千金を狙うという事も十分に可能です。

 

 

ゼロカット採用で追証なし!

DealFXではゼロカットシステムを採用しているため、

追証なし=借金リスクゼロ

で損失額を限定したリスク管理万全のトレードが可能です。

 

最低入金額はわずか1,000円で手数料が無料なので、

1,000円単位で入金してリスク管理をするというのもアリだと思います。

※初回入金に限り1万円以上の入金で手数料無料

 

スキャルピングや両建てに制限なし

DealFXではスキャルピングの制限や最大取引ロットの制限はなく、

スキャルピングEAの利用や大ロットのスキャルピングもOKです。

 

また両建てについての制限もありません。

DealFXはスキャルピングや両建ての制限はない

 

 

ストップレベルゼロでタイトな損切注文も可能

DealFXはスタンダード口座、アクティブ口座ともに

ストップレベルがゼロという仕様になっています。

 

ストップレベルとは、今のレートから注文可能なレートの差のことで、

ストップレベルがゼロであれば、今のレートからわずか1pipsの損切注文を入れることも可能です。

 

XMはストップレベルが広いため、タイトな損切を入れることができません。

ポンド円のストップレベルを例にすると、

ストップレベル可能な損切、利確注文
XM
スタンダード口座
108ポイント今のレートから10.8pips以上離れたレートでないと、損切や利確注文を入れることができない
DealFX0損切や利確注文のレートによる制限がない

 

損切や利確をタイトに入れるタイプのトレーダーには、

ストップレベルゼロは必須なので、DealFXは使いやすいと思います。

 

DealFXの口座開設ボーナスをもらう!

 

ストップレベルゼロの海外FX業者

ストップレベルがゼロの海外FX業者にはTradeviewやAXIORYなどがありますが、ボーナスがもらえる海外FX業者でストップレベルがゼロなのは、私が知っている限りではBigBossのプロスプレッド口座とDealFXだけです。
ストップレベルゼロはトレードが格段にやりやすくなるのでおすすめです。

関連記事
BigBossのスキャルピングをおすすめする6つの理由

海外FXのストップレベル比較でXMのデメリットが露呈!

 

Equinixにサーバーを置き約定スピードを徹底追及

DealFXはトレード環境や障害対策に徹底的なこだわりを持っています。

 

DealFXのサーバーはEquinixデータセンターXCOREに置かれています。

私もすでにDealFXでリアルトレードをやっていますが、

約定力や約定スピードに関しては抜群という印象を受けました。

 

DealFXの公式発表の平均約定スピードはこちら

DealFXは約定力を高めるためにEquinixにサーバーを設置

 

スリッページや約定スピードを公開していることからも、

DealFXがトレード環境に自信があるということが分かります。

 

DealFXが公式サイトで公開しているデータは、

カバー比率、スリッページ比率、クオート比率です。

 

また障害対策としては、ロンドン、ニューヨーク、東京のEquinixデータセンターに

それぞれ48台のサーバーを設置し、相互にバックアップを行っているという徹底ぶりです。

Equinixデータセンター

Equinixには世界中のリクイディティプロバイダーがサーバーを設置しているため、ブローカーのサーバーを同じEquinixに設置することで、物理的にレイテンシーを少なくすることができます。
※レイテンシー(Latency)とはデータが転送される間に生じるタイムラグ

 

MT4とMT5が利用可能

DealFXで利用可能なプラットフォームは、

MT4とMT5の両方なので

・EAやインジケーターを利用したい人はMT4

・動作のスピードを重視したい人はMT5

という感じで自分に合ったメタトレーダーを選ぶことができます。

 

・Windows PC インストールバージョン

・Mac OS インストールバージョン

・WEB Trader ブラウザバージョン

・iPhone/iPad アプリバージョン

・Android アプリバージョン

全てのMT4とMT5を利用することができるので、

どの端末でもトレードをすることができます。

 

ダッシュボードにログインし下にスクロールした「トレーディングツール」

からMT4/MT5をダウンロードすることができます。

DealFXはMT4とMT5が利用可能

 

トレード計算ツールが使いやすすぎる!

DealFXには以下の計算ツールが用意されています。

・証拠金シュミレーション

・スワップシュミレーション

・Pips計算機

 

XMにも同様のトレード計算ツールが用意されていますが、

DealFXの計算ツールはXMよりも圧倒的に使いやすいです。

 

例えばスワップシュミレーションツールですが、

通貨ペアを選択して取引ロットを入力するだけで、

日本円換算のスワップが瞬時に自動計算されます。

 

スワップポイントやコントラクトサイズなどを一切入力することなく、

日本円換算のスワップが簡単に分かる優れものです。

 

DealFXトレード計算ツールから実際に試してみてください。

DealFXのスワップ計算ツールが優秀すぎる

DealFXのスワップ計算ツールは簡単に日本円のスワップが分かる

 

証拠金シュミレーションやPips計算機に関しても、

入力する項目が最低限度になっているため、FX初心者でも利用しやすいはずです。

 

 

日本語サポートはチャットも日本人スタッフが迅速対応

DealFXの日本語サポートを何度か利用しましたが、

メール、チャットともに日本人スタッフが迅速に対応してくれます。

 

DealFXのチャットはマイページの左下にある吹き出しをクリックすると、

日本人スタッフとチャットをすることができます。

 

ウェルカムボーナスの申請はDealFXサポート
DealFXの日本語サポートは日本人スタッフが迅速対応

bitwalletとの連動で簡単口座開設

DealFXはbitwalletと連動して口座開設をすることができます。

bitwalletのアカウントをすでに取得している人は、

本人確認書類の提出なしで口座開設もすることができます。

 

入金、出金ともに手数料は無料

DealFXの最低入金額は1,000円からで、

入金手数料無料

・入金の反映は即時

なので、細かく入金をしてトレードをしたいという人にとっても使いやすいですね。

※初回入金に限り1万円以上の入金で手数料無料

 

出金手数料も無料なので、

利益が出たら少額でこまめに出金をしたい

という人にも利用しやすいです。

 

入金と出金もbitwallet連動で超高速出金!

DealFX(ディールFX)の入出金はbitwallet経由でのみ可能です。

つまり、DealFXに直接カードや銀行振り込みで入金することはできません

DealFXを利用するにはbitwalletが必須となります。

 

これはデメリットとも考えることができますが、

私が実際にDealFXで出金申請をした時は出金申請から着金までがわずか2時間30分ほどという超スピード出金でした。

DealFXは出金申請から着金まで2時間ちょい

 

DealFXでトレードをするにはbitwalletが必須なので、

最初はひと手間かかってしまいますが

その後の入出金が手数料無料で迅速にできるということを考えると、

決してデメリットではないと思います。

 

bitwalletは海外FXにはとても便利なウォレットなので、

これを機会にbitwalletのアカウントも作ってみてはいかがでしょうか

 

 

 

マイページの操作性は抜群で出金手順もラクラク

DealFXの使い勝手をいろいろと確認してみたかったので、

実際に1万円を入金しトレードを実践してみましたが、

・約定力についてはサクサク

・マイページ(管理画面)も直感的に操作でき、分かりやすい

という感想です。

 

1万円入金で17,702円の利益を出すことができたので、

実際に出金をしてみましたが、出金方法はとても簡単です。

 

ダッシュボード左上にある三本線をクリックすると画面左側にメニューが出てきます。

ここから「資金の管理」→「口座から資金を出金」とすすみます。

DealFXの出金は直感的な操作でラクラク

 

あとは直感的な操作で左から右に入力をしていき、

「確認画面へ進む」という流れで簡単に出金作業が完了します。

DealFXの出金

 

DealFXのデメリット

bitwallet必須はデメリット?

DealFX(ディールFX)の入出金はbitwallet経由でのみ可能なので、

DealFXを利用するにはbitwalletが必須となります。

 

これはデメリットとも考えることができますが、

・入金は手数料なしで1,000円から即時反映

出金申請から着金までがわずか2時間30分

ということを考えると、最初はひと手間かかるとしても、

後々はメリットばかりということになります。

 

運営開始が2018年~なので情報が少ない

DealFXは完全な新興ブローカーなので、

情報そのものがとても少ないです。

 

そのため大きな資金を入金してトレードをすることはおすすめしませんが、

前述のとおりbitwalletを利用することで最低入金額はわずか1,000円で手数料が無料です。

 

また出金手数料も無料なので、

運営実績が浅いという懸念点を考えると

「こまめに入金&こまめに出金」

という使い方がおすすめです。

 

海外FXのハイレバをもってすれば、

決して大きなお金を一度に入金する必要はありません。

 

ハイレバを有効活用!

