Exnessで取引できない、注文ができない原因と対処法を解説!

エクスネスで取引できない、注文できない原因と対処法Exness
海外FXランキング2021年 ~海外FX比較の集大成~

・海外FX業者おすすめランキングTOP15
・スプレッド比較
・ボーナス比較
・仮想通貨FXのスペック比較 etc

海外FX歴14年の管理人が、実際の利用経験からメリットとデメリットを一挙公開!

この記事ではExness(エクスネス)で注文ができない、取引ができない原因と対処法について書いています。

Exnessのメタトレーダーにログインできることを前提に書いていますので、メタトレーダーにログインできない場合は『Exnessのメタトレーダーにログインできない時の対処法』をご確認ください。

 

Exnessで取引できない原因と対処法

Exness(エクスネス)で取引できない、注文ができない原因はいくつかあります。
注文ができない原因と対処法をそれぞれ確認してみましょう。

 

スタンダード口座で取引できない、チャートが表示されない

Exness(エクスネス)のスタンダード口座で取引が出来るチャートは、シンボルの後に「m」がついています。
スタンダード口座では、シンボルに「m」がついていないチャートでは取引ができません。

取引できないチャートは↓のようにシンボルがグレーの文字で表示されているのですぐに分かると思います。
スタンダード口座で取引できるチャートは、シンボルの末尾に「m」がついていて、シンボルが白い文字で表示されています。

エクスネスのスタンダード口座は「m」がついたシンボルで取引する

 

口座がアーカイブ(凍結)されていて取引できない

Exnessの取引口座は一定期間ノンアクティブの状態が続くと、口座がアーカイブされ取引や入金ができなくなります。
取引口座がアーカイブされる条件は、以下のとおりプラットフォームによって異なります。

プラットフォーム口座アーカイブの条件
MT4口座残高が$5未満で、90日間操作がおこなわれなかった場合
MT521日間操作が行われなかった場合

MT5口座を利用している場合、わずか21日間で口座がアーカイブされ取引できなくなってしまいます。

取引口座がアーカイブされいる場合、以下の手順ですぐに口座を復元することができます。

エクスネスのマイページにログインし、マイアカウントの「アーカイブ済」をクリックします。
※アーカイブ口座がない場合は、「アーカイブ済」は表示されません。
②復元したい取引口座の「最有効化」をクリックすると、すぐに取引口座が復元します。

エクスネスの取引口座がアーカイブ(凍結)された時の復元方法

Exnessの公式サイトへ

 

Exnessで指値、逆指値注文ができない

メタトレーダーのストップ注文やリミット注文ができない場合、Exnessのストップレベルが原因の可能性があります。
Exnessはストップレベルが広いため、今からある程度離れたレートにしか予約注文を入れることが出来ません。

ストップレベルとは今のレートと注文可能なレートとの差を表します。

ストップレベルは以下の手順で簡単に確認できるので、注文できない原因がストップレベルかどうかを確認してみてください。
ストップレベルはスマホのほうが簡単に確認できるので、ここではスマホで確認する方法を記載しています。
PCで確認する方法は『海外FXのストップレベル比較』を参考にしてください。

①メタトレーダーを起動し、下のメニューから「気配値」をタップ
②ストップレベルを確認したいシンボルをタップ
③「詳細」をタップ
④ストップレベルが表示されます。

エクスネスのストップレベル確認方法

ストップレベルは「ポイント」で表記されていますが、0.1をかけることでpips換算にすることができます。
例)↑のドル円の例でいうと、ストップレベルが27なので、
27(ポイント)×0.1=2.7(pips)
となり、ドル円のストップレベルは2.7pipsということが分かります。

メタトレーダーの指値注文や逆指値注文のやり方がよく分からない場合は『MT4スマホアプリの注文方法詳細解説』を参考にしてください。

 

レバレッジ制限がかかっていて注文ができない

Exness(エクスネス)ではレバレッジ2,000倍~無制限で取引が可能ですが、以下の状況ではレバレッジ制限がかかります。

・経済指標発表前後
・金曜閉場、月曜開場の前後
・その他政治的なイベントなど

時間帯によってレバレッジ制限がかかり必要証拠金が大きく変わってくるため、余剰証拠金が不足していると注文ができなくなってしまいます。

 

取引時間外で注文ができない

Exnessに限らず、仮想通貨以外の銘柄については土日は休場となり取引することが出来ません。
為替通貨ペアやCFDの取引時間は平日の以下の時間帯です。(日本時間)

銘柄によって取引時間が違うので、取引できる時間を確認してみましょう。

CFD銘柄、シンボル夏時間冬時間
為替通貨ペア※16:05~6:007:05~7:00
仮想通貨24時間取引できる
ゴールド/シルバー7:05~5:598:05~6:59
プラチナ/パラジウム7:10~5:598:10~6:59
原油7:10~5:458:10~6:45
ブレント原油9:10~5:5510:10~6:55
JP225、HK508:00~5:009:00~6:00
JP225、HK50以外のインデックス7:30~5:008:30~6:00
米国株式※222:40~4:4523:40~5:45

※1.ルーブル、バーツ、人民元については取引時間が異なります。
※2.米国株式はニューヨーク市場開場と同時に取引可能になる銘柄が大半ですが、一部の銘柄については開場3時間前から取引することが出来ます。

 

読み取り専用パスワードを使っていて取引ができない

メタトレーダーには2つのパスワードがあります。

・取引パスワード
・読み取り専用パスワード

読み取り専用パスワードとは、取引のパフォーマンスなどを第三者に公開する時に使われるパスワードで投資家パスワード、インベスターパスワードとも呼ばれます。
読み取り専用パスワードは取引口座の履歴などを閲覧することはできますが、このパスワードでログインをして取引することはできません。

メタトレーダーの取引パスワードが分からない場合は、以下の手順で取引パスワードを再設定することができます。

Exnessのマイページへログインし、パスワードを変更したい取引口座の「取引」をクリック
②「取引パスワードの変更」をクリックし、取引パスワードを再設定することができます。

エクスネスのMT4パスワードを再設定する方法

Exnessの公式サイトへ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました