この記事では海外FX業者のBigBoss(ビッグボス)のスキャルピングに関する情報を全てまとめています。

BigBossのスキャルピングに適した取引口座のスペックなど、必要な情報を全て網羅していますので参考にしてください。

 

BigBossの基本情報
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン(SVG IBC)ライセンス登録
運営実績 運営開始は2013年~
ドル円スプレッド スタンダード口座:1.5pips
プロスプレッド口座:0.3pips(手数料0.9pips/1Lot往復)
icon-link スプレッドの詳細
ボーナス ・取引ボーナスが常時適用され、4ドル/1Lot往復のキャッシュバックがもらえる
・スポットで100%入金ボーナスキャンペーンを開催
icon-link ボーナスの詳細
最大レバレッジ 555倍
ロスカット水準 20%
追証 ゼロカット採用で追証なし
取扱い銘柄 FX通貨ペア41銘柄、仮想通貨、指数などのCFD16銘柄
入出金手段 クレジットカード、デビットカード、国内銀行送金、bitwallet、BXONE他
icon-link 入金の詳細
icon-link 出金の詳細
日本語サポート 日本人スタッフによるメール、チャットは迅速対応
公式サイト 完全に日本語対応で分かりやすい
BigBossの特徴
・スプレッドが狭いプロスプレッド口座にも全てのボーナスが適用される
・Equinixのサーバー採用で約定力は抜群
・最低入金額1万円で最狭スプレッド口座が利用できる
・プロスプレッド口座はストップレベルゼロ
・スキャルピング制限なしで、EAや大ロットスキャルもOK
icon-link スキャルピングの詳細

 

 

BigBossのスキャルピングをおすすめする理由

正直なところ以前はイマイチの海外FX業者だったBigBossでしたが、2019年に入ってから取引ボーナス(1Lotあたり4ドルのキャッシュバック)が常に適用されるようになりました。

さらにはスポットで100%入金ボーナスキャンペーンが開催されるなど、BigBossの利用価値は一気に高まってきました。

 

超大ロットのスキャルピングトレーダー及川氏が利用&推奨

1回のトレードで数百万、数千万円を動かすプロトレーダーである及川氏が、BigBossを利用しているということはとても有名です。

及川氏のような大口プロトレーダーがスキャルピングでBigBossを利用し、推奨しているということは、BigBossでスキャルピングをやっても全く問題がないということの裏付けになることは間違いないでしょう。

2chのBigBossのスレでも、そのことについて投稿があります。

BigBossの2chでの評判

 

BigBossにはスキャルピング制限が一切ない

BigBoss(ビッグボス)の公式サイトでも、スキャルピングに制限がないということが明言されているので、10Lotや20Lotなどの大ロットスキャルピングについても、ガイドラインに抵触することなくトレードができます。

また、EAやシステムを使ったスキャルピングにも制限がないので、スキャルピングEAなどの利用も全く問題なしです。

 

スキャルピング向けのプロスプレッド口座にもボーナスが適用

BigBoss(ビッグボス)にはスタンダード口座とプロスプレッド口座がありますが、スキャルピングに適したプロスプレッド口座にも取引ボーナス(キャッシュバック)や100%入金ボーナスが適用されるというのがBigBossの大きな特徴です。

 

スキャルピングに一切制限がない海外FX業者にはボーナスがないという場合がほとんどですが、BigBossのプロスプレッド口座に関しては1Lotあたり4ドルのキャッシュバック(取引ボーナス)が常に適用され、さらにスポットで開催される100%入金ボーナスキャンペーンの対象にもなっています。

スキャルピングが制限なくできて、さらにボーナスが手厚い海外FX業者はBigBoss以外にないということは間違いありません。

 

少額入金のハイレバを生かしたスキャルピングも可能

スキャルピングをやるうえでとても重要になってくるのはスプレッドですが、スキャルピング制限がないNDD業者のECN口座のスプレッドを比較してみましょう。

 

USD/JPY、EUR/USD、GBP/USDの3通貨ペアの合計スプレッドが狭い順番に表にまとめてみました。

なお、以下の取引口座はボーナス適用外の取引口座ばかりとなりますが、唯一BigBossのプロスプレッド口座は全てのボーナスが利用できるため、取引ボーナス(4ドル/Lotのキャッシュバック)を加味しています。

※取引手数料込みの平均スプレッド

USD/JPY EUR/USD GBP/USD 3通貨合計
Tradeview
cTrader ILC口座
0.6pips 0.7pips 0.9pips 2.2pips
HotForex
ZERO口座
0.8pips 0.7pips 1.0pips 2.5pips
TTCM
VIP口座
0.7pips 0.7pips 1.1pips 2.5pips
FBS
ECN口座
0.9pips 0.6pips 1.1pips 2.6pips
BigBoss
プロスプレッド口座
0.8pips 1.0pips 1.1pips 2.9pips
AXIORY
ナノスプレッド口座
1.1pips 0.9pips 1.1pips 3.1pips
TitanFX
ブレード口座
1.03pips 0.9pips 1.27pips 3.2pips
XM
ZERO口座
1.1pips 1.1pips 1.6pips 3.8pips

 

スプレッド比較では、BigBossのスプレッドは

・Tradeview、TTCM、HotForex、FBSよりも広い

・AXIORY、TitanFX、XMよりも狭い

ということが分かりますが、スプレッドが狭いNDD業者のECN口座は「最低入金額が高額」「レバレッジやロスカット水準がシビア」というのが一般的です。

 

BigBossよりもスプレッドが狭いECN口座の最低入金額、レバレッジの比較をまとめてみましょう。

BigBoss Tradeview HotForex TTCM FBS
最低入金額 5,000円※ 10万円 2万円 200万円 10万円
レバレッジ 555倍 200倍 500倍 200倍 500倍
最低ロット 1,000通貨 1万通貨  1,000通貨  1,000通貨 1万通貨

※BigBossは入金手段によって最低入金額が異なり、BXONE:5,000円、bitwallet:1万円、カード:5万円です。

 

スプレッドだけを見るとBigBossよりも狭いECN口座がありますが、最低入金額やレバレッジ、最低取引ロットなどのスペック面も考慮すると、BigBossは利用しやすいということが言えると思います。

 

少額でインターバンク直結のトレード環境を試してみる

 

ストップレベルゼロで損切1pipsのスキャルピングも可能

スキャルピングにもいろいろなトレードスタイルがありますが、私の場合はスキャルピングでもマウスを片手にチャートに張り付くのが嫌なタイプなので、逆指値注文(損切注文)を必ず入れるというトレードスタイルです。

特に取引ロットが大きくなってくると、わずか1pips約定が遅れても損失がとても大きくなるため、逆指値注文(損切注文)を入れるスキャルピングは精神的な負担が軽減されます。

 

ストップレベルとは?

ストップレベルとは今のレートと注文可能なレートの差のことです。
ストップレベルがあると、損切注文や指値注文のレートに制限ができてしまいますが、ストップレベルがゼロであれば、わずか1pipsの損切注文を入れるということも可能です。

 

BigBossのプロスプレッド口座は全通貨ペアのストップレベルがゼロなので、短期時間足を使った逆張りスキャルのようなトレードでも、タイトに損切を入れることができます。

 

ちなみに私が知る限り、ストップレベルがゼロで100%入金ボーナスなどのボーナスが適用されるのはBigBossのプロスプレッド口座だけです。

 

ヘッジファンドや機関投資家の大口注文に対応した強い約定力

BigBossでスキャルピングをやる最大の強みは、BigBossの約定力の強さです。

XMやAXIORYは約定の強さに定評がありますが、私が実際に利用している感覚で言うと、XMやAXIORYよりもBigBossの約定スピード、約定力のほうが確実に上だと思います。

Equinixのサーバー採用で大口注文にも十分対応できる環境が整っています。

BigBossのサーバーはEquinixを採用

 

クイック口座開設なら5分後にトレード開始できる

 

海外FXのスキャルピング事情

海外FX業者は大きく分けてDD業者(ノミ業者)とNDD業者に分かれますが、DD業者はボーナスが豊富というメリットもありますが、基本的にはスキャルピングはおすすめしません。

icon-arrow-down はGEMFOREXのスキャルピングに関するガイドラインですが、明らかにスキャルピングに制限があり、ガイドライン違反をした場合は出金拒否や口座凍結の可能性があることが明記されています。

海外FXのスキャルピング事情

 

せっかくトレードで利益が出ても、出金拒否を心配しながらトレードをしなければならないというのは精神的にも大きな負担になります。

それを考えると、スキャルピングをメインとしているトレードスタイルの場合は、やはりスキャルピングに一切制限がない海外FX業者を選ぶことをおすすめします。

 

 

まとめ

BigBoss(ビッグボス)のスキャルピングはおすすめできるポイントだらけと言っても過言ではありません。

ストップレベルゼロ、豊富なボーナス、狭いスプレッド、強い約定力を駆使して、NDDの透明性が高いトレード環境でスキャルピングができるBigBossはスキャルピングには最適ということが言えるでしょう。

 

BigBossのまとめ
 

取引ボーナスを加味するとユーロドルスプレッド0.8pips

100%入金ボーナス、口座開設ボーナスもスポットで開催

出金拒否や口座凍結の悪評が出てこない

スキャルピングの取引制限なし

・海外FX業者の中でもトップクラスの約定力

・有名プロトレーダー及川氏も利用

・プロスプレッド口座はストップレベルゼロ

・レバレッジ555倍で攻めのトレードが可能

・入出金は国内銀行送金、bitwalletにも対応

最低入金額1万円で入金手数料無料(bitwallet)

・クイック口座開設対応で、本人確認書類の承認なしで入金、トレードができる

 

クイック口座開設ですぐにトレードを開始する

 

 

 icon-thumbs-o-up あわせて読みたいおすすめ記事

海外FXのボーナスを有効に使いたい人は
海外FXのボーナス、キャンペーン最新情報!

海外FX歴13年の管理人がおすすめする海外FX業者
海外FX業者のおすすめ【海外FXの全てが分かる鬼まとめ2020年】