DealFXのレバレッジ400倍を使うと、少額入金でも大きな取引が可能です。
※ロスカット水準度外視、ドル円レート100円として計算

トレード資金可能な取引額トレード可能なドル円
3,000円120万円1.2万通貨
5,000円200万円2万通貨
1万円400万円4万通貨

DealFXのハイレバを活用すれば、少額資金でも十分な取引が可能です。

 

DealFXで出金拒否や口座凍結にならいために

DealFXに限ったことではありませんが、

ガイドライン違反をしてしまうと出金拒否や口座凍結をされる可能性もあります。

 

現在のところDealFXで出金拒否をされたという人はいないようですが、

禁止トレードをすれば出金拒否や口座凍結の措置がとられるので、

十分に注意しましょう。

 

不当な出金拒否をされる可能性は非常に低い

DealFXはThe Financial Comissionに加盟していることからも、

投資家とブローカーの間で紛争が起こった場合、

第3者機関に仲裁を要請できるようになっています。

 

そういった意味では、DealFXで理不尽な出金拒否をされる可能性はとても低いですが、

禁止事項をやってしまっては出金拒否をされて当然です。

 

DealFXの禁止事項を整理

DealFX(ディールFX)で禁止事項とされているのは

・本人名義以外の利用

・取引口座の共有

・ゼロカットやボーナスを悪用した両建て

・システムの盲点を突いた取引

・HFTなどを使ったアルゴリズム取引

 

本人名義以外の利用や共有口座は禁止

本人以外の利用や共有口座はDealFXだけでなく、どこのFX業者でも禁止されている行為です。

悪質と判断された場合は出金拒否や口座凍結になるのでやらないようにしましょう。

DealFXで出金拒否や口座凍結になる禁止事項

 

ゼロカットやボーナスを悪用した両建てももちろん禁止

DealFXでは1取引口座の両建ては禁止されていませんが、

ゼロカットやボーナスを悪用した異業者、異口座を使った両建ては禁止されています。

 

これもDealFXだけでなく、どこのブローカーでも禁止されている不正行為です。

やって利益がでても出金拒否+口座凍結は確実なので絶対にやらないようにしましょう。

 

ゼロカットを悪用した両建てとは?

経済指標や金曜日のクローズ直前など、その後にレートが飛ぶような状況で、異業者、異口座の2つの口座でロスカットにならないギリギリのポジションを両建てします。
その後でレートが大きく飛べば、一方のポジションはゼロカットで損失が限定され、もう一方のポジションは爆益というのがゼロカットを悪用した両建てです。

 

DealFXではゼロカットやボーナスを悪用した両建ては禁止されている

 

アービトラージ、接続遅延、レートエラーで利ざやを稼ぐ取引

これもDealFXだけでなく、どこのブローカーでも禁止されている行為です。

 

プライス配信遅延や価格差が生じた時を狙って利ザヤを稼ぐアービトラージは、

システムの盲点を突いた取引とされ、出金拒否や口座凍結の対象となります。

 

HFTなどの超高頻度スキャルピング

DealFXではスキャルピングは禁止されていませんが、

HFTなどを使った高頻度のスキャルピングは、

システムに大きな負担となるため禁止となっています。

DealFXはHFTを使ったスキャルピングは禁止している

 

フラッシュクラッシュの原因にもなったHFTとは?

HFT(High Frequency Trading)とはコンピュータープログラムで高頻度の売買を行うアルゴリズムで、1秒間に数万回というレベルの取引を自動で行うシステムのことです。
HFTは主に機関投資家やヘッジファンドなどで使用され、ボラティリティーが低下している時に過剰反応し、これによってフラッシュクラッシュのような暴落をも引き起こします。
DealFXではサーバーにとても大きな負担がかかるHFTによる取引は禁止となっています。

 

 

まとめ

DealFXはまだ運営開始したばかりなので、

今後細かなスペックが変わる可能性もあります。

 

当サイトでもDealFXの情報を今後も追記していきますが、

まずは口座開設ボーナスでDealFXを完全ノーリスクで利用してみてください。

 

利益分の出金は無制限でできますが、出金手数料無料なので、

少額でも出金をしてDealFXの出金を試してみるというのがいいかと思います。

 

DealFXの口座開設ボーナスをもらう!

 

 

 icon-thumbs-o-up あわせて読みたいおすすめ記事

海外FXのボーナスを有効に使いたい人は
海外FXのボーナス、キャンペーン最新情報!

海外FX歴13年の管理人がおすすめする海外FX業者
海外FX業者のおすすめ【海外FXの全てが分かる鬼まとめ2020年】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